特定非営利活動法人農商工連携サポートセンター

基礎情報

団体ID

1507152815

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

農商工連携サポートセンター

団体名ふりがな

のうしょうこうれんけいさぽーとせんたー

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

日本で唯一、農商工連携、六次産業化を専門にサポートするNPO法人。
農商工連携によって地方に雇用を創出することをミッションとしています。
地域活性化の鍵は農商工連携です。地元特産の野菜の加工食品、果物のスウィーツ、リキュール開発、農業体験ツアーなど新しい農林水産業の中核となるのが農商工連携です。農商工連携サポートセンターはこの農商工連携に関する人材育成、補助金、認定申請に係わる支援などを総合的にサービスします。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

大塚洋一郎

代表者氏名ふりがな

おおつかよういちろう

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

101-0054

都道府県

東京都

市区町村

千代田区

市区町村ふりがな

ちよだく

詳細住所

神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1207

詳細住所ふりがな

かんだにしきちょう ちよだぷらっとふぉーむすくうぇあ

お問い合わせ用メールアドレス

yoichiro.otsuka@ion.ocn.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-5259-8097

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

緊急時はいつでもどうぞ

FAX番号

FAX番号

03-5259-8024

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

7時00分~23時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2009年7月29日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2010年1月25日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

9名

所轄官庁

内閣府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

地域・まちづくり、経済活動の活性化、食・産業、漁業、林業

設立以来の主な活動実績

1.農商工連携研究会
2.農商工連携に関する講演・講師派遣(商工会等講演実績多数)
3.農商工連携プランニング講習会(日本財団補助事業)
4.農商工連携のマッチング・コンサルティング
5.農業体験・開墾ツアーの企画・運営
6.定期市の企画・運営

代表:大塚洋一郎
昭和29年(東京生まれ)56歳。北海道大学工学部原子工学科(修士課程)を終了し、昭和54年、科学技術庁に入庁。科学技術庁国際課長、文部科学省海洋開発課長、宇宙開発利用課長などを歴任。平成19年7月より経済産業省大臣官房審議官(地域経済担当)として企業立地、ソーシャルビジネス、農商工連携などの地域活性化施策を担当。農商工連携促進法の制定には当初より参画。農商工連携に関する講演多数。平成21年7月、農商工連携による地域の雇用創出にライフワークとして取り組むことを決意、公務員を退職し、農商工連携サポートセンターを設立。

団体の目的
(定款に記載された目的)

農商工連携とは、農林水産業、加工、流通が通常の商取引よりもう一歩踏み込んだ連携を行うことによって魅力ある新しい製品やサービスを造り、地域に活力を産む運動です。農林水産業を新たなビジネスチャンスとしてとらえる企業、農業に興味を持つ個人の数は急速に増える一方、このような企業、個人と連携したいと欲する地域もまた増えています。しかしながら、農と商工のお互いの文化・価値観の違い、優れた連携コーディネーターの不足、情報やマッチング機会の不足などから、農商工連携による地域活性化は未だ十分ではありません。
私たちは、農商工連携と都市農村交流による地域経済の活性化と雇用創出に寄与するため、以下の事業を推進します。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

私たちは、農商工連携と都市農村交流による地域経済の活性化と雇用創出に寄与するため、以下の事業を推進します。
農商工連携に関する人材育成事業
(研修会、講習会の開催、農商工連携コーディネーター育成、認定など)
農商工連携に関する支援事業
(農商工連携に関する相談、マッチングフェアの開催、農業体験ツアー、開墾ツアー、スタディツアーの実施など)
農商工連携に関する情報収集および情報提供事業
農商工連携に関する調査・研究事業

現在特に力を入れていること

農商工連携に関する講演を積極的に行っています。代表の大塚までご連絡ください。(yoichiro.otsuka@ion.ocn.ne.jp)

今後の活動の方向性・ビジョン

農商工連携で地方に雇用を創出する(一人でも二人でも一歩一歩)!
農商工連携とは農林水産業、加工、流通が通常の商取引よりもう一歩踏み込んだ連携を行うことによって魅力ある新しい製品やサービスを作り、地域に雇用と活力を生む運動です。

(2010年度の方向性)
1.農商工連携・六次産業化の制度・しくみの普及
隔月開催の「農商工連携研究会」、各地で行われる講演を通じて農商工連携・六次産業化のコンセプトとメリットを普及する。

2.農商工連携・六次産業化の担い手育成
農商工連携プランニング講習会(日本財団補助事業、全国6カ所で開催予定)を通じて農商工連携・六次産業化の担い手を育成する。

3.農商工連携のマッチング・コンサルティング
農商工連携のパートナーを探すサポートを行う。農商工連携の事業認定に必要なビジネスモデルの構築と事業認定申請のサポートを行う。

4.農業体験・開墾ツアーの企画・運営

5.ちよだ青空市の開催・運営

定期刊行物

なし

団体の備考

代表理事 大塚洋一郎(前経済産業省大臣官房審議官)
副代表理事 曽根原久司(NPO法人えがおつなげて代表理事)
理事 藤田和芳(株式会社大地を守る会代表取締役)
理事 大和田順子(ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)共同代表)
理事 渡邊智恵子(株式会社アバンティ代表取締役)
理事 山名清隆(日本愛妻家協会事務局長)
監事 明石陽子(RBS東京支店クレジットマネージャー)
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

日本財団助成金(2010年度)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

2010年度実績
○ちよだ青空市(毎月開催)/プラットフォームサービス(株)と共催
             /千代田区錦町3丁目町会 後援
○農商工連携プランニング講習会in仙台/NPO法人奥州街道会議と連携
○農商工連携プランニング講習会in高松/四国 市民政策機構株式会社と連携
○農商工連携プランニング講習会in青森/特定非営利活動法人NPO推進青森会議
と連携

企業・団体との協働・共同研究の実績

なし

行政との協働(委託事業など)の実績

なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会(3ヶ月に1回程度)
総会(年1回 6月頃)

会員種別/会費/数

法人会員……16法人
(正会員……3)
(賛助会員…13)

個人会員……59人
(正会員……18)
(賛助会員……41)

※2010年10月現在

加盟団体

 

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
2名
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
9名
イベント時などの臨時ボランティア数
10名

行政提出情報

報告者氏名

 

報告者役職

 

法人番号(法人格を取得した時の番号)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

 

監査の実施

未実施

監視・監督情報

 
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら