社会福祉法人清香会(団体ID:1302319981)

基礎情報

団体ID

1302319981

法人の種類

社会福祉法人

団体名(法人名称)

清香会

団体名ふりがな

しゃかいふくしほうじん せいこうかい

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体のアピールポイント

「人権尊重の心で縁ある人を必ず幸せにします」を理念に掲げ、知的障がい者の方を中心にひとりひとりが生きがいを見つけられるようお手伝いをしています。
当初、障がいのある方の社会進出を目的にスタートした伝統的工芸品の肥後花茣蓙作りは、県の伝統工芸館やホテル日航熊本などの有名ホテル、東京の物産館などで販売され、平成23年には九州新幹線熊本駅舎のエントランスデザインに採用されるなど熊本を代表する名品として全国的にも珍しい作業製品です。
また、近年は農耕製品にも力を入れており、手入れから収穫、道の駅などでの販売まで一貫して利用者の方と職員が協力した付加価値の高い物づくりにこだわっています。
作業に利用者の方を振り分けて型にはめるのではなく、ひとりひとりのニーズや能力から考え出された仕事内容のため作業種目が多彩なのが特徴です。
現在は、約40名の利用者と職員でそれぞれが肥後花茣蓙作り、養鶏、農耕(お茶・椎茸・漬物・野菜・庭の手入れ・米選別販売、大豆製品、プリン作り)、ビル清掃など希望や能力に応じた作業まで創意工夫の結果広がりました。

代表者役職

理事長

代表者兼職

障がい者支援施設 清香園 施設長

代表者氏名

山内 泰人

代表者氏名ふりがな

やまうち やすと

代表者ホームページ(ブログ)URL

主たる事業所の所在地

郵便番号

869-0523

都道府県

熊本県

市区町村

宇城市松橋町

市区町村ふりがな

うきしまつばせまち

詳細住所

竹崎1115番地の1

詳細住所ふりがな

たけざき

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0964-32-0444

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

祝祭日除く

FAX番号

FAX番号

0964-32-3739

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

869-0524

都道府県

熊本県

市区町村

宇城市松橋町

市区町村ふりがな

うきしまつばせまち

詳細住所

豊福163番地1

詳細住所ふりがな

とよふく

URL(団体ホームページ)

URL(団体ブログ)

URL(関連ホームページ)

関連書類がインターネットで公開されている場合のURL

お問い合わせ用メールアドレス

seikohen@bronze.ocn.ne.jp

設立年月日

1968年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1968年3月31日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

熊本県

最新決算総額

1億円~5億円未満

所轄官庁

熊本県

所轄官庁局課名

熊本県健康福祉部 子ども障がい福祉局 障がい者支援課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、人権・平和、男女共同参画、経済活動の活性化、起業支援、就労支援・労働問題、消費者保護、市民活動団体の支援、観光、助成活動、食・産業、漁業、林業、行政への改策提言、学術研究(経済学、商学、経営学)、学術研究(農学)、その他

設立以来の主な活動実績

設立当時成人の知的障害者施設というものが県内には一つも無く、知的障害のある方やそのご家族等多くの方のニーズから生まれた入所更生施設です。
設立当初より、障がい者の社会参加と権利の確立をめざし、生産するイ草加工品を熊本県の伝統的工芸品「肥後花茣蓙」として製作・販売してまいりました。
この取り組みは県内では唯一また、全国的に見ても珍しい事例であります。
現理事長である山内泰人は、「肥後花茣蓙」の発起人でありクラフトデザイナーとして、利用者の皆さんと共に現在も意欲的に第一線で活動しています。
平成24年4月には就労系の事業所明日香を開設しました。明日香では就労継続B型、自立訓練(就労訓練)を実施し、新たな交流施設でもあるミナクルショップを平成24年11月から開業。

団体の目的
(定款に記載された目的)

人権尊重の心で縁ある人全てに利用者のみなさんの立場で生きることの喜びを実感できるよう、地域に根ざした存在意義のある施設を目指しています。
障がいの有無や年齢を問わず地域が明るく活性化していけるようなきっかけ作りを創造します。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

清香園:知的障がい者施設入所支援(55名)、生活介護(60名)、短期入所(3名)

第一きぼうの家:共同生活援助・共同生活介護一体型(9名)

多機能型事業所明日香:就労継続B型(14名)、自立訓練/生活訓練(6名)
ミナクルショップ明日香:就労継続B型事業の就労部門として平成24年11月より開業

清香園相談支援事業所:相談支援事業

現在特に力を入れていること

清香園で利用者の方と一緒に創作しているイ草製品が熊本県の伝統的工芸品に認定されていることから少しでも多くの皆さんに知っていただけるようにPR販売を強化しています。
また清香園農耕班が手作りで漬けている梅干し、らっきょうなどの農産品、養鶏のたまごなど利用者の方との協同作業を通して働くことの喜びを体感し、地域の皆様に清香園の活動を理解していただけるように力を入れています。
平成24年11月にオープンしたミナクルショップ明日香では、県内外の福祉事業所や、支援学校の製品、地域農家の生産するお野菜や地元商店の商品を販売し、これまで繋がることのなかった人々が交流し様々な活動を一緒に行っていく中で新しいものが生み出されるなど今までにない取り組みが少しずつカタチとなっています。障がいの有無や老若男女を問わない交流が進んでいます。
「地域が元気になるきっかけ」作りを目指しています。

今後の活動の方向性・ビジョン

障がいの有無に関係なくだれもが幸せに楽しく生きがいを持って暮らせる地域づくりを目指しています。
「施設から地域・社会へ」を効果的に進めるために交流機能を持った拠点を新たに整備し地域の側から受け入れて頂けるような体制作りをバックアップしていく計画です。
今後、障がいの定義が社会モデルへ変容し、地域や社会が活性化され、様々な交流を通して清香園の利用者の方に関わらず高齢の方も障がいのある方ない方も安心して活躍できる土壌づくりが重要と考えています。
具体的には、これまでに継続してきた作業生産品をベースに、行政や各種施設(老人施設や授産施設、NPO団体)、養護学校等、民間企業と協力・連携し、新しい製品作りや販路の拡大、付加価値を高め、さらなる社会との橋渡しとなるよう計画を進めています。

定期刊行物

「清香園たより」(年に4回 新年号 春号 夏号 冬号)を刊行し、清香園の活動の様子を広報しています。
養鶏班でも年に4回程「おれんじ通信」という広報誌で鶏卵販売、養鶏班に関する情報を鶏卵購入者の皆さんに提供しています。
ミナクルショップ明日香のブログ http://ameblo.jp/minakurushop/

団体の備考

移行後は、生活介護事業と施設入所支援事業、短期入所事業の障害者支援施設、
および「より地域に」を掲げ、就労継続B型事業と自立訓練(生活訓練)事業の
多機能型事業所を展開しています。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

障がい者福祉施設耐震化等特別対策事業(スプリンクラー整備事業)
障害者施設整備基盤事業(多機能型事業所 明日香創設)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

アースデイマーケットくまもと(『ーハートがつながる路上市場』をテーマに、消費者と生産者との出会いの場になる、単なる「売り・買い」だけじゃない、お互いが交流できる市場づくりを目指している民間団体です。熊本県、熊本市より後援を受けています。)

ミナクルショップ明日香 http://ameblo.jp/minakurushop/
清香園特産品と県内外の福祉事業所の商品、地域農家のお野菜を販売するお店。
販売と交流を通して、付加価値を高め新たなもの作りのきっかけを起こすなど重要な役割を担っています。

企業・団体との協働・共同研究の実績

熊本県伝統工芸協会(県の伝統的工芸品指定者とその後継者を会員とする団体で、伝統工芸の振興のために組織されています。清香園はその会員として参加し、清香園で生産する「肥後花茣蓙」の販売やプロデュースを後援していただいています。)
http://kumamoto-kougeikan.jp/kougeihin/cn31/cn29/pg541.html

行政との協働(委託事業など)の実績

熊本県地域の縁がわ事業
このページの先頭へ

財政

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算 当年度(平成26年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算 当年度(平成26年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算 当年度(平成26年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算 当年度(平成26年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成24年度)決算 前年度(平成25年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
33名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成23年度) 前々年度(平成24年度) 前年度(平成25年度)
決算報告書(活動計画書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成24年度) 前年度(平成25年度) 当年度(平成26年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら