特定非営利活動法人世界のともだち

基礎情報

団体ID

1399661535

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

世界のともだち

団体名ふりがな

せかいのともだち

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

世界のともだちの事業には2本の柱があります。
1つは2004年の設立以来継続的に行っているタイの社会福祉団体への寄付を通してのタイ北部の山岳民族の子どもへの教育支援です。

2つ目は2014年から始めた船橋市における子育て支援事業です。
子育て支援にはファミリーサポートやベビーシッターなど様々な形態があり、選択もできますが、船橋市の場合はファミリーサポートの依頼の9割以上が保育園、幼稚園、放課後ルーム、塾などの送迎となっています。母親の育児不安に寄り添う支援は深刻な場合は保健福祉センターの保健師などのプロが対応しますが、そこまで深刻ではない場合や、家の外に出られない母親の場合は一人で悶々としているケースが少なくありません。それを放置した場合、虐待につながるケースもないとはいえないので、その前に、母親の気持ちに寄り添う、先輩ママの存在を活かすことは有意義だと考えています
一緒に子どもの成長を見守っていきましょうという第三者の目と手を得て、地域のみんなが子どもにやさしいまなざしを向けることで、母親も肩の力を抜いて育児を楽しめるようになることを目指します。

代表者役職

理事長

代表者氏名

二宮 美鈴

代表者氏名ふりがな

にのみや みすず

代表者兼職

なし

主たる事業所の所在地

郵便番号

273-0036

都道府県

千葉県

市区町村

船橋市

市区町村ふりがな

ふなばしし

詳細住所

東中山1-14-6

詳細住所ふりがな

ひがしなかやま

お問い合わせ用メールアドレス

ninomiya@bd.mbn.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

080-6548-5656

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分〜20時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2004年5月13日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2004年5月13日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

千葉県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

10名

所轄官庁

千葉県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、国際協力

設立以来の主な活動実績

2004年の設立以来一貫して、タイの社会福祉団体CYDA(Children and Youth Development Association)への資金援助を通じて、生活に困難を抱えた優秀な年少者に教育の機会を与えてきました。具体的には、設立当初はチェンマイのストリートチルドレンなどの支援を中心にし、その後10年の間に地元の小学校が整ってきたことから、現在は地元中学校の校長先生の推薦を受けた生徒が高校に通学できるように、寮から通わせています。寮は10人預かれますが、寄付が厳しい現状で、4人にまで減っています。日本でこの目的のために集めた寄付は上記のCYDAに全額を渡しています。日本とタイで広く寄付を集めるために、ホームページを作成しました。
日本: http://www.cyda-japan.com
タイ: http://www.cyda-thai.org

また2014年に理事長が交代して以来、タイの支援を継続しつつ、船橋で家庭訪問型子育て支援を導入すべく活動を始めました。子育て広場を月1回開催し、親子がリラックスして遊べる畳の部屋を提供しています。同時に、子育て支援のボランティアをしたいという方を対象に、傾聴講座とボランティア養成講座を実施。講座を終了したボランティアが支援を希望されるお宅に直接伺い、お母さんに寄り添いながら、無料でお手伝いしています。

団体の目的
(定款に記載された目的)

(1) タイの社会福祉団体CYDAを通して、生活に困難を抱える年少者に教育の機会を提供しています。

(2) Stop 孤育て
  子育ては誰でも普通にしてきたことだと子育てが終わった世代は考えがちですが、社会的状況は当時に比べるとすっかり変わり、母親一人で子どもと向き合わなくてはいけないケースが増えています。
「孤育て」からくる母親の精神的負担は大きなものがあり、子育てに燃え尽きてしまいそうな、不安を抱えた母親たちに対し、傾聴を学んだ先輩ママが手を差し伸べることで、社会の在り方を変える一助にしていきます。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1) タイの山岳民族の子どもの教育支援をしている社会福祉法人CYDAに対する寄付を募り、2004
年以来、全額をタイに届け、現在も継続中です。
(2) 家庭訪問型子育て支援は、依頼者の家庭を訪問し、傾聴と協働を基本に親子に接します。つまり母親と一緒に子どもと遊んだり、買い物に行ったり、健診に同行するなどです。また、何気ない日常のおしゃべりを通して子育ての不安や母自身の心配事等、ゆっくり話を聴きます。母親と一緒に家事、育児を行い、傾聴を通して受容共感を行う事で母親の子どもを受け止める力、問題を受け止める力を引き出す事が出来ます。訪問は週一回2時間程度。ワンクール4回。これは依存関係を防ぐために設定していますが、ケースによっては継続依頼もあります。
ビジター(ボランティア)は養成講座(年1回)を必ず受け、傾聴、守秘義務、訪問時のマナー等を学ぶ事が義務付けられています。養成講座のお知らせは広報ふなばし、市民活動サポートセンターのホームページ、子育て関係の施設等にチラシ、パンフレットを常置、町会の掲示板等に張り紙、会員による勧誘を行っています。

現在特に力を入れていること

地域の人々が子育てに関心や関わりを持つようになり、子どもは社会の宝、国の宝と思えるような命を大切に出来る社会を目指しています。人は人の中でしか成長することはできないので、周りの大人がささやかな関心・思いやりを示すことで、母親も自分がやっていることに自信を取り戻せ、コミュニケーションや育児スキルを向上させていくことが出来ます。母親が子育てを楽しめ、すべての子どもがよりよい人生のスタートを切れるように地域の皆で見守っていける社会を目指します。

 船橋市の訪問指導事業では検診や健康相談で心配のありそうな母子を保健師が訪問しており、平成26年は乳児1286人、幼児1507人に対して実施しました。深刻な場合は1家族を10回訪問することもあるとのことですが、延べ数から平均すると、乳幼児とも訪問回数は1.4回。沢山の家族を訪問するので、あと数回、話を聴いてあげられたらと思うことがあると保健師さんに伺ったことがあります。プロが対応すべき問題とは別に、グレーゾーンにいる母親で放置すると虐待までいってしまいかねないケースでも、ピアサポート、つまり横並びの立場で先輩ママという第三者が家庭に入ることで、さわやかな風が家の中を吹き抜け、母親が落ち着いて、イライラが軽減されることが多いのは、他市でこうした家庭訪問型の子育て支援を実施している地域の人が報告しています。母親が自信を少しずつ取り戻すことで、行動も認識も変わります。私たちの団体がめざすのは、これまで支援が届かなかったニッチ(隙間的)な部分ですが、それにより船橋市の子育て支援施策の効果を高めていくことも出来ると考えています。

今後の活動の方向性・ビジョン

ストップ「孤育て」。
生まれてきたすべての子どもが国の宝、社会の宝といえる社会を創るために、子育てに不安がある母親に傾聴・協働を通して寄り添い、母親が本来持っている力が発揮できるように支援していく。

定期刊行物

特になし。

団体の備考

特になし。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

* タイの山岳民族の子どもへの教育支援については、民間企業や個人から寄付を得て、2004年以来ほぼ全額をタイの社会福祉団体に届けおります。
* 子育て支援活動に対して、2014年度にJWLIーA基金の助成金をいただきました。(Japanese
Women's Leadership Initiative Association)
*2016年の地域での子育て支援活動に対して「公益財団法人ちばのWA地域づくり基金子どもの今と未来を支える基金」から助成金をいただきました。
*2017年の地域での子育て支援活動に対して「公益財団法人大和証券福祉財団」からの第23回ボランティア活動助成金をいただきました。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

タイの社会福祉団体CYDAを2004年以来一貫して支援し、生活に困難を抱える年少者に教育の機会を与えてきました。

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし。

行政との協働(委託事業など)の実績

実績なし。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
0円
0円
0円
寄付金
479,839円
300,475円
300,000円
民間助成金
200,000円
600,000円
300,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
20,022円
23,812円
12円
当期収入合計
699,861円
924,287円
600,012円
前期繰越金
45,117円
296,644円
680,240円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
448,334円
540,691円
900,000円
内人件費
0円
0円
0円
次期繰越金
296,644円
680,240円
380,252円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
0円
0円
0円
受取寄附金
479,839円
300,475円
300,000円
受取民間助成金
200,000円
600,000円
300,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
0円
0円
0円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
20,022円
23,812円
12円
経常収益計
699,861円
924,287円
600,012円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
448,334円
540,691円
900,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
45,117円
296,644円
680,240円
次期繰越正味財産額
296,644円
680,240円
380,252円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
296,644円
680,240円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
296,644円
680,240円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
0円
0円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
0円
0円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
45,117円
296,644円
当期正味財産増減額
251,527円
383,596円
当期正味財産合計
296,644円
680,240円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
296,644円
680,240円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
296,644円
680,240円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
0円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
0円
0円
正味財産合計
296,644円
680,240円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会。

会員種別/会費/数

正会員およびボランティア会員
会費なし
10人

加盟団体

特になし。

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
8名
2名
常勤職員数
0名
役員数・職員数合計
10名
イベント時などの臨時ボランティア数
20名

行政提出情報

報告者氏名

二宮 美鈴

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

040005003267

認定有無

認定あり

認定年月日

2004年5月13日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

一般会計基準

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表)
決算報告書(財産目録)
事業報告書

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
事業計画書
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら