特定非営利活動法人旧鈴木家跡地活用保存会

基礎情報

団体ID

1488561729

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

旧鈴木家跡地活用保存会

団体名ふりがな

きゅうすずきけあとちかつようほぞんかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

静岡県浜松市東区中郡町に家康時代以前からの遠州地方を代表する庄屋跡、4,300坪程の旧鈴木家屋敷跡地があります。この4,300坪の土地と敷地内の建物が所有者より平成22年12月、浜松市に寄贈されました。浜松市は戦禍や戦後のまちづくりによって古い建物が消失し、旧鈴木家は屋敷林や環濠を残し、江戸時代のたたずまいをもつ市内唯一の歴史遺産です。
寄贈されて以降、団体は、草地の刈込、樹木の剪定、敷地一部についてグラウンドゴルフができるように造成等を行い、市と協働で敷地の保全と管理に努め、又、公園づくりの提言等を行ってきました。平成29年度より市による公園づくりが始まり、平成31年度末には完成の予定です。しかしながら、屋敷内の建物群は文化財的価値が低く、改修や維持管理の予算が得られないという理由から市では建屋撤去の方針でしたが、母屋、離れ屋、他2棟は修復費やその活用を住民が担うことで存続となりました。
団体では、高齢化による独居老人の増大や、子供の居場所がない等地域の課題解決のために、人が寄り添い、語り合い、集う場として、江戸時代もそうであったように村(邑)のシンボルとして、老朽化した庄屋屋敷の母屋を再生し、その活用により、人が寄り添う、多世代の笑い声が響く、いきいきとした、けっこい(きれいな)邑づくりを目指しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

村木 正彌

代表者氏名ふりがな

むらき まさや

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

431-3111

都道府県

静岡県

市区町村

浜松市東区

市区町村ふりがな

はままつしひがしく

詳細住所

中郡町699-1村木方

詳細住所ふりがな

なかごおりちょう

お問い合わせ用メールアドレス

ikedatoshiaki@ck.tnc.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

053-434-1877

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

8時00分〜19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

053-544-5006

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

8時00分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年2月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2016年3月1日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

静岡県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

9名

所轄官庁

浜松市

所轄官庁局課名

浜松市 市民部 市民協働・地域政策課 市民協働グループ
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、スポーツの振興、地域安全、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

平成27年度、旧鈴木家跡地の公園化にあたって、市主宰のワークショップが開催され、「子供を含めた多世代が集える公園」という公園の有り様が決められましたが、敷地内のほとんどの建物は撤去の方向となりつつありました。
 そのような流れを受けて「伝統的日本家屋の建屋は人々が集える場、地域の茶の間、縁側として再生すべき」という地域の強い想いから、平成28年3月、NPO法人旧鈴木家跡地活用保存会が設立されました。
 その後、NPO法人設立の動きも考慮され、市では母屋、離れ屋、他2棟については撤去の結論を出さず、「存続(検討)の扱い」となりましたが、著しい老朽化による建屋崩壊の可能性もあるため、一刻も早い改修が求められています。
主な活動
H23~
・地元住民らと屋敷内の草刈、樹木の枝打ち、剪定(毎月1回、合計50回、のべ600人が参加)
・屋敷内の約3,000点の古文書整理・解読(週2回、のべ1,500人以上が参加、1,000点は未整理)
H23,24
・地元住民を対象に屋敷説明会を実施(6回、合計来場者3,000人)
H24
・3月、浜松市東区役所1階の市民ホールで旧鈴木家の歴史と収蔵品の展示会を開催(H29年1月にも 開催し、合計来場者3,500人)
H25~
・地元小学校6年生の野外授業としてカリキュラム化(毎年1回、累計500人以上が参加、講師を担  当)
H26
・屋敷跡地の一部、1,000坪を地元住民らと約150人工をかけてグラウンドゴルフ場として整備
(平成28年の利用者は、のべ6,000人にのぼる)
H27
・弓道場射場を地元住民らと約200人工かけてグラウンドゴルフの合間の休憩場として改修
・地域住民らと花の会を組織し、敷地内数か所に花壇を設置
・季刊の広報誌を発行(現在まで6号を発行)
H28~
・4月、地元の14の自治会長とで「多世代交流拠点づくり委員会」を組織、
 (子育て支援、児童の居場所、多世代交流、収蔵品管理、高齢者の居場所の各分科会で19回に及  び現在も討議を続行中
・広場に地元住民から寄付された数十のこいのぼりをあげる(近隣の幼稚園の野外活動の場として利 用されている)

団体の目的
(定款に記載された目的)

この法人は、古独礼庄屋、鈴木屋敷跡地の郷土史的価値の考察、研究事業を行い、より多くの市民への情報提供、啓蒙活動事業、及び跡地を利用した健康増進に関する事業を行い、もって、多くの市民が楽しめる鈴木屋敷跡地の活用を進め、市民生活の活性化、郷土愛の増進に寄与する事を目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

・「多世代交流拠点づくり委員会(地元14の自治会長,NPOで組織)」の実施(毎月1回)
・屋敷敷地内の除草、樹木の剪定(毎月1回)
・屋敷内に残された数千点に及ぶ古文書、収蔵品の解読、整理(週2回)
・グラウンドゴルフ場の運営協力(年間6,000人が利用)
・旧鈴木家収蔵品の展示会、屋敷見学会の実施(随時)

現在特に力を入れていること

屋敷跡地は市が(都市公園)として平成31年度末の完成を目指しています。
公園内は多目的広場、子供広場、イベント広場が作られる計画ですが、市の計画では人が集える建物はありません。
 当初撤去予定だった屋敷内の母屋は、伝統的な日本家屋が持つ抒情性を有しています。老朽化が著しく、大幅な改修が必要ですが、修復費用やその利活用については住民が担っていく事で存続することとなりました。
 当地は、農地に挟まれ住宅が点在する、市のベッドタウンとなっています。
近年は高齢化(住民の30%近くが65歳以上)、独居老人の増加、子供の減少(住民の14%が15歳未満)、ベッドタウン化による転入者の増加、それに合わせて耕作放棄地の増加といった問題もあり、昔ながらの助け合い、譲り合いといった伝統的村文化の継承が困難になっています。
改修した母屋は、こういった村(ムラ)の課題解決に活用し、邑(ムラ)づくりの中核、邑(ムラ)のシンボルとします。
母屋を改修することで、午前中はお年寄りがグラウンドゴルフに興じ、午後は、改修された母屋で学校帰りの子供たちが、お年寄りから古来の日本の竹細工を教えてもらったり、時に宿題を見てもらったり、又、子育て中のお母さんが、ママ友と談笑したりと、お年寄りの居場所、子育てママの居場所子供の居場所となります。
また、古い建物を残し、活用する事は、歴史を残し、歴史を伝える活動でもあります。
さらにこの屋敷の周りには、屋敷林や田んぼ環堀跡などがあり、屋敷の下層からは飛鳥時代の遺物も見つかっており、子供たちにとっては遊びの場だけでなく、学びの場でもあります。
また、お母さんが身近に子供たちを安心して行かせられる場があることで、親の収入に関わらず、すべての子供たちが、話す、遊ぶ、学ぶ等の様々な経験のできる環境でもあります。
 子供からお年寄りまで、多くの住民が毎日歴史を想い、いにしえの人々の暮らしを想いながらここに集い、ここを舞台に活動し、人も地域も元気になっていく…、かつての村の庄屋の屋敷が身近な地域の拠点として、多世代交流の場となっている…、そんなビジョンを利用者、住民、NPO、そして浜松市が共有し、協力して公園を完成させます。
 母屋を修復し、公園を使いこなし、使い倒していきます。
 市もこの取り組みが成功した暁には市民と公園の新しい関係のモデルとなり、今までにない魅力的な公園ができると期待しています。新しい公園づくりの方法としてこれからの普及可能性は大いに見込まれています。

今後の活動の方向性・ビジョン

 昔、万斛(まんごく)村と呼ばれた当地は、市街化にともない、移住者が急増、今は助け合いなど村が育んできた繋がりが希薄になっています。新住民のママは近所で誰にも頼れず、孤独に子育てをし、放課後の子供の居場所も少ないです。お年寄りの居場所に関しても同様です。
 そんな折、庄屋屋敷としては浜松唯一の歴史遺産が、環濠も含む往時の面影を遺して市へ寄付され、公園として整備されることになりました。廃屋で撤去の予定だった屋敷は協議の上、地域で改修、管理する条件で取り壊しを免れました。
 庄屋屋敷を改修し、公園の中に多世代が集い、活動する拠点を運営する。
 グラウンドゴルフに興じるお年寄りや、小さな子連れが休憩したり、学校帰りの子供が昔遊びや、宿題を教えてもらう場所となる。昔の村(邑・むら)の中心を皆で再生し、地域の人が交流、笑顔が生まれる拠点に育てたい、と強く思っています。
 拠点ができることで、子供たちにとっては、話す・遊ぶ・学ぶ等の経験ができる場になり、子育て世代にとっては、子供を安心して行かせられる場となります。歩いて行ける場所にある公園に、見守る大人がいることで子供たちは自己肯定できるようになり、貧困の連鎖を防ぐことにもなります。
 この取り組みは、官民の新しい公園づくりのモデルとして全国に波及するものとなっていきます。

定期刊行物

会報「旧鈴木家屋敷保存会」を発行。(3か月に1回・1,600部発行し、自治会の回覧ルートで各家庭に配布)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

公益財団法人はましん地域振興財団より旧鈴木家に関する講演会、展示会開催援助として15万円の助成金を支援いただいた。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

認定NPO法人浜松NPOネットワークセンターと公園づくりについて協議中
NPO法人積志かがやきフェアと屋敷見学会を共催した。


企業・団体との協働・共同研究の実績

住友林業ホームテック(株)と母屋の耐震補強、改修内容について協議中。

旧鈴木家屋敷跡地活用協議会(積志地区自治会連合会(39自治会)で組織)内の地元14自治会長と(多世代交流拠点づくり委員会)を組織し、母屋の活用内容について月1回の定例会を開催中。

行政との協働(委託事業など)の実績

浜松市都市整備部公園課と公園づくりについて協議中
浜松市市民部市民協働・地域政策課 市民協働グループ主宰の「はままつ夢基金」に登録、募金活動を実施中。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
0円
321,450円
172,500円
寄付金
0円
2,000円
400,000円
民間助成金
0円
0円
150,000円
公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
0円
0円
20,793円
当期収入合計
0円
323,451円
743,293円
前期繰越金
0円
-24,354円
-179,208円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
24,354円
478,305円
514,250円
内人件費
0円
0円
0円
次期繰越金
-24,354円
-179,208円
49,835円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
0円
321,450円
172,500円
受取寄附金
0円
2,000円
400,000円
受取民間助成金
0円
0円
150,000円
受取公的補助金
0円
0円
0円
自主事業収入
0円
0円
0円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
0円
0円
20,793円
経常収益計
0円
323,451円
743,293円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
0円
414,957円
411,250円
(うち人件費)
0円
0円
0円
管理費
24,354円
63,348円
103,000円
(うち人件費)
0円
0円
0円
経常費用計
24,354円
478,305円
514,250円
当期経常増減額
0円
-154,854円
229,043円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
0円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
-24,354円
-154,854円
229,043円
前期繰越正味財産額
0円
-24,354円
-179,208円
次期繰越正味財産額
-24,354円
-179,208円
49,835円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
646円
20,792円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
646円
20,792円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
25,000円
200,000円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
25,000円
200,000円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
-24,354円
-179,208円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
646円
20,792円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
646円
20,792円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
25,000円
200,000円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
25,000円
200,000円
正味財産合計
-24,354円
-179,208円
負債及び正味財産合計
646円
20,792円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

9名の理事で幹事会を構成し、毎月の定例会を意思決定機関としている。

会員種別/会費/数

正会員は入会金10,000円、年会費3,000円 (29年4月1日現在17名、うち9名は理事)
賛助会員は入会金なし、年会費1,500円 (29年4月1日現在40名)

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
非常勤
9名
0名
常勤職員数
0名
役員数・職員数合計
9名
イベント時などの臨時ボランティア数
15名

行政提出情報

報告者氏名

池田 敏章

報告者役職

専務理事

法人番号(法人格を取得した時の番号)

9080405006840

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
事業報告書
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら