一般社団法人みうら学・海洋教育研究所

基礎情報

団体ID

1479054668

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

みうら学・海洋教育研究所

団体名ふりがな

みうらがく かいよう きょういく けんきゅうじょ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

郷土三浦に誇りを持ち、これからの社会をたくましく生きる人間の育成のために、三浦の特色である「海」と直接関わる学習〈体験学習〉の中で、「学ぶことの意義」を実感させ、「確かな学力」を身に付ける手段として、海洋教育を推進することを目的とする。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

杉山 実

代表者氏名ふりがな

すぎやま みのる

代表者兼職

前三浦市副市長

主たる事業所の所在地

郵便番号

238-0235

都道府県

神奈川県

市区町村

三浦市

市区町村ふりがな

みうらし

詳細住所

城山町1-1 三浦市役所第2分館2F 教育委員会内

詳細住所ふりがな

しろやま ちょう いち の いち みうら しやくしょ だいに ぶんかん にかい きょういく いいんかい ない

お問い合わせ用メールアドレス

mikaiken@moel.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

046-854-9443

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分〜17時15分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

046-854-9446

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時15分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2016年3月8日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2016年3月8日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

神奈川県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

8名

所轄官庁

その他

所轄官庁局課名

三浦市教育委員会 学校教育課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、食・産業、漁業、林業

設立以来の主な活動実績

2016年3月の設立以来、「小中学校における体系的・永続的海洋教育カリキュラムの開発と実践」を目指して、様々な活動を行ってきた。特に、次の3つの柱を重点目標として、取り組んできた。その活動と成果は、次のようである。
1小中学校における海洋教育カリキュラム開発および実践について
・みうら学・海洋教育カリキュラム開発委員会を組織し、これまでの海洋教育実践の整理・発信、新たな教材の開発に努め、いくつかの新しい教材が生まれた。また、これまでの実践の整理についても、一覧表を作成できた。
・小網代パール海育隊等各団体と協力して、真珠の核入れ、マダイの放流などを行った。特に、マダイの放流については、2016年度の1校から4校に広がっている。
・県立海洋科学高校との連携を強め、小学校の実習船見学を実施し、当該学校から高い評価をいただいた。2017年度、中学校への出前授業も実施された。
2体系的・永続的な海洋教育の人材配備・人材育成について
・経験2年目の教員全員を「みうら学研究員」に加えた結果、新しい視点での教材開発が始まり、代表教員の海洋教育実践の授業を行った。
・みうら学・海洋教育研修会を、年間10回程度実施した。毎回多くの参加者があり、有意義な研修を行うことができた。
・初声中学校で、放課後の海洋関係の活動をする海洋学習係を募集したところ、全校生徒の10%を越える生徒が応募した。これは、三浦市がこれまで取り組んできた5年間の海洋教育の成果ととらえることができる。すでに、活動を開始し、水槽で飼育、観察を始めている。NPO団体(小パール隊)と連携し、海の教室も実施した。今年度、2名の生徒が、リバネスの研究指定を受けるなど、十分な成果を上げている。
・2017年度より、海洋教育ネットワーク通信を月2~3回程度発行し、市内の全教職員に配付し、実際の授業のようすや、児童・生徒の感想および教員の体験談などを載せ、海洋教育の広がりをめざした。
3海洋教育の環境整備と情報発信について
・各学校やNPO団体において、子どもたちの海洋教育に使用する物品の整備を進めている。
・各学校に、本研究所で購入した本による、海洋教育図書コーナーを設置した。
・市内の複数の小学校で、海洋教育の部屋ができており、海の生き物の飼育も広がってきている。地域の方が網にかかった海の生き物を毎朝届けてくれるような動きも出てきており、地域ぐるみでの海洋教育が行われ始めている。
・市民対象に、市民センター等で、海洋教育講座を開催し、海洋教育の広がりをめざした。

団体の目的
(定款に記載された目的)

郷土三浦に誇りを持ち、これからの社会をたくましく生きる人間の育成のために、三浦の特色である「海」と直接関わる学習〈体験学習〉の中で、「学ぶことの意義」を実感させ、「確かな学力」を身に付ける手段として、海洋教育を推進することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1.小・中学校における海洋教育カリキュラムの開発および実践、授業実践数の増加
2.体系的・永続的な海洋教育の人材配備および人材育成
3.海洋教育促進のための環境整備と海洋教育情報の発信



現在特に力を入れていること

カリキュラム開発について
 みうら学・海洋教育カリキュラム開発委員会を中心に、過去5年間に実践した海洋教育に関する
 実践の一覧化を行うとともに、新たなカリキュラムの開発を進めている。例として、神奈川
 県立海洋科学高校との連携として、小学生の実習船見学会(12月実施予定)や、中学生の出前
 授業(9月実施予定)などが決定している。

人材育成について
 以前よりあった「みうら学研究員会」のメンバーを、昨年度より、今までの希望制から、経験2年目
 の教員全員とした。このことによって、新しい視点での実践が始まっており、海洋教育の広がり
 が期待できる。すでに、みうら学研究員の学校で、海洋教育を実践する動きが出てきている。
 また、海洋教育研修会を、年間10回程度企画し、教員の海洋教育への関心、意欲を高めることに
 努める。今年度は、教職員のネットワークづくりを目指し、教職員自身を講師にした研修や、実
 践を発表し合う研修も企画したい。その他、小学生を対象に「海洋教育の集い」(仮称)を開催  し、お互いの取り組みを発表し合う機会とする。中学生を対象に「海の教室」を複数回行い、将
 来の海洋教育を担う人材を育成していく。

基盤整備の面と海洋教育情報の発信について
 昨年度に引き続き、授業に生かせる物品や図書を購入し、各学校に配付する。また、海洋教育ネ
 ットワーク通信を、全教職員に配付し、実践の紹介やお互いの情報交換に役立てることにも力を
 入れていく。子どもたちの学びの視点から、パンフレットを作成し、全児童・生徒・教職員・関
 係団体等に配付する。市民まつりや創造展など市内のイベントに積極的に参加し、市民にも海洋
 教育の情報を発信する。ホームページやfacebookを利用して、研究所の情報を発信する。

今後の活動の方向性・ビジョン

① カリキュラムの開発について
・海洋教育カリキュラム開発委員会
 今まで作成したカリキュラムを整理、小中9年間を見通した海洋教育カリキュラムを作成する。
 新しいカリキュラムの開発も目指す。

・各関係機関との連携など
 県立海洋科学高校との連携をさらに深めていく。
 観音崎自然博物館とも連携を深め、職員を授業の講師に招いたり、教職員の研修にも取り入れた
 りしていく。

・マダイの放流授業(三崎地区の小学校対象)
 小網代パール海育隊、神奈川県栽培漁業組合と連携、子どもたちにマダイの放流を通じて
 海の資源の確保について関心を持ってもらうために行う。

・マグロに関する内容の出前授業(児童対象)
 東京大学の先生に、マグロの特徴、成長などや、マグロの研究についての授業をしてもらう。マ
 グロと関わりの深い地域の小学校であり、子どもたちがマグロについて深い知識を吸収する良い
 機会とする。
 
・海藻おしばづくりの授業を企画し、実践する(6月実施予定)


② 人材育成について
・海洋学習係(初声中学校)は、現在20名以上の生徒が参加し、日常的に海の生物をグループごと
 に飼育、観察をしてレポート等を作成している。研究所として今後、継続して支援を行っていく。

・先輩授業(海洋教育関連)の参観、代表者の授業公開
 2年目の教員を対象に、海洋教育関連の授業の進め方や今後のカリキュラム作りを学ぶ。

・海洋教育子どもサミットin東北への参加
 全国の海洋教育に関する取り組みを学び、子どもたちの主体的な動きについても研修をする。

・小学生を対象に「海洋教育の集い」(仮称)を開催し、お互いの取り組みを発表し合う機会と
 する。中学生を対象に「海の教室」を複数回行い、将来の海洋教育を担う人材を育成していく。

③ 環境整備と情報発信について
・各学校への必要物品、図書を購入、配布し、今後は、物品を活用した授業を取材に行く。

・海洋教育ネットワーク通信を定期的に発行する。海洋教育に関するパンフレットを作成し、全
 児童・生徒・教職員・関係団体等に配付する。また、市民まつりや創造展など市内のイベントに
 積極的に参加し、市民にも海洋教育の情報を発信する。ホームページやfacebookも利用
 する。


※今後のビジョン

・「日常の教育活動の一環として当たり前に海洋教育に取り組む教員の姿」「三浦に誇りを持ち、
 これからの社会をたくましく生き抜く人材の育成」を目指して事業を展開していきたい。

・海洋教育に関する教職員のネットワークづくりを重点的に行う。そのために、海洋教育ネットワ
 ーク通信を定期的に発行し、全教職員に配付し、実践の紹介やお互いの情報交換に役立てること
 にも力を入れていく。

・市民まつりや創造展など市内のイベントに積極的に参加し、市民にも海洋教育の情報を発信する。 また、ホームページやfacebookを利用して、研究所の情報を発信する


定期刊行物

海洋教育ネットワーク通信(月2~3回発行予定)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

実績なし小

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

2016年度
 6/13【コーディネート】道寸研究会 三浦道寸についての講義を受ける。
 6/16 みなとみらい21にて、横浜国立大学「【公開講座】神奈川の海を知る 2016」に
   参加をする。
 6/18 水と緑の環境ネットワーク主催のアマモの花枝取りに、小網代パール海育隊とともに
   参加をする。
 6/20 鱗会の協力でマグロの解体授業を行う。
 7/14【 コーディネート】名向小学校 磯観察 (東京大学三崎臨海実験所との連携)
 9/09【コーディネート】名向小、岬陽小、剣崎小 マダイ稚魚放流(小パール隊との協力) 
 9/16【コーディネート】三崎小 マダイ稚魚放流(小パール隊との協力)
 9/27【コーディネート】岬陽小 実習船見学(県立海洋科学高校との連携)
12/13【コーディネート】初声中 JAMSTEC職員の講演会
 2/15【コーディネート】三崎中 JAMSTEC職員の講演会
 3/01【コーディネート】南下浦中 JAMSTEC職員の講演会

2017年度
 4/20、5/11【コーディネート】名向小 真珠の浜揚げ(小パール隊との協力)
4/27【コーディネート】上宮田小 磯観察(観音崎自然博物館との協力)
 6/21【コーディネート】三崎小 海藻おしば教室(海藻おしば協会との協力)
 6/21【コーディネート】旭小 海の学習(観音崎自然博物館との協力)
 6/23【コーディネート】剣崎小 海の探検(観音崎自然博物館との協力) 
 6/29【コーディネート】剣崎小 海の授業(小パール隊との協力)
7/3 【コーディネート】名向小 真珠の核入れ(油壷マリンパーク、小パール隊の協力)
 8/28 海の教室(小パール隊との協力)
 9/11【コーディネート】三崎小、岬陽小、名向小、剣崎小 マダイの稚魚放流
             (県栽培漁業協会、小パール隊の協力の協力)









 

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

2016年度
5/25 初声中学校 防災ウォークラリーを取材。
6/01 【コーディネート】市教研社会科部会で、小網代パール海育隊から真珠の成長に関わる
    話を聞く。
6/02 カリキュラム開発委員会で今後の方針を決めた。
6/07 剣崎小学校 地域と連携した防災訓練(津波訓練)の取材。
6/20 名向小学校 マグロの解体授業の取材。
6/23 みうら学研究員会にて各自の取り組みについて意見交換を行う。
6/24 三崎小学校 磯観察の授業の取材。
6/27 初声中学校 海藻の光合成に関わる授業の取材。
7/06 小学校社会科部会 みうら野菜の海からの恵みについての研修。
7/08 海洋教育研修会を行う(JAMSTECの施設見学・海の環境教育に関わる講話)
7/15 初声中学校 海水を使った密度の授業の取材。
7/16 東京大学海洋アライアンス主催 第4回海洋教育フォーラムにて、三浦の海洋教育における
   地域展開の成果と課題について発表(東京大学弥生講堂ANNEXにて)
7/27 理科実験観察講座(城ヶ島)
7/28 葉山小 教育課程の発表に関する資料の提供
8/03 こどもの船(海洋科学高校の実習船)に乗船し、参加をした子どもたちの取材を行う。
8/13 みうら夜市にて、 学校の海洋教育に関わる取り組みについての紹介が描かれたうちわを
   配布する。
8/15 三崎城ヶ島夏祭りにて、学校の海洋教育に関わる取り組みについての紹介が描かれたうちわを
   配布する。
8/19 三浦市図書館内に海洋文庫コーナーが設置される。

【総括】
・三浦の農業に与える海の影響、海に捨てられたごみの影響など、海洋教育の新しい視点が
 出てきている。海洋教育のすそ野の広がりを感じている。
・海洋教育研修会への教員の参加数が増加、昨年までの課題であった海洋教育部員以外の教員の、
 海洋教育への関心・意欲の高まりを感じる。
・初声中学校が、放課後の海洋教育関係の活動をする「海洋学習係」を発足、募集したところ、
 全校生徒の10%を超える生徒が集まった。海洋教育のすそ野の広がりを感じる。

2017年度
6/2 海洋教育カリキュラム開発委員会で、今年度の方針を決めた
6/23 海洋教育研修会兼みうら学研究員会  
6/24 南下浦市民センター 海洋教育講座(講師)
7/7 初声市民センター  みちしお学級(講師)
7/22 東京大学海洋アライアンス主催 第5回海洋教育フォーラムに参加
7/28 茅ヶ崎市立鶴嶺小  教育課程の発表に関する資料の提供 
8/2 【コーディネート】 小学校社会科部会 アマモについて、真珠の養殖の見学
8/2 【コーディネート】 小学校社会科部会 県水産技術センターの視察
8/17 県総合教育センターにおける教育課程の発表に関する資料の提供
8/23 海洋教育カリキュラム開発委員会  
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
32,000,000円
15,020,000円
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
3,755,000円
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
0円
32,000,000円
18,775,000円
前期繰越金
0円
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
0円
31,978,327円
18,775,000円
内人件費
0円
9,473,974円
9,000,000円
次期繰越金
0円
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
32,000,000円
15,020,000円
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
3,755,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
0円
32,000,000円
18,775,000円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
0円
31,978,327円
18,775,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
0円
 
 
次期繰越正味財産額
0円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
4,755,863円
固定資産
159,000円
910,863円
資産の部合計
159,000円
5,825,726円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
3,288,921円
固定負債
 
 
負債の部合計
0円
3,288,921円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
159,000円
当期正味財産増減額
159,000円
2,377,805円
当期正味財産合計
159,000円
2,536,805円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
4,755,863円
固定資産合計
159,000円
910,863円
資産合計
159,000円
5,825,726円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
3,288,921円
固定負債合計
 
 
負債合計
0円
3,288,921円
正味財産合計
159,000円
2,536,805円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

社員総会

会員種別/会費/数

加盟団体

なし

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
3名
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
5名
 
常勤職員数
3名
役員数・職員数合計
8名
イベント時などの臨時ボランティア数
0名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

4021005010557

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

その他

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

企業会計基準

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら