公益社団法人日本糖尿病協会

基礎情報

団体ID

1394571309

法人の種類

公益社団法人

団体名(法人名称)

日本糖尿病協会

団体名ふりがな

にほんとうにょうびょうきょうかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

1糖尿病の正しい知識の普及啓発、2患者さんと家族への療養支援、3国民の糖尿病予防と健康増進のための調査研究、4国際糖尿病連合の一員として、糖尿病の撲滅を目的とした国際交流。この4つの目標を達成するために、子供から高齢者まで、あらゆる世代の患者さんと糖尿病診療に携わる医療者が一緒になって活動する団体です。1型糖尿病も2型糖尿病も対象とし、子供から高齢者までそれぞれの世代が持つ糖尿病の問題を解決するための事業を企画・展開することができます。
糖尿病患者さんの生活の質を高める直接的な支援とともに、彼らが安心して生活することができるよう社会的な糖尿病啓発も行っています。
そして、今、健康な人がこれからも糖尿病を発症することがないよう、知識の啓発と予防にも力を入れています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

清野 裕

代表者氏名ふりがな

せいの ゆたか

代表者兼職

関西電力病院 院長

主たる事業所の所在地

郵便番号

102-0083

都道府県

東京都

市区町村

千代田区麹町

市区町村ふりがな

ちよだくこうじまち

詳細住所

2-2-4 麹町セントラルビル8F

詳細住所ふりがな

こうじまちせんとらるびる

お問い合わせ用メールアドレス

office@nittokyo.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-3514-1721

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-3514-1725

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

0時00分~23時59分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1961年3月26日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1987年4月1日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

44名

所轄官庁

内閣府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、高齢者、福祉、保健・医療、国際協力、国際交流、科学技術の振興、学術研究(医学、歯学、薬学)

設立以来の主な活動実績

全国糖尿病週間(11月14日を含む1週間)における全国的行事の実施。厚生省に働きかけ、インスリン自己注射を健康保険適用を実現(1981)。糖尿病知識の啓発を目的とした出版事業(「糖尿病ライフさかえ」「プラクティス」「糖尿病治療の手びき」「糖尿病食事療法のための食品交換表」等)。療養に役立つグッズの制作・頒布(「糖尿病連携手帳」「自己管理ノート」「緊急用IDカード」「英文カード」)。糖尿病の予防や療養指導に主眼を置いたシンポジウム、講演会等の実施。
1型糖尿病の患児を対象とする「小児糖尿病キャンプ」を1967年から主催し、毎年50か所で約5,000人の医療スタッフボランティアが約1200人の小児糖尿病患児の教育にあたっている。

団体の目的
(定款に記載された目的)

糖尿病に関する正しい知識の普及啓発、糖尿病患者および家族への療養指導、国民の糖尿病予防と健康増進のための調査研究、世界的規模での糖尿病対策の推進。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

「ウォークラリー」(全国の主要都市で患者とその家族向けに開催)「総会および年次集会」(会員及び一般市民向け講演会)「小児糖尿病生活指導講習会」(通称サマーキャンプ、全国の1型糖尿病患児向けの医療、生活指導会)。「糖尿病シンポジウム・予防キャンペーン」(会員および一般市民向け講習会)。「糖尿病療養指導研修会」(医療従事者向け講習会)。「全国ヤングDMカンファレンス」(成人1型糖尿病者向け講習会)。「IDF(国際糖尿病連合)に連動した世界的な普及啓発活動」。

現在特に力を入れていること

糖尿病の世界的広がりに対応するため、糖尿病患者さんのみならず、一般市民に向けても糖尿病の正しい知識を啓発し、発症予防とよりよい療養生活をおくるための総合的なサポートを行う。
【若年世代】
小児期発症の1型糖尿病患児の医療教育を主目的とする「小児糖尿病キャンプ」の開催を通じて、患児・家族への支援を行うと同時に、1型糖尿病の正しい情報を社会に伝える。
【働き盛り世代】
働き盛り世代の糖尿病対策として、受診勧奨・治療中断の阻止を目指す啓発活動を実施。
【高齢世代】
糖尿病をもつ高齢者が安心して生活を送れるよう、ケアマネジャーの教育をを通じた医療と介護の連携事業を行う。

今後の活動の方向性・ビジョン

公益社団法人として、糖尿病患者さんとそのご家族のみならず、一般市民や医療スタッフなど、糖尿病に関わるすべての人と連携し、糖尿病の撲滅に邁進します。

定期刊行物

患者さん向け:「糖尿病ライフさかえ」/月刊/A4変型/100,000部
医療者向け:「糖尿病療養指導のためのDM Ensemble」/季刊(2,5,8,11月)/A4/5,000部

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

鈴木万平糖尿病財団から助成を受け、アジア太平洋地域の糖尿病足病変の抑制をめざす「Diabetes Foot Care Project」を実施。アジア地域における糖尿病を原因とする足切断の実態と医療の現状を把握しデータベース化。アジア各国で糖尿病フットケアに従事する医師・看護師などの医療スタッフを日本に招へいしてトレーニングを実施。将来的には、アジア地域に合った糖尿病足病変の診療ガイドラインを制作する。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

公益社団法人日本歯科医師会:糖尿病に強い歯科医師を育成する目的で、2007年から日本歯科医師会会員を対象とする「歯科医師登録医制度」を発足。現在約4,000人の歯科医師登録医が登録されている。
公益社団法人日本介護支援専門員協会:高齢糖尿病患者のQOLを高める目的で、2013年から日本介護支援専門員協会と合同委員会を設置し、主にケアマネジャーの糖尿病教育と医師とケアマネジャーの交流促進のための勉強会を全国で実施している。

企業・団体との協働・共同研究の実績

糖尿病関連の製薬、医療機器、食品企業など約40社が集まり、日本糖尿病協会企業委員会を組織。
会社の枠組みを超えて、公益性のある日糖協の様々な糖尿病対策活動を支援していただいている。

行政との協働(委託事業など)の実績

2011年、厚生労働省との協働事業として、就労世代の糖尿病啓発を目的とする小冊子「治療を放置した働き盛りの今」を制作。厚労省と日糖協のHPに掲載し、誰でもダウンロードして購読できるようにしている。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会、理事会

会員種別/会費/数

友の会会員80,000人、本部会員25,000人、サポーター(賛助会員)5,000人
会費/友の会会員(2,000円~5,000円/年・・活動内容によって変動)
   本部会員3,500円/年
   賛助会員(企業)100,000円以上/年、(個人)500円/5年

加盟団体

国際糖尿病連合(IDF)

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
9名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
35名
0名
非常勤
0名
0名
常勤職員数
9名
役員数・職員数合計
44名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
事業報告書
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
事業計画書
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら