特定非営利活動法人PIECES

基礎情報

団体ID

1349938553

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

PIECES

団体名ふりがな

ぴーしーず

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

私たちは、子どもたち一人ひとりが生まれた環境や特性等に関わらず、権利と尊厳をもって生きていくために、社会を構成する多様な個人やセクターが、温かなまなざしとそれぞれの「できること」をもって子どもの育ちを支えるという文化を醸成すべく、つながりの仕組みづくりと価値変革を行うことを目的としています。
上記の目的を達成するために以下の3事業を行います。
(1) 孤立する子どもの伴走支援者を育成する「コミュニティユースワーカー育成事業」
(2) 行政・市民との連携によるネットワークづくり「孤立を生まないモデル開発事業」
(3) 研究機関との共同リサーチ「子どもの孤立予防調査事業」

代表者役職

代表理事

代表者氏名

小澤 いぶき

代表者氏名ふりがな

おざわ いぶき

代表者兼職

東京大学医学系研究科客員研究員

主たる事業所の所在地

郵便番号

113-0033

都道府県

東京都

市区町村

文京区

市区町村ふりがな

ぶんきょうく

詳細住所

本郷3丁目40-10 三翔ビル本郷7F social hive HONGO(小野田高砂法律事務所内)

詳細住所ふりがな

ほんごう さんしょうびるほんごう

お問い合わせ用メールアドレス

info@pieces.tokyo

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-6801-5232

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分~21時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 日

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2015年2月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2016年6月22日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

13名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、人権・平和、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、行政への改策提言、学術研究(複合領域分野、その他)

設立以来の主な活動実績

【設立の経緯】
 代表の小澤は児童精神科医としての13年の臨床経験を通して、家庭の中で虐待され生死を彷徨う子どもや、経済的な貧しさや発達障害を理由に友達にからかわれた結果、非行という形でしか自分を表現できない子どもなど、様々な子どもに出会ってきました。臨床を進める中で、その背景には、子どもを守る立場にある保護者自身が頼る人がいないために虐待が起きやすい閉鎖的な環境が生まれてしまったり、地域のつながりが希薄化する中で子どもたち自身が学校や地域で頼り先がいなかったりする「子どもの孤立」があることに気づきました。この孤立から子どもを守るためには、医療機関で患者さんを待っているだけでは限界があり、地域や社会に直接働きかける予防的なアプローチを目指す必要があると考えPIECESを立ち上げました。

【活動実績】(2015年11月~)
◆支援対象者数(実数):250人
◆コミュニティユースワーカー育成プログラム修了者:15人<第1期・第2期合計>
◆多様な機会創出のためのイベント開催数:94回
◆若年出産した親子向けのサロン・勉強会:毎月1回以上実施
◆企業・NPO法人等に対する研修・コンサルティングの実施:22団体30回
◆寄付者数(クラウドファンディング含む):520名

【代表理事略歴】
小澤いぶき(Co-Founder/児童精神科医)
東京大学先端科学技術研究センター特任研究員/asobi基地およびPe’Canvas創設メンバー
東京都立梅が丘病院、東京都立小児総合医療センター児童思春期精神科、政令市予防機関で児童精神科医として臨床に携わる。行政在籍中に、教育委員会、児童福祉機関、地域と協働で予防及び早期介入を行うプロジェクトを立ち上げる。東京都、さいたま市の教育委員会の委員、要保護児童対策協議会委員を務める。こどもと大人が平等な子育て環境を目指すコミュニティ活動asobi基地、そしてアートを通した教育プログラムPe’Canvasの設立・運営の主要メンバーのひとり。PIECES_では、違う一人一人の多様性が受け入れられる包摂的な社会の文化醸成のために、子どもの育ちに第三者が関わりながら、どんな子どもも安心できる育ちと学びの場、環境づくりのために情熱を傾けている。

団体の目的
(定款に記載された目的)

 私たちは、子どもたち一人ひとりが生まれた環境や特性等に関わらず、権利と尊厳をもって生きていくために、社会を構成する多様な個人やセクターが、温かなまなざしとそれぞれの「できること」をもって子どもの育ちを支えるという文化を醸成すべく、つながりの仕組みづくりと価値変革を行うことを目的としています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

下記の2事業を主な取り組みとして行っている。

1.孤立する子どもの伴走支援者を育成する「コミュニティユースワーカー育成事業」
◆コミュニティユースワーカー育成事業
 -実践とゼミ形式のリフレクション、研修による学びを織り交ぜながら6か月に渡る育成プログラムを実施。子ども支援に関心のある市民の応募のなかから選考の上育成を行う。
 -2017年9月からは第3期メンバー22名が加わり、足立区等における子ども支援事業を担っていく予定。
◆研修・啓発事業
 -企業や他のNPO団体向けに子ども支援に関する知識・技術などの研修や、子どもと企業が一緒に楽しめるコミュニティ創発を行う研修を実施。これまでに実施した企業・団体は、富士通デザイン株式会社/株式会社ジェイティービー/ギャップジャパン株式会社/NPO法人キッズドアなど。
 -子どもの孤立の現状をより多くの市民の方に伝え、関心をもってもらうためのイベント開催、記事の執筆。今年度は、スマートニュース株式会社が実施する「SmartNews ATLAS Profram2」に採択され、広告枠1,000万円分の無償提供を受け、記事の配信を行っている(https://www.facebook.com/smartnews.atlas.program/)。

2.行政・市民との連携によるネットワークづくり「孤立を生まないモデル開発事業」
◆「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクト(https://camp-fire.jp/channels/pieces
 -一人ひとりのこどものニーズにあわせて、イベントやコミュニティをオーダーメイドでつくり、子どもの支援を実施。たとえば、10代シングルマザーのための生活・学習支援、料理をつくりたい子のための料理イベント開催等。
 -豊島区を中心に、足立区・板橋区などで、これまで250名(実数)の小学生〜10代後半の若者を支援してきた。

現在特に力を入れていること

◆プロジェクト名:
 コミュニティユースワーカー育成事業
◆活動地域:
 東京都足立区・豊島区
◆受益者:
 足立区・豊島区の孤立リスクのある6歳~20歳未満の子ども・若者:350人
◆プロジェクトの目的:
 孤立した子どもに寄り添い、信頼関係を構築し、個別多様なニーズに応じて子どもと社会をつなぐことのできる市民「コミュニティユースワーカー」(以下CYW)の育成を行う。この育成事業は約1年にわたって取り組んできた事業であるが、とりわけ今期は、これまでの成果と課題を踏まえ、今後より広域に展開していくための体系化を目指している。
◆育成プログラム内容:
 6ヶ月を1タームとして、育成期間中から活動を開始し、育成プログラム終了後も子ども支援活動を続ける。都内近辺に住む市民(大学生〜社会人)から公募し、1タームにつき8名を選出。
プログラムは、「経験から学ぶ」ことを重視した設計となるため、研修は(A)子どもと信頼関係を築き、社会につなげるためのプロジェクトを立ち上げる実践活動、(B)そのために必要な「知識/技術/価値観」を学ぶ活動という2つのパートから成立している。研修内容は、知識として医療、社会福祉、心理学の観点からの研修をゼミ形式やワークショップ形式で学ぶ。また、本事業のアドバイザーである法政大学教授の湯浅誠氏や、NPO法人OVA伊藤次郎氏、その他臨床心理士などを特別講師として招いて研修も行う。
◆プロジェクトの受益者/期待される効果
 CYWの育成を通してアプローチするのは、家庭内での虐待やネグレクト、貧困、不登校などによって、大人への信頼や自分自身への自信をなくし、適切に社会とつながることのできていない状態にある孤立した子どもたち。CYWとの関係性を通じて、孤立する子どもたちが自分や他者を信頼し、自分自身で自己決定していく力を育んでいけるようになることを期待している。今年度は、とりわけ地域としての困難性の高い足立区に注力しながら実践していきたいと考えている。今後さらなる育成費用が確保でき、CYWの育成が行えれば、それだけ多くの孤立する子どもたちとの間に関係性を紡いでいくことが可能になる。

今後の活動の方向性・ビジョン

 私たちのミッションは、子どもの権利と尊厳が保障されるために、子どもの育ちと学びのセーフティネットをつくり、子どもの孤立を生まない社会をつくることです。子どもの孤立がもたらす権利や尊厳の侵害を防ぐためには、行政や専門家による支援を充実させるという方法もあります。しかし、そのような形で行政や専門家の責任、家庭や子ども自身の自己責任として押し付けている限り、課題の根底にアプローチすることはできません。
 孤立する子ども達に最も必要なものは「誰かに十分に構ってもらう時間」だというのが、これまでの医療機関や行政、NPO での活動によって導かれた一つの答えです。そして、この時間を作っていくためには、行政や専門職の隙間を埋めていくような「市民」による柔軟な関わりが必要です。子どもたちの日常に寄り添う支援を行うことで、他者と豊かな時間を共有し、自分や他者を信頼し、自分自身で自己決定していく力を育んでいきます。
 このような子どもの孤立をなくしていくプロセスを通して、これまで「誰かの問題」だったものが「私たち自身の問題」だと気づく認識の変容が生まれます。その結果として共に助け合い他人を思いやることのできる文化が醸成されていくと私たちは考えています。子どもからしたら特別な肩書を持たない地域や企業の人々を社会参画へと促していくことで、社会全体で人々が支え合う共助の文化を生み出したいというのが私たちのビジョンです。

定期刊行物

◆年度毎事業報告書
発行部数:300部
配布先:連携団体、場づくりに協力する大人のサポーター、豊島区子ども家庭部子育て支援課、豊島区社会福祉協議会、足立区社会福祉協議会、同分野で活動を行う支援団体・企業

団体の備考

【創業に携わるメンバーのプロフィール】
◆小澤いぶき
代表理事/東京大学先端科学技術研究センター特任研究員/児童精神科医
asobi基地およびPe’Canvasの創設メンバー。児童精神科医としての経験を通して、子どもを取り巻く環境や社会構造に、誰もが一人の市民として関わる必要性を感じる。一人ひとりの多様性が受け入れられる包摂的な社会を実現するために、PIECESにおいては、どんなこどもも孤立せず、安心して育ち学んでいける文化づくりに情熱を傾けている。

◆斎典道
理事/社会福祉士
大学在学中より国内外の社会的養護、地域子育て支援の現場でフィールドワークを実施。2012年には北欧の社会福祉を学ぶためデンマークに1年間滞在。国民の日常に溢れる、文化としてのウェルビーイングの価値に深い感銘を受ける。日本福祉大学大学院在学中に代表の小澤と出会い、設立に参画。子ども・子育て家庭の教育福祉問題に対してシステミックな変革を追求する、独立型ソーシャルワーカーという新たな道を切り拓くべく猛進中。

◆青木翔子
理事
2017年3月、東京大学大学院学際情報学府 修士課程修了(教育工学)
どんな環境にいる子どもや大人でも、いつでも豊かに学ぶことができる社会のために、学習を「趣味縁」「居場所」という観点から再考することを目指し、修士研究では、生徒・学生が学校外で活動するテクノロジークラブについてエスノグラフィを行っている。PIECESでは、支援者(教育者・ボランティア)のための研修・コミュニティの設計・運営を行っている。

【役員】
◆小野田峻(理事/弁護士/小野田髙砂法律事務所)
◆荻原国啓(理事/ゼロトゥワン株式会社 代表取締役社長)
◆佐藤暁子(監事/弁護士/ことのは総合法律事務所)
◆長田和弘(監事/長田和弘税理士事務所)
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

【助成金】
◆草の根市民基金・ぐらん「2015年度都内草の根助成」助成額50万円<2016年>
◆大和証券福祉財団「平成28年度ボランティア活動助成」助成額30万円<2017年>
◆朝日新聞厚生文化事業団「2016年度朝日こどもの貧困助成」助成額100万円<2017年>
◆SVP東京 助成額80万円<2017年>

【広告】
◆スマートニュース株式会社「SmartNews ATLAS Program2」広告枠無償提供1,000万円分<2017年>

【人的サポート】
◆認定NPO法人サービスグラント「事業戦略支援プログラム」支援チームによるプロボノ活動<2016年>
◆SVP東京 12名のプロボノによる事業モデル構築・組織基盤強化等の支援<2017年~>

【後援】
◆一般社団法人 筑波フューチャーファンディング:イベント等の広報支援<2016年~>

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

【共同研究】
◆ジャパン・オールスターズ:トヨタ財団研究助成『格差社会において様々な交換をアクティベートする実践的な分配の正義:共生人間科学に基づく社会の新たな価値創出』共同実施<2015年>

企業・団体との協働・共同研究の実績

【協働】
◆株式会社SKYS:「クリエイティブガレージ」共同開催<2016年~>
(参考URL:http://www.pieces.tokyo/news/2016/12/1/pieces
◆株式会社CAMPFIRE:「子どもをひとりぼっちにしないプロジェクト」共同実施<2017年>
(参考URL:https://camp-fire.jp/channels/pieces
◆株式会社レッドクイーン:「ゲームアプリコンテンツ開発」共同開催<2017年>

【コンサルティング】
◆ホンダ技研工業株式会社:新規事業開発アイデア創発ワークショップ実施<2015年>

行政との協働(委託事業など)の実績

【研修事業】
◆東京都、さいたま市、島根県など:教職員研修/情緒障害児短期治療施設指導員研修<2015年>
◆内閣府主催第1回青少年問題調査研究会において、「子供の孤立に向き合う―コミュニティユースワーカーの取組―」をテーマに講演<2017年>
・足立区社会福祉協議会主催「あだち子育て応援隊」育成研修の講師を受託(2016年)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

11月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

(1) 正会員   入会金 5,000円 年会費 10,000円
(2) 賛助会員  個人:1口10,000円  団体:1口100,000円
(3) ユース会員 0円 

加盟団体

新公益連盟(2016/12-)、全国子どもの貧困・教育支援団体協議会(2016/12-)

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
0名
非常勤
1名
6名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
4名
0名
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
13名
イベント時などの臨時ボランティア数
15名

行政提出情報

報告者氏名

小澤 いぶき

報告者役職

代表理事

法人番号(法人マイナンバー)

7011005006818

認定有無

認定あり

認定年月日

2018年10月4日

認定満了日

2023年10月3日

認定要件

絶対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2020年度(前年度)
 
 
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
 
 
2017年度
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2021年度(当年度)
 
 
2020年度(前年度)
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
2017年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら