ママコミュ!ドットコム(任意団体)

基礎情報

団体ID

1423815867

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

ママコミュ!ドットコム

団体名ふりがな

ままこみゅ どっとこむ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

「ママコミュ!ドットコム」は、今までどこにもなかった「子育てで地域を元気にするコミュニティ」をめざしています。

 子育て中のママサークルや子育て情報サイトは数あまた存在します。民間企業が運営する数十万の会員を持つ大規模な情報サイトを心のよりどころとして、日々子育てに向き合うママも多数います。
 私たちも初めはそうでした。初めての子育てに悪戦苦闘の毎日でした。

 そんな中、子育てを通してもっと地域に目を向け、人とつながれば、子育てがもっと楽しく、ラクになるのではないか。私たち「ママコミュ!ドットコム」の始まりはこんな想いからでした。

 「ママコミュ!ドットコム」という名称は、ママがもっとコミュニケーションを活発にして、もっと人やコミュニティとつながっていこう!という想いを表現しています。

 子どもの月齢・年齢が同じ、保育園や幼稚園が同じといういわゆる「ママ友」の関係だけでなく、子育ての中から得られた学びや経験を、同じく子育てに頑張るママ同士が分かち合い、お互いに応援したり励ましあえたら、もっと子育てが楽しく、ママの人生も豊かになるはずだと信じています。

 一人の人間として、女性として、母親として、そして働くママとして、いくつもの“顔”を持ちながら歩んできたママの人生をもっと仲間と共有できたら…。子育てしているから知り合える大切な仲間が身近な場所にたくさんいるはずです。
 
 「ママコミュ!ドットコム」は子育てのパワーで地域に活力をもたらし、社会を変えていく、そんな活動をめざしています。子育てママ自らが自分の可能性を切り開いていくのをお互いに応援し、サポートしています。

 一方で子どもを持たない家庭も最近増えています。共働きや家庭の事情で祖父母が子育てをしている家庭もあります。「ママコミュ!ドットコム」が考える子育ては、自分の子どもを育てるだけでなく、広く世の中の子どもの成長に関わることだと考えています。子育ては大人の私たちの想いを、次の未来につなぐ大切な人生の経験だと位置づけています。

 「ママコミュ!ドットコム」は、地域に根差した活動の一つのカタチとして、今までどこにもなかった存在感のある活動をこれからも続けてまいります。

代表者役職

代表

代表者氏名

出水 眞由美

代表者氏名ふりがな

いずみ まゆみ

代表者兼職

特定非営利活動法人MIRAI PLUS 理事

主たる事業所の所在地

郵便番号

543-0002

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市天王寺区

市区町村ふりがな

おおさかし てんのうじく

詳細住所

上汐4−4−25 リベールグラン夕陽丘905

詳細住所ふりがな

うえしお りべーるぐらんゆうひがおか

お問い合わせ用メールアドレス

info@mamacomu.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-6779-0098

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2013年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

10名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、地域安全、人権・平和、男女共同参画

設立以来の主な活動実績

子育て中の母親と子どもを主な対象として、子育てとキャリアの両立ノウハウや自分らしい働き方支援のための勉強会のほか、親子向け知育、食育、防災、国際理解などの講座を開催。

【主な事業】
・大阪市男女共同参画センターとの共催で「子育てママの新しいワークスタイル勉強会」の企画を担当。2日間で100名を超える。自主活動を通して子育てとママのキャリア形成について勉強会を主宰。地域で活躍するクリエイターや講師業のママの共同イベントとして「うえほんまちママ&キッズDay」を開催。地域の経営者団体の助言を得ながら自らのスキルを仕事につなげる経験値を高めた。

・大規模地震に備えた親子の勉強会「おやこ防災サロン」を企画。行政や防災の専門家や地域の企業・団体の協力を得て、子育て家庭が抱える災害のリスクにフォーカスした防災の勉強会を4回シリーズで開催。防災の新たな担い手として子育て中のママや子どもに着目した企画の独自性によりマスコミ各社の取材を受けた。本事業の参加者の中から全国最年少防災士(10歳)が誕生した。

【その他】
・ベルギー政府文化機関との協働で、地域の親子を対象に自転車マナーの向上と日本・ベルギー交流150周年を記念した交流事業「ツール・ド・フランダースin大阪」の企画、広報を担当。

その他、市立中央図書館と共催で親子向けワークショップを開催。地域の企業とのコラボ事業としてママのアイデアを商品開発やPRに生かすモニター会、地元百貨店とのコラボ事業として母の日や夏休みのワークショップを手がけている。

【代表者略歴】
大阪市立大学経済学部卒業後、(公財)大阪国際交流センターに勤務。各国との友好親善や相互理解の促進、多文化共生社会の実現等の分野に携わる。仕事を通して多様な価値観に触れ、国際機関、外国公館、行政、NPO、教育機関、企業など多様な主体との協働経験を積む。ワーキングマザーとして管理職として、国籍や文化の異なる仲間と共に各々が個性や能力を発揮して活躍できる職場環境の整備やワーク・ライフ・バランスの実践に関わり、男女共同参画の理解促進が職場や社会の活力向上につながることを実感。その後、自分らしい働き方を模索する中で仕事から得られた知識やスキルやネットワークを生かして市民活動の分野に軸足を移し、仲間とともに新しい活動にチャレンジを開始。

平成23年(特活)MIRAI PLUSを設立。世界の文化に身近に触れることでバランスのとれた世界観を持ち、国際交流の推進役として将来活躍する人材の育成をめざす。

平成25年「ママコミュ!ドットコム」を設立。子育てによってキャリアや社会とのつながりを中断することなく、子育てをプラスのキャリアに変える学びの場の提供、親も子も成長できる社会や地域との関わり方についての調査研究、子育ての多様な担い手とのネットワーク構築などに取り組むほかPTA活動に参加。広報部門で主に防災関連の連載を執筆。

主な職歴
大阪市男女共同参画審議会委員
大阪市天王寺区区政会議委員
大阪市東住吉区英語交流事業審査委員
大阪市女性チャレンジ応援拠点相談員
大阪府高齢者大学校国際文化交流科講師
特定非営利活動法人MIRAI PLUS理事
私と防災を科学するアイビーラボ主任研究員
防災士

団体の目的
(定款に記載された目的)

天王寺区の内外で子育てに携わるママやパパとして、自らの経験やノウハウ、専門的な知識や技術を結集することにより、「子育てをまちづくりのパワーに!」を合言葉に、子育て家庭を始め地域住民の方々をつなぐ有用な情報の発信とサービスの提供を行うことを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1 子育てママの孤立防止、育児放棄、児童虐待の未然防止
2 子育て家庭を書くにした住民間交流の促進、まちづくりへの意識向上
3 女性の自己実現、社会参加の支援
4 前号に掲げる活動を行う団体の運営または活動に関する連絡、助言または援助の活動
(規約より抜粋)

現在特に力を入れていること

・子育て家庭が抱える災害時のリスクにフォーカスをした防災の勉強会「おやこ防災サロン」の企画、運営。
(行政サイドの防災情報のシェアに加えて、生活者としての子育て家庭の諸事情やニーズから防災について考え、実際の備えにつなげる親子・家族を対象にしたワークショップ形式の勉強会シリーズ。
行政の防災担当者との協働により、子育て家庭のニーズや防災に関する疑問を行政にフィードバックする試みを展開中です。)

・プロフェッショナルとしての専門性や資格を有する子育てママが、子育てをマイナスのキャリアにしないで地域や社会とつながり、それを仕事につなげていくための助言や具体的な事業の企画、運営。
(子育てママの復職や再就職に必要なキャリア形成や子育て経験を評価してもらえる社会づくりを目指した各種勉強会や関係機関への事業提案を行っています。)

今後の活動の方向性・ビジョン

設立以来、子育てママを主な対象とした学びと交流につながる諸活動を展開していますが、その中で子育てに関わる様々なテーマで活動に携わる多様な団体や個人の方々との出会いがありました。
今後は地域内の多様なリソースとの協働についても積極的に関与し、より幅広い視野を持った充実した活動につながるよう注力していこうと考えています。

定期刊行物

団体の備考

「子育てが落ち着いたら仕事がしたい、自分の夢をかなえたい」
そう思うママはとても多いのですが、子育てが落ち着くまでどのくらいかかるの?という素朴な疑問から始まり、「子育てを楽しみながら自分たちも夢に向かって頑張ってみよう」という想いで立ち上げた活動です。

子どもが大人になるまで育っていくこの地域を将来担っていくであろう「小さな社会人」を育てながら自分たちも地域とつながりを持ち、身近なところで自分の力を発揮し、想いを同じくする仲間と出会えたら…今、私たちの想いが地域の子育てママやパパに響いていき、少しづつですが仲間が増えてきています。

法人格もなく、活動の拠点も自宅やレンタルスペースという脆弱な団体ではありますが、それぞれが仕事や家族のこと、子育てをうまくやりくりしながら知恵と力を合わせて様々な活動につなげています。

子育てしているからこそわかること、大切なことにこだわってこれからも地域に根ざした活動を続けていこうと思っています。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

・おやこ防災サロン(一般財団法人まちづくり地球市民財団「まちづくり人」応援助成金)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・特定非営利活動法人MIRAI PLUS
(英語deハロウィン、日本ベルギー交流150周年記念ツール・ド・フランダースin大阪)

企業・団体との協働・共同研究の実績

・大阪府中小企業同友会天王寺支部
(おやこ防災サロンにおける地元企業サイドの防災への取り組み紹介や子育て層とのリンクについての検討)
・株式会社クラウドワークス(大阪府アンバサダー認証を受け、子育てママの新しい働き方としてクラウドワーキングの検証や理解促進に関与)
・近鉄百貨店上本町店
(母の日親子ワークショップ、夏休み親子ワークショップ、楽しい知育あそび)
・大阪国際交流センターレストラン「ラッフィナート」
(家族で楽しめるクリスマスパーティの企画、子連れで楽しめる日曜ディナー開催にかかる会場レイアウトやメニューについての助言)
・大阪府住宅供給公社
(おやこ防災サロンの一環として団地居住者向け防災講座の開催)
・株式会社日販
(書店での親子向けワークショップの開催)

行政との協働(委託事業など)の実績

・天王寺区地域課題解決担い手発掘事業「子育てママのコミュニティ形成」
・大阪市危機管理室、天王寺区危機管理課「おやこ防災サロン」(行政専門家からの助言)
・大阪市男女共同参画センター(クレオ大阪)「子育てママの新しいワークスタイル勉強会」
・大阪市男女共同参画センター(クレオ大阪)「日本とミャンマーの女性起業家にきく女性目線のビジネス勉強会」
・大阪市男女共同参画センター(クレオ大阪)「世界人権週間記念 みんな仲間だ!フェスティバル」
・大阪市立中央図書館「夏休み親子ワークショップ」
・大阪市阿倍野区役所「防災クッキング」
・大阪市鶴見区役所 地域勉強会「ママの防災」
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 会費
0円
0円
0円
寄付金
53,318円
70,000円
139,600円
民間助成金
0円
450,000円
400,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
176,600円
278,843円
491,544円
委託事業収入
0円
0円
248,737円
その他収入
0円
0円
38,650円
当期収入合計
229,918円
798,843円
1,369,871円
前期繰越金
0円
17,680円
51,340円
<支出の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
当期支出合計
212,238円
765,183円
1,325,170円
内人件費
0円
0円
0円
次期繰越金
17,680円
51,340円
44,701円
備考
 
「おやこ防災サロン」に対し、まちづくり地球市民財団「まちづくり人応援助成金」を頂戴しました。
おやこ防災サロン開催にかかる助成金
・まちづくり地球市民財団助成金300000
・大阪市ボランティア活動振興基金助成金100000

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 受取会費
0円
0円
0円
受取寄附金
53,318円
70,000円
139,600円
受取民間助成金
0円
450,000円
400,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
176,600円
278,843円
491,544円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
0円
248,737円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
0円
0円
38,650円
経常収益計
229,918円
798,843円
1,369,871円
<支出の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
212,238円
765,183円
1,325,170円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
0円
17,680円
51,340円
次期繰越正味財産額
17,680円
51,340円
44,701円
備考
 
「おやこ防災サロン」に対し、まちづくり地球市民財団「まちづくり人応援助成金」を頂戴しました。
おやこ防災サロン開催にかかる助成金
・まちづくり地球市民財団助成金300000
・大阪市ボランティア活動振興基金助成金100000

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動資産
0円
0円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
0円
0円
<負債の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動負債
0円
0円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
0円
0円
<正味財産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 前期正味財産
0円
0円
当期正味財産増減額
0円
0円
当期正味財産合計
0円
0円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動資産合計
0円
0円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
0円
0円
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(2015年度)決算 前々年度(2016年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
0円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
0円
0円
正味財産合計
0円
0円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員による運営会議を行い、円滑な業務遂行に努めるものとする。運営会議の議事録は出席者の過半数の同意をもって決定する。(規約より抜粋)

会員種別/会費/数

会の活動趣旨に賛同するものを会員とする。
会員の入会については、特に条件を設けない。
会に次の役員を置く。代表、副代表、会計

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
3名
3名
常勤職員数
0名
役員数・職員数合計
10名
イベント時などの臨時ボランティア数
20名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 
 
2013年度
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
2016年度(前々年度)
 
2015年度(前々々年度)
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

ママコミュ!ドットコム ロゴマーク