特定非営利活動法人アートコラールきくがわ

基礎情報

団体ID

1366792222

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

アートコラールきくがわ

団体名ふりがな

とくていひえいりかつどうほうじん あーとこらーるきくがわ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

「出会いとつながりをデザイン!」をモットーに、魅力ある人と人をつなぎ、地域における芸術文化活動の振興・支援を行う団体です。
また中間支援団体として市民・行政・NPO、市民団体との連携を行い、活気あるまちづくりに貢献します。
平成28年4月、菊川市より「菊川市市民協働センター」運営業務を受託しました。
市民協働センターは、市民活動団体(地域づくり団体含)や企業、学校、行政等をつなぐ中間支援センターとして皆さまの活動を支援しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

笠原 活世

代表者氏名ふりがな

かさはら かつよ

代表者兼職

菊川市市民協働センター長

主たる事業所の所在地

郵便番号

439-0012

都道府県

静岡県

市区町村

菊川市

市区町村ふりがな

きくがわし

詳細住所

青葉台1-6-3

詳細住所ふりがな

あおばだい

お問い合わせ用メールアドレス

kikucen1@sage.ocn.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0537-35-2220

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0537-35-2220

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2014年3月18日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2015年1月23日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

静岡県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

5名

所轄官庁

内閣府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

地域・まちづくり、文化・芸術の振興、市民活動団体の支援

設立以来の主な活動実績

平成26年3月任意団体として「アートコラールきくがわ」を発足。
平成27年1月法人格取得。
平成28年4月、菊川市より「菊川市市民協働センター」運営業務を受託した。
市民協働センターは、市民活動団体(地域づくり団体含)や企業、学校、行政等をつなぐ中間支援センターとして皆さまの活動を支援している。

平成29年~令和2年
 「出会いとつながりをモットー」に、NPO・行政・学校・企業などをつなぐコーディネーター役として、地域における市民活動支援、芸術文化支援などの活動を通して、地域の課題解決や魅力を高めることにつなげた。また、NPOの信頼性・透明性に努めた結果、非営利組織の「信頼性」を外部機関が第三者として認証する「グッドガバナンス認証」を取得した。

1.市民活動支援事業
①菊川市市民協働センター受託事業
 ~多様な主体をつなぐコーディネート~
 ・きくせん交流会
 ・ランチミーティング
 ・コミュニティ協議会 懇話会
 ・スキルアップ講座「オンラインZOOM研修」「オンラインコミュニティ講座」
 ・市民協働基礎講座
 ・市民ライター講座
 ・市民協働人材育成講座「ワークライフ変革講座」「人生100年時代の楽しみ方」
 ・NPO訪問
 ・新型コロナウィルス感染症に関する市民活動団体アンケートの実施
 ・初めてのボランティア(ちょいボラ)講座
 ・菊川市役所東館「プラザきくる」多目的エリアの運用と賑わい創出
 ・ひろまちコラボ
 ・その他協働推進に関する業務
 ・日常相談                           等
 ~専門家相談会の開催~
 ・行政書士相談会
 ・税理士相談会
 ・SDGs活用相談会
 ・ソーシャルビジネス相談会
 ~情報発信~
 ・センター広報紙「きくせん通信」
 ・ホームページ・SNS等を活用した情報発信
 ・協働ガイドブックの発行
 ~中学校・高校・大学との連携~
 ・キャリア郷育
 ・情報技術課題研究の連携
 ・静岡県高校生サミット
 ・大学生・高校生のインターンシップの受け入れ
 ・中高生NPO体験セミナー
②その他周辺市町の協働推進事業
 ~御前崎市地域支援協働アドバイザー~
 ・市民活動団体相談対応日常相談
 ・地区センター面談等の実施
 ・市民協働スキルアップ講座「御前崎未来ゼミ」
 ・中高生NPO活動体験プログラム(御前崎市役所)
 ・御前崎市市民協働推進市役所職員研修講師
 ・HP御前崎市市民活動情報ネットの管理
 ~その他事業~
 ・袋井市協働まちづくり推進委員会
 ・島田市協働のまちづくり推進事業審査委員会

2.芸術文化支援事業
 ~菊川市1%地域づくり活動交付金事業~
 ・「みんなのアソビバ」に向けてのワークショップ
 ・アートで巡る「きくがわ灯りの散歩道」
 ・フリーペーパー「KIKUGAWA ART」発行
 ・「馬糞ペーパー」試作支援

3.まちづくりネットワーク形成に関する事業
 ・ソーシャルビジネスセミナー
 ・企業×行政共同開催研修
 ・中東遠地域NPOプレゼント講座(協力事業)
 ・菊川市賑わいづくり研究会(協力事業)

団体の目的
(定款に記載された目的)

「出会いとつながりをデザイン」をモットーに中間支援団体として、市民・市民協働団体と、行政・企業・学校などとの協働をコーディネートすることにより、多様化する社会問題の解決やまちの活性化につながる活動を支援する。また、地域の創造的な芸術文化活動を通して、アートのチカラで地域を元気にし、魅力あるまちづくりに貢献することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)中間支援事業
  1.菊川市市民協働センター受託事業
   ①多様な主体をつなぐコーディネート
   ②協働の担い手支援
   ③協働への参画機会の拡充
   ④庁舎東館多目的エリアの運用と賑わい創出の促進
  2.御前崎市地域協働支援 アドバイザー
   ①協働・市民活動・社会貢献活動に関する普及啓発
   ②市民活動情報ネットの構築・情報発信

(2)芸術文化支援事業
  1.菊川市1%地域づくり活動交付金事業
   ①まち×人×アートプロジェクト

(3)まちづくりネットワーク事業
   ①企業×行政共同研修(菊川市委託事業)
   ②賑わい創出事業『きくがわ灯りの散歩道』(菊川市委託事業)
   ③袋井市協働まちづくり推進委員会
   ④島田市協働のまちづくり推進事業審査委員会
   ⑤市内イベントへの参加等

(4)その他の法人の目的を達成するために必要な事業

現在特に力を入れていること

(1)多様な主体をつなぐ「コーディネート」に関すること
(2)「協働の担い手の支援」に関すること
(3)協働への参画機会の拡充
(4)庁舎東館多目的エリアの運用と賑わい創出の促進
(5)センターの管理に関すること
(6)芸術文化支援事業

今後の活動の方向性・ビジョン

 引き続き「出会いとつながり」をモットーに、NPO・行政・学校・企業などをつなぐコーディネーター役として、地域における市民活動支援、芸術文化支援などを通して、地域の課題解決や魅力を高めることにつなげていく。

(1)中間支援事業
 市民活動の相互連携のコーディネーター役として、地域におけるNPOや行政、学校、企業・などの協働を推進する。
(2)芸術文化支援事業
 アートのチカラで地域の魅力を発信し、菊川に関わるすべての人々がアートを通じ、集い、繋がり、協働することで、地域の未来を創造する。
(3)まちづくりネットワーク事業
 中間支援及びアート支援の団体としての特性を活かし、他団体と協働しながらまちづくりネットワークに寄与する。
(4)その他の法人の目的を達成するために必要な事業

定期刊行物

きくせん通信:月1回 2,000部
協働ガイドブック:年1回 180部

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成27年度 菊川市1%地域づくり活動交付金事業
平成28年度 菊川市1%地域づくり活動交付金事業
平成29年度 菊川市1%地域づくり活動交付金事業
平成29年度 公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会
平成30年度 菊川市1%地域づくり活動交付金事業
令和元年  菊川市1%地域づくり活動交付金事業
令和2年  菊川市1%地域づくり活動交付金事業
令和3年  菊川市1%地域づくり活動交付金事業

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

令和2年度

「コミュニティ協議会懇話会「コロナ禍におけるコミュニティ協議会活動」」
 「コロナ禍におけるコミ協活動」をテーマに、4地区のコミュニティ協議会が発表した。先進事例や情報交換会等を通じて、各地区の役員等が自らの地域(地区)の現状を客観的に把握するとともに
他地区や市民活動団体との協働のきっかけづくりにした。

「NPO訪問」
市内で活動しているNPO法人に現状や課題をヒアリングし、活動を推進しやすくするための意見交換を行った。また、中高生NPO体験セミナーについて説明し、受け入れ先としてのお願いをした。

「中高生NPO体験セミナー」
  ~事前学習会~
 内容:ミニ講座、トークセッション
 ワークショップ「自分の「わくわくエンジン」を見つけよう」
  ~体験活動~
 内容:次世代を担う中高生が環境、多文化共生、災害支援、不登校生徒への対応など様々なNPO活動を体験することで社会貢献を身近に感じてもらった。

「馬×アートプロジェクト」
馬と共に”まちづくり”に寄与し、自然と人間が共生する大切さを啓発するNPO法人とコラボして、馬糞ペーパーを試作・制作。

「キャリア郷育」
市民協働センターの仕事の魅力や役割、中学生職場体験や中高生NPO体験セミナーなど
中学生の身近な取り組みを紹介。後半は、菊川の魅力や自分の好きなことや得意なことで人や地域の困っている人のために役に立てることを考えるワークショップを実施した。

「課題解決型キャリア教育」
 社会人講師9人の紹介。講師は主に人材育成講座修了生など地域で活躍する人が高校生を対象に講話し、その後高校生たちが地域課題を解決するための企画を考案した。

「情報技術課題研究の連携」
 掛川工業高校のプロジェクションマッピング上映のための支援

「静岡県高校生サミット」
 菊川市の高校生の活動報告、ダイアログセッションのファシリテーター

「大学生・高校生のインターンシップの受け入れ」
 菊川市市民協働センター、市内NPO法人の活動会に大学生・高校生を受け入れた。

「菊川市役所東館「プラザきくる」多目的エリアの運用と賑わい創出」
 菊川市の賑わい創出の核となる庁舎東館「プラザきくる」多目的エリアの柔軟な運用や利用促進を図っている。

「御前崎市地域協働支援アドバイザー」
 ①市民活動団体相談対応日常相談
 マッチング支援、団体運営、情報発信等。
 ②地区センター面談等の実施
 コミュニティ活動についての現状と課題についてのヒアリングをし、菊川市の事例紹介などをしながらアドバイスをした。

 「御前崎未来ゼミ」
 ①「ローカルプロジェクトで未来を豊かに」
  ~アメリカ先住民フィルドワーカーが地元で始めたこと~
 講師からは、地域に関わる人がつながることで、課題解決や新たな魅力が生まれた「藤枝おんぱく」の事例などを交えながらこれからのまちづくりのヒントが話された。
 ②「アイス屋がゴミを拾ったら教授になった」
  ~小さな行動がビジネスにも役立った! 新たな未来をつくる方法!」
 講師からは「小さな実績を積み重ねた信用の貯金には公共性が必要」「産学官民の視点から見た地域活性」「これからの時代に必要な経済的利益と社会課題の解決」など今後の協働の推進につなげるヒントを学んだ。

「御前崎市役所 職員研修」
 「NPOとの協働のまちづくり」をテーマに、協働の基本、協働に関する基礎知識の習得と市民協働の考え方や必要性、行政とNPOが互いの特性を知り、協働を進めるコツや協働による効果等を話した。

「中高生NPO活動体験プログラム」
 日本語教室外国人の初心者クラスのサポート。高校生たちは在日外国人が日本語を習得するための日本語教室に参加。最初に日本語習得のレベルで分かれている4つのクラスを経験した後、各クラスに分かれ日本語を教えるほか、ゲームを通して外国人と交流した。

「袋井市協働まちづくり推進委員会」

「島田市協働まちづくり推進事業審査委員会」

「「みんなのアソビバ」に向けてのワークショップ」
 「みんなのアソビバ」に向けての講義とアイデア出し。

「みんなのアソビバ」
 高校生がアートをモチーフにした様々なアソビが体験できるコーナーを設け、きくる広場は誰もが自由に遊べる空間に大変身した。高校生が得意のアートで地域の子どもから大人まで多くの人と交流を楽しんだ。

「アートで巡る「きくがわ灯りの散歩道」」
 掛川工業高校生徒の卒業制作「菊川PRプロジェクションマッピング」の上映と市民活動団体たねあかりの「竹灯籠展」を様々な団体や企業、地元商店街等と協働で実施することで菊川市の賑わいづくりに貢献した。

                                            



企業・団体との協働・共同研究の実績

令和2年度


「専門家相談会の開催」
・行政書士相談会
 主に市内NPO法人を対象に偶数月の第2木曜日に開催。地域の活性化につなげるマッチング支援。

・税理士相談会
 主に市内NPO法人を対象に不定期に開催。

・SDGs活用相談会
 SDGsに関心のある企業を対象に「SDGsに取り組んでいる企業として認めてもらうために認定取得や今後どのような取り組みが必要か」など具体的な相談に応じた。

・ソーシャルビジネス相談会
 不定期に開催。主にソーシャルビジネスセミナーの受講生を中心に相談に応じた。




「講座の開催」

・市民ライター講座
 新聞記者から、「良い文章」について具体的なポイントをレクチャーしてもらうことで、書く力、聴く力を身につけた。後半のワークショップでは参加者が自身の活動や自己紹介を文章にまとめるなど伝える力を学んだ。

・市民協働人材育成講座
「ワークライフ変革講座」:働き方改革が目指す方向性は、現在のコロナウィルス禍における働き方の見直しと一致し、「自己変革を行う絶好のチャンス」とする考えを基に、自律型人材への変革をテーマに実施。受講生たちは自律性を確立するためのヒントを学び、具体的に日々の「時間」と「お金」の使い方を見直した。
「シニアライフセミナー「人生100年時代の楽しみ方」:講師が実践してきた3つのテーマ「自分を探そう」「やることを探そう」「仲間を探そう」に沿ってハッピーに生きるためのヒントを探していく。後半は、参加者が自身の過去や未来の元気レベルを「人生元気度曲線」に描いて発表したり、自分が好きなことや得意なことを話し合ったりした。

・初めてのボランティア(ちょいボラ)講座
身近なところからボランティア活動や市民活動を体験する「ちょっとボランティア。NPO法人「メイク・ア・ウィッシュ」を通じて、難病と闘う勇気を持ってもらうためにプレゼントするチャリティー企画に参加。市内外に広くボランティアを募り、手作りカードを作成した。

・市民活動スキルアップ講座
「オンラインZOOM研修」
 ~研修前~ 研修当日は実際にZoomで接続しながら行うため、受講者には取得方法とZoomへの参加方法を記したマニュアルを作成した。当日にスムーズに始められるように、実際に協働センターまで足を運んでもらい、センタースタッフが直接説明しながら、事前準備を行った。
 ~研修当日~ 今までに「Zoom」や他のWeb会議システムの経験がない方、また慣れてない方に対して、まずは触れてもらい、自分でもできると感じてもらうために、講師は協働センタースタッフが務め、受講者に実際に操作をしてもらいながら他のスタッフが個別に状況を確かめるなどフォローしながら進めた。
「オンラインコミュニティ講座」:元テレビ局アナウンス室長でことのはスクエア代表の橋本恵子氏を講師に招き、個々の参加者とWeb会議システム「Zoom」で接続しながら行った。講師自身がオンライン・コミュニケーションを経験してきた中で感じたことをまとめたコツの紹介を中心に講義。その後、参加者は個別に講師から話し方のアドバイスを受けた。

・市民協働基礎講座~SDGsから考える市民協働~
 ~講義~ SDGsの基礎知識や、持続可能な開発のための2030アジェンダ、SDGsの重要ポイント、持続可能な開発などを市民と行政が協働によるまちづくりを推進するきっかけになるような事例を交えながら紹介した。
 ~座談会~ 講義終了後、講師から自身(一社)が4月より静岡市から受託運営する「あさはた緑地公園」の事例を交えながら、SDGsに関するより詳しい説明があった。参加した市民活動団体からは、講師の経験や今後の進め方など様々な質問が寄せられた。

・中東遠地域NPOプレゼント講座(協力事業)
「まちを育てる!戦略的クラウドファンディングの活用法!」:焼津駅前通り商店街の空き店舗を活用し、本を通じて市民が集まる場所、私設公共空間「みんなの図書館さんかく」を開設するため、ファンドレイザーが伴走しながらクラウドファンディングを成功に導いた事例をトークセッション方式にて実施した。
「ふじのくに地域芸術セッション なぜ「まちづくりにアート」が必要か」:「なぜまちづくりにアートが必要か?」を題材に、芸術活動を核にした地域づくりに取り組む県内の5団体の代表が意見交換をした。



「ひろまちコラボ」
 令和2年9月から毎月第2火曜日実施。 市民活動団体、金融機関、企業、市民等が参加。ゴミ拾いをしながらの交流事業。


「ソーシャルビジネスセミナー」
 社会起業家として絶対必要な基礎づくりを行う。全7回。
第1回 ガイダンス&ソーシャルビジネスの概論
第2回 ソーシャルビジネスにおけるマーケティング
第3回 経営に欠かせない思考方法
第4回 会計基礎と資金調達の手法
第5回 社会的課題現場をフィールドワーク
第6回 各自の事業構想をグループ討論 ブラッシュアップ
第7回 事業構想プレゼン



行政との協働(委託事業など)の実績

平成28年4月、菊川市より「菊川市市民協働センター」運営業務を受託

平成30年度 掛川市まちづくり講座運営業務を受託
平成30年度 御前崎市市民協働アドバイザー業務を受託

平成31/令和元年度 掛川市まちづくり講座運営業務を受託
平成31/令和元年度 御前崎市市民協働アドバイザー業務を受託
平成31/令和元年度 「菊川市行政×民間合同研修」~時代が求める自律型人材とは~
*菊川市総務課 委託事業

令和2年度 「企業×行政共同開催研修」~チームビルディング&企画力向上研修~
*菊川市総務課 委託事業
 民間企業及び自治体職員が交流し共に学び、まちの発展に寄与できる人材を育成し、公民連携の強化や業務における視野の拡大を図ることを目的に開催した。ワークショップでは、官民連携のチームで取り組む企画について考え、参加者たちで意見を交換した。

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 会費
51,000円
54,000円
57,000円
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
390,000円
 
 
自主事業収入
47,500円
 
 
委託事業収入
12,926,890円
17,331,980円
15,743,000円
その他収入
1,136,655円
955,139円
2,920,000円
当期収入合計
14,552,045円
18,341,119円
18,720,000円
前期繰越金
2,189,847円
3,419,997円
6,170,967円
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
当期支出合計
13,321,895円
15,590,149円
15,788,000円
内人件費
9,285,325円
11,611,818円
11,612,455円
次期繰越金
3,419,997円
6,170,967円
9,102,967円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産
3,714,808円
7,199,603円
固定資産
0円
 
資産の部合計
3,714,808円
7,199,603円
<負債の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債
294,811円
1,028,636円
固定負債
0円
 
負債の部合計
294,811円
1,028,636円
<正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
3,419,997円
6,170,967円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 受取会費
51,000円
54,000円
57,000円
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
390,000円
 
 
自主事業収入
47,500円
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
12,926,890円
17,331,980円
15,743,000円
(うち公益受託収益)
12,926,890円
17,331,980円
15,743,000円
その他収益
1,136,655円
955,139円
2,920,000円
経常収益計
14,552,045円
18,341,119円
18,720,000円
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 事業費
13,280,096円
15,546,560円
15,743,000円
(うち人件費)
9,285,325円
11,611,818円
11,612,455円
管理費
41,799円
43,589円
45,000円
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
13,321,895円
15,590,149円
15,788,000円
当期経常増減額
1,230,150円
2,750,970円
2,932,000円
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
1,230,150円
2,750,970円
2,932,000円
前期繰越正味財産額
2,189,847円
3,419,997円
6,170,967円
次期繰越正味財産額
3,419,997円
6,170,967円
9,102,967円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
3,714,808円
7,199,603円
固定資産合計
0円
 
資産合計
3,714,808円
7,199,603円
<負債及び正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
294,811円
1,028,636円
固定負債合計
0円
 
負債合計
294,811円
1,028,636円
正味財産合計
3,419,997円
6,170,967円
負債及び正味財産合計
3,714,808円
7,199,603円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会・理事会

会員種別/会費/数

正会員18人
賛助会員1人

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
0名
非常勤
0名
2名
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
5名
イベント時などの臨時ボランティア数
100名

行政提出情報

報告者氏名

笠原 活世

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

3080405006730

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

退会申込書

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2020年度(前年度)
2019年度(前々年度)
2018年度(前々々年度)
2017年度
2016年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2021年度(当年度)
2020年度(前年度)
2019年度(前々年度)
2018年度(前々々年度)
2017年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら