特定非営利活動法人さとうみ振興会

基礎情報

団体ID

1409951769

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

さとうみ振興会

団体名ふりがな

とくていひえいりかつどうほうじんさとうみしんこうかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

ひろしまNPOセンター

認証日:2011年8月29日

団体の概要

高度成長期における開発により瀬戸内海の多くの自然干潟が喪失しました。
干潟の持つ機能(生物生息・水質浄化・生物生産・親水)が失われると共に人々が海から離れつつあります。(海離れ)

当会は、人工干潟を中心に環境学習を実施するとともに、地域の方々が干潟においてあさり堀を中心とした親水活動が図れるよう漁協・地域の融合を目指し里海活動を実施しております。

代表者役職

理事長

代表者氏名

田坂 勝

代表者氏名ふりがな

たさか まさる

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

730-0012

都道府県

広島県

市区町村

広島市中区八丁堀8番10号

市区町村ふりがな

ひろしましなかくはっちょうほりはちばんじゅうごう

詳細住所

クロスタワー6F

詳細住所ふりがな

くろすたわー

お問い合わせ用メールアドレス

office@satoumi.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

082-298-1221

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

082-298-1220

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2003年11月20日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2004年2月20日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

広島県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

15名

所轄官庁

広島市

所轄官庁局課名

市民局市民活動推進課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、高齢者、在日外国人・留学生、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、スポーツの振興、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、ITの推進、科学技術の振興、経済活動の活性化、起業支援、就労支援・労働問題、消費者保護、市民活動団体の支援、観光、農山漁村・中山間、助成活動、食・産業、漁業、林業、行政監視・情報公開、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)、学術研究(法律学、政治学)、学術研究(経済学、商学、経営学)、学術研究(理学)、学術研究(工学)、学術研究(農学)、学術研究(医学、歯学、薬学)、学術研究(複合領域分野、その他)、その他

設立以来の主な活動実績

「一般市民が環境と触れ合いながら学び、環境の保全や創生活動に積極的に参加する機会が増えている」ことを見聞きしながら、風光明媚な瀬戸内海の美しさ等を情報発進できないかと考え、平成15年11月12日、有志10人が集まり「里海」の創生などを中心にボランティア活動することとしました。平成16年2月に法人格を取得し、現在の活動に至っています。

○主な活動実績
■瀬戸内海沿岸域の環境把握業務並びに海辺の自然学校運営業務
■住民参加型干潟観察会・モニタリンク゛・漂着ゴミの回収作業
■海辺のまちづくり事業・カラー魚拓体験教室等・広島湾魅力発見ミーティング企画
■地方の元気再生事業
■広島湾情報MAP作成・企業CSR事業支援等
■アサヒビール「うまい!を明日へ!プロジェクト」
■広島県東部海域里海保全活動
■海岸清掃活動等実態調査委託業務
■地域活性化に向けた協働取組加速化事業
■Hiビーズの海域環境修復材に係る販路拡大に向けた需要等調査業務
■地域密着型のプロスポーツチームを中心とした地域活性化支援策調査業務

団体の目的
(定款に記載された目的)

瀬戸内海は古来より大陸諸国から近畿圏の古代首都群へ至る交通の要衝であり多様で豊かな自然を育みつつ生産や交流の場として地域の暮らしを支える生活の基盤でもありました。

そしてふるさとの海、即ち里海として私たち市民生活の母体であり、地域固有の環境や文化を育んできました。アサリ堀などの日常的に行われた自然との触れ合いも少なくなり海離れが進んでいます。

そこで、多くの市民が「里海」と触れ合いながら学び、研究し、情報を発信することで、里海の保全と地域の活性化を目的としています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

前項の団体の目的を達成するため、以下を特定非営利活動に係る事業として定め、活動を行っています。
1.保健・医療又は福祉の増進を図る活動
2.社会教育の推進を図る活動
3.まちづくりの推進を図る活動
4.学術・文化・芸術又はスポーツの振興を図る活動
5.環境の保全を図る活動
6.災害救援活動
7.地域安全活動
8.人権の擁護又は平和の推進を図る活動
9.国際協力の活動
10. 男女共同参画社会の形成の推進を図る活動
11. 子どもの健全育成を図る活動
12. 情報社会の発展を図る活動
13. 科学技術の振興を図る活動
14. 経済活動の活性化を図る活動
15. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
16. 消費者の保護を図る活動
17. 観光の推進を図る活動
18. 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
19. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

また、団体の目的を達成するため,次の事業を行っています。
(1) 特定非営利活動に係る事業
①瀬戸内海の保全、再生、創造、活用に関する調査研究などに関する事業
②瀬戸内海の保全、再生、創造、活用に関する情報の普及に関する事業
③瀬戸内海をベースとする「まちづくり」の推進に関する事業
④海辺における自然体験活動、環境教育の振興に関する事業
⑤瀬戸内海のイベント、シンポジュウム、講演会、見学会などに関する事業
⑥瀬戸内海の産・官・学・民との連携事業に関する事業
⑦瀬戸内海を愛する学術、文化、スポーツに関する事業
⑧人材派遣に関する事業
⑨農漁村等の海産物の安全・安心並びにブランド化に関する事業
⑩高齢社会の支援(保健・医療・福祉増進・後見人)に関する事業
⑪情報システムの活用並びに科学技術の振興に関する事業
⑫観光事業等を通じて平和の推進、国際協力並びに男女共同参画社会形成に関る事業
⑬海運事業の活性化に関する事業
⑭子育て支援に関する事業
⑮農村漁村研究実践事業
⑯環境調査に関する事業
⑰海洋開発の技術に関する事業
⑱他団体と協働事業推進に関する事業

(2) その他の事業
①国、地方公共団体の行う清掃事業、リサイクル事業の支援に関する事業
②図書・地図等の作成並びに販売に関する事業
③環境に資する玩具・模型等の制作並びに販売に関する事業


現在特に力を入れていること

1.多様な主体の参加による海辺の自然学校
2.海浜地の緑化活動
3.循環型社会構築に向けての具体な実践活動
4.尾道市各干潟の整備・保全活動・モニタリング・活動の場の提供(環境学習など)
5.地域・企業・漁業協同組合との協働活動
6.広島県海岸清掃活動実態調査

今後の活動の方向性・ビジョン

海に親しむきっかけ造りを推進すると共に、海底・漂着・浮遊ゴミなどの回収並びに沿岸域の活性化(まちづくり)に等手懸けて行きたいと考えております。
また、広島県の海岸清掃活動実態調査を行い、結果を報告書としてまとめる予定です。

現在、活動中の尾道市の各干潟(灘、高尾、塚尻、戸崎、海老、満越、百島、海老呑)の整備・保全活動・モニタリング・活動の場の提供などを引き続き行っていきます。
この活動では、漁協や、市民の皆様、企業の皆様と協働して行っています。

今後も、色々な団体と協働して里海保全、それに伴う地域活性化、そして多くの皆様に海に関心を持っていただけるよう活動していきたいと思っています。

定期刊行物

「瀬戸内里海振興会の活動について」
発足以来年度ごとの活動記録を平成23年まで作成していました。

団体の備考

個人会員・法人会員のうち正会員・賛助会員の構成と寄附金会員、ボランティア会員の構成です。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

■助成金 
(財)港湾空間高度化環境センター
  「H16年度 海辺の生き物観察会」
  「H18・19年度 みなと七夕祭り」
  「H19・20・21年度 カラー魚拓等体験教室(呉/浜田)」
  「底質改善モニタリング調査の適地調査」
(社)中国建設弘済会
  「17年度 瀬戸内里海づくり事業in馬島」
  「20年度 広島湾魅力発見ミーティング」
(財)日本財団
  「小学生を対象とした海老干潟観察会の実施及びテキスト作成等」
NPO法人 ひろしまNPOセンター
  「22年度 干潟保全活動(尾道市海老地区)」
  「22年・23年度 在来海浜植物種による瀬戸内海の海浜ヒ゛オトーフ゜再生活動」
  「22年度 広島県東部海域里海保全活動協議会による干潟保全活動」
  「24年度 海底ゴミ清掃活動」
  「26年度 海の環境保全活動助成金」
(財)広島国際文化財団
  「広島ピースグラント2010」
(社)日本土木学会
  「22年度 大久野島環境学習」
(社)瀬戸内海環境保全協会
  「海のリフレッシュ活動」

■寄附金
アサヒビール(株)  「うまい!を明日へ!プロジェクト」
KDDI株式会社 寄附金

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

■NPO法人 広島県の海洋性レクレーション活動の健全な発展を図る会
■中国・地域づくり交流会(海の会)
■NPO法人 経済活性化推進倶楽部(KKC)
■NPO法人 海に学ぶ体験活動協議会(CNAC)
■(独)水産大学校、 広島大学、福山大学、尾道大学、広島大学附属高校
■(財)広島県港湾管理センター
■広島工業大学 GREEN project
■広島県東部アサリ協議会
■ART BASE 百島

企業・団体との協働・共同研究の実績

■株式会社エネルギア・エコ・マテリア
 「石炭灰製品を用いた覆砂・漁礁の長期性能評価」
 「尾道市浦崎町戸崎海域でのモニタリング」
 「アマモ・アサリの育成モニタリング業務」
■中国高圧コンクリート工業(株)
 「薄層撒きだし工法開発事業」

行政との協働(委託事業など)の実績

■国土交通省
 「海辺の自然学校運営業務」
 「世界へ繋がる“港ヒロシマ魅力発信・賑わい創出”プロジェクト」
 「浚渫土を利用した人工干潟の活用状況資料作成」
■広島県
 「広島県東部海域里海保全活動」
 「広島県清掃活動実態調査」
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 会費
413,000円
 
 
寄付金
656,310円
 
 
民間助成金
520,000円
 
 
公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
531,111円
 
 
委託事業収入
10,480,600円
 
 
その他収入
16,180円
 
 
当期収入合計
12,607,201円
 
 
前期繰越金
38,850,243円
 
 
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
当期支出合計
11,317,409円
 
 
内人件費
2,922,282円
 
 
次期繰越金
40,700,995円
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 受取会費
413,000円
 
 
受取寄附金
656,310円
 
 
受取民間助成金
520,000円
 
 
受取公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
531,111円
 
 
(うち介護事業収益)
0円
 
 
委託事業収入
10,480,600円
 
 
(うち公益受託収益)
0円
 
 
その他収益
16,180円
 
 
経常収益計
12,607,201円
 
 
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 事業費
8,750,654円
 
 
(うち人件費)
2,922,282円
 
 
管理費
2,566,755円
 
 
(うち人件費)
0円
 
 
経常費用計
11,317,409円
 
 
当期経常増減額
1,289,792円
 
 
経常外収益計
0円
 
 
経常外費用計
0円
 
 
経理区分振替額
0円
 
 
当期正味財産増減額
1,289,792円
 
 
前期繰越正味財産額
38,850,243円
 
 
次期繰越正味財産額
40,700,995円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
40,300,995円
 
固定資産
400,000円
 
資産の部合計
40,700,995円
 
<負債の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
560,960円
 
固定負債
0円
 
負債の部合計
560,960円
 
<正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
40,140,035円
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
40,300,995円
 
固定資産合計
400,000円
 
資産合計
40,700,995円
 
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
560,960円
 
固定負債合計
0円
 
負債合計
560,960円
 
正味財産合計
40,140,035円
 
負債及び正味財産合計
40,700,995円
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

不定期に開催される理事会において当該年度の実施状況並びに翌年度の事業計画を審議し決定します。

会員種別/会費/数

<2015年3月現在>
■個人会員
正会員23名 7,000円/年 賛助会員2名  5,000円/年

■法人会員
正会員8団体 30,000円/年 賛助会員0団体 15,000円/年

■寄附金会員
26名 3,000円~/年(多くが個人正会員と重複)

※他にボランティアとして登録する「ボランティア会員」や
 定期的に寄付していただいている支援者がいる(上記会員と多くが重複)

加盟団体

NPO法人海の学ぶ体験活動協議会、NPO法人広島経済活性化推進倶楽部、日本漂着物学会

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
1名
0名
非常勤
10名
0名
常勤職員数
3名
役員数・職員数合計
15名
イベント時などの臨時ボランティア数
20名

行政提出情報

報告者氏名

田坂 勝

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

2400-05-002805

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成27年5月7日 会計監査
預金通帳並びに繰越・未収金・未払い金・従業員預り金・次年度に繰り越しについて適正に執行されていること、並びに証拠書類・専従職員の出勤簿等の説明書類・帳簿書類を監査し、適正に整理されていることを監事が確認しました。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

会員情報変更届

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
事業報告書
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
事業計画書
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

瀬戸内里海振興会ロゴマーク