LLP 再生塾YAR(任意団体)

基礎情報

団体ID

1348305549

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

LLP 再生塾YAR

団体名ふりがな

えるえるぴー さいせいじゅくやー

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

代表者役職

役員

代表者氏名

吉見れい

代表者氏名ふりがな

よしみれい

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

534-0013

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市都島区

市区町村ふりがな

おおさかしみやこじまく

詳細住所

内代町2丁目15-10

詳細住所ふりがな

うちんだいちょう

お問い合わせ用メールアドレス

jyth@zeus.eonet.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-4305-7970

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

06-4305-7970

連絡先区分

連絡可能時間

連絡可能曜日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2006年1月

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

11名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

青少年、障がい者、教育・学習支援、災害救援、就労支援・労働問題、その他

設立以来の主な活動実績

・ 2005年度 大阪市コミュニティー・ビジネスモデル助成
・ 2005年度 大阪府社会起業ファンド
・ 2006年度 トヨタ財団助成(Japan Youth Treasure House)
・ 2008年度 独立行政法人福祉医療機構 助成金
・ 2010年度 大阪府指定支援機関型NPO等育成事業 委託

団体の目的
(定款に記載された目的)

Youth As Resourcesの略。「若者は本来価値ある人材だ」という視点から、家庭や学校だけでなく、地域社会への関わりの中でこそ、若い力が多面的に成長することに着目し、若者の自発的な活動に支援するというのがYARプログラムです。全米犯罪防止機構が開発した子ども・若者主体のコミュニティープログラムで、自信を失っていても、非行歴があっても、彼らを「問題視」するのではなく、期待と信頼をかければ、必ず人の心に応えるようになることを信じてサポートし続けるのが特徴です。自尊心をとりもどした若者は、学力もぐんぐん伸び、目標に向かって成長することを実証しています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

塾生ひとりひとりの状況に合わせた
個別プログラム

自立、対人関係、学習など、次の一歩のために何から始めたらいいのかについて、塾生や塾生の環境などを考慮して相談しながら、プログラム・メニューを一緒に創りあげます。

サポート内容
〔当事者〕
生活見守り・サポート
学習支援  (通信制高校サポート・高校卒業認定試験受験
コミュニケーション(ボランティア活動 その他)、就労支援

〔保護者〕
親子関係の悩み相談、カウンセリング

現在特に力を入れていること

「再生」
「あなたを再生させる」
なんてことは考えていません。

若者が元気になれば、若者が輝けば
おとなが変わり、地域が変わり
まちが再生され、日本の社会が再生され
世界が再生される
それが塾の理念です。

あなたがマイペースで学びと成長をつくること
それを応援するのが再生塾YARです。
あなたのための答えを一緒にみつけること
それが私たちができる応援です。
再生塾では、高卒認定資格、大学受験、ボランティア、就業、起業、イベント企画、さまざまな分野の「学び」を提供します。
YARというのは「Youth As Resources」の略です。若者は社会や大人にとって、これからの未来を担う大切な資源であるという想いが込められています。Youth At Risk(危機に直面している若者)と言われている若者たち。でも、非行に走るって、本当はとても力のいること。それをやっていってるってことは、本来素晴らしい素質をもった、原石なのかもしれない。不登校だって、自分らしさの模索。
リストカットは、心の傷の静かなる表現。家庭内暴力は、心の叫び。いずれも、生きるエネルギーのなせるわざ。
今ここから何かをしたいなら。今の自分から、何かを始めたいなら。そんなときは、ここを使って下さい。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

 

会員種別/会費/数

 

加盟団体

 

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
11名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

 

報告者役職

 

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

 

監査の実施

未実施

監視・監督情報

 
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2021年度(前年度)
 
 
 
 
2020年度(前々年度)
 
 
 
 
2019年度(前々々年度)
 
 
 
 
2018年度
 
 
 
 
2017年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2022年度(当年度)
 
 
2021年度(前年度)
 
 
2020年度(前々年度)
 
 
2019年度(前々々年度)
 
 
2018年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら