特定非営利活動法人ぴーす

基礎情報

団体ID

1514160587

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ぴーす

団体名ふりがな

ぴーす

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

代表者役職

理事長

代表者氏名

小田 多佳子

代表者氏名ふりがな

おだ たかこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

591-8032

都道府県

大阪府

市区町村

堺市北区百舌鳥梅町

市区町村ふりがな

さかいきたくもずうめまち

詳細住所

3-39-32

詳細住所ふりがな

お問い合わせ用メールアドレス

p-office@p-s-sakai.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

072-250-9060

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時30分〜16時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

072-250-9061

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2005年9月20日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2005年9月20日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

42名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、福祉、地域・まちづくり、人権・平和、市民活動団体の支援

設立以来の主な活動実績

【活動実績】
平成17年:発達障害啓発チームを設立
      障がい児のための防災を考えるプロジェクトの開始
      ※「2005年防災教育チャレンジプラン」の実施団体に選ばれ、防災教育特別賞受賞
      障がい児を支援するグッズや書籍の販売開始
      堺市委託事業「障害者生活支援センター」の開設
平成18年:大阪府指定「ヘルパーステーション」の開設
     堺市補助事業 放課後活動等補助事業の開始
平成23年:児童デイサービス事業の開始
平成24年:放課後等デイサービス事業・児童発達支援事業の開始
      堺市委託事業「地域活動支援センター」の開設
平成24年:相談支援事業(計画相談・障害児相談)の開始
平成25年:堺市委託事業「障がい児保護者支援 ぴあリーダー養成事業」の開始
平成26年:堺市委託事業「療育支援事業 あいすてーしょん」の開始

【設立の経緯】
平成9年に知的障がい児の母親で結成した、ボランティアグループ「堺おもちゃ図書館ぽっぽ」が、
これまでより幅広い活動をするため、法人格を取得。
「特定非営利活動法人 ぴーす」として生まれ変わり、現在に至る。

【代表者:小田多佳子 略歴】
平成09年:障がい児支援のボランティアグループ「堺おもちゃ図書館ぽっぽ」設立
       障がい児への余暇活動提供の開始
平成15年:ノーマライゼーションイベントコーディネートオフィス設立
       障がい児の母親向け勉強会やMLの開始
       障がい児の母親対象 ピア相談を開始
平成16年:情報提供のメールニュース「ふぁにぃ」の開始
       障がい児放課後クラブの開始
平成17年: NPO法人ぴーす 設立
       

団体の目的
(定款に記載された目的)

障害者自立支援法及び身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法に係わる各事業と、かかる法律に規定の無い障害児家族の支援に係わる事業を行うことにより、障害児家族が自ら障害児理解のため、地域啓発の一員になることを支援し、以って、将来、障害児自身が自立する力を獲得すること及び参加でき得る地域社会の推進に寄与すること。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

団体の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)障害児の余暇活動支援事業
(2)障害児家族に対する相談事業
(3)障害児家族に対する情報提供事業
(4)障害児家族に対する保健衛生、福祉及び障害児教育の理解推進のためのセミナー活動事業
(5)販売事業
   1 福祉介護用品及び介護予防用品の販売    
   2 障害や福祉関係の書籍の販売
(6)児童福祉法に基づく事業
   1 子育て支援事業
   2 障害児通所支援事業
   3 障害児相談事業
(7)身体障害者福祉法に基づく事業
   1 身体障害者相談支援事業
(8)知的障害者福祉法に基づく事業
   1 知的障害者相談支援事業
(9)障害者自立支援法に基づく事業
   1 障害福祉サービス事業
   2 地域生活支援事業
(10)移送サービス事業 
(11)上記各号に附帯及び関連する事業

【活動・業務概要】
●障害児家族に対する相談事業
・<相談支援事業>障害児相談・特定計画相談・一般地域相談を実施
福祉サービスを利用する障害児者の相談を受け、ニーズの整理、利用計画の作成、事業所調整、モニタリングを実施。
特に障害児の相談全般の「堺市のモデル」になることを使命として、事業実施及び関係機関連携をする。
・<障害児等療育支援事業>
障害や発達に不安のある子どもの地域生活を支援。対象は福祉サービスを利用していない0~18才の子ども。来所/訪問での相談、障害児通所事業所、学校、保育所等の関係機関からの依頼で障害支援の技術指導等を行う。

●地域活動支援事業 情報提供事業 セミナー活動事業 
堺市委託事業で、地域活動支援センターを運営。
基礎的事業:あらゆる障がい者・児、その家族の居場所。定期開所、カフェ対応、情報コーナー設置、相談対応。
専門的事業:グループワーク等、週2回程度 テーマ①発達障害者への支援 ②福祉用具等の利用支援場所
特別事業:①ぴーす主催 展示会、講演会、野外活動イベント ②外部依頼 展示会、講演会等

●販売事業
支援機器・福祉用具・書籍の販売
障害だけでなく、年齢や状態も制限なく、あらゆる対象者を想定し、支援グッズを手に取り、試し、選べる店舗
フィッティング、アフターケア重視。

●障害児通所支援事業
放課後等デイサービス・児童発達支援事業
学校通学中の児童は放課後デイ、それ以外は(0~20歳未満)児童発達支援として「通所によるサービス」を提供。
預かりを主とせず、友人と過ごす放課後や休日環境作り、
内容の濃い支援計画、集団プログラム重視、家庭支援への連動を実施。

●保育所等訪問支援事業
保育所幼稚園小学校特別支援学校の児童が集団生活を営む場所へ訪問し、障害児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援を行う。

現在特に力を入れていること

平成17年度から行っている、ぴーすの「障がい児・者の防災を考えるプロジェクト」。
(内閣府2005年防災教育チャレンジプランの実施団体に選ばれ、防災教育特別賞を受賞)
(※2005年防災教育チャレンジプラン http://www.bosai-study.net/2005houkoku/plan10/ )

その中の取り組みのひとつに防災勉強会があります。
「講演会」スタイルでは、多くの方々へ「障がい児・者の防災」について考える機会を提供することができます。しかしながら、日頃の備えについて行動を起こすには、もうひとつハードルがあることがみえてきました。それは、障害児者家族のニーズの多様性でした。
そこで、ひとりひとりの家庭環境にあった防災を考える勉強会を
少人数のワークショップ形式で開催できるよう、プログラムを開発しました。

現在、「ぴーすの防災ワークショップ」と命名し、各地のサークル、PTAなどから招聘され、活動を行っています。

今後の活動の方向性・ビジョン

【背景・課題】
社会情勢~時代の流れ をしっかりつかむ
◆企業をふくむ、さまざまな立場と協働することの広がり
◆障害者差別解消法施行による啓発ムードの高まり
◆高齢介護福祉で開始されるボランティア登用、その今後の広がり
◆障害児デイサービスに向けられる『一般社会』の厳しい目、予測される制度関連の変更
◆問題視される『進まない指定障害児相談』、現状の制度等で対応しきれない『障害児の相談ニーズ』

【パッション(情熱)】
◆「母親だから」と「母親だけど」のハーフ
◆「エンドユーザーである子どもの夢」を実現する集団でありたい!
◆計算の前に「やりたい」という気持ちを大事にする人たちが活躍する法人でありたい

【ミッション(使命)】
◆ぴーすらしいプロフェッショナルで、「エンドユーザーである子どもの夢」を実現する
ぴーすらしいプロフェッショナルとは
・市民活動としての信頼とは =ボランティアイズムあふれ、先駆的で 独創的な活動
・福祉事業としての信頼とは =デイとして、相談支援としてのプロフェッショナルな支援
・事務局としての信頼とは =事業と活動 双方を実施する法人としての安定・明確な運営
◆ぴーすで現実化されている「さりげない自己実現」を伝え、各々のチャレンジを広め、
「それが当たり前」とみんなが思う社会を作る。
新しいチャレンジ⇒『障がい者と生きる家族の暮らし』の新しい形を探る

定期刊行物

●情報提供のメールニュース「ふぁにぃ」:(配信:毎週火~土・祝日除く)
  福祉制度、講演会、セミナー、TV番組の紹介など、ありとあらゆるミニ情報を配信
 
 

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成24年度:JR西日本あんしん社会財団 防災ワークショップの開発
平成26年度:日本メイスン財団 放課後活動クラブの設備 
平成26年度:損保ジャパン記念財団 車両
平成29年度:独立行政法人 福祉医療機構 WAM助成 子育て家庭のための居場所運営
平成29年度:認定NPO法人サービスグラント プロボノ助成(印刷物)予定

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

特定非営利活動法人えんぱわめんと堺/ES
特定非営利活動法人法人 み・らいず
一般社団法人 PORO
堺市手をつなぐ育成会
いのちの講演会実行委員会
大阪大学大学院
大阪府立大学大学院

企業・団体との協働・共同研究の実績

(有)コラボねっと
株式会社ボーネルンド

行政との協働(委託事業など)の実績

H17.04.01:堺市委託事業「障害者生活支援センター」の開設(H23.03.31終了)
H18.04.01:堺市補助事業 放課後活動等補助事業の開始(H29.3.31終了)
H24.04.01:堺市委託事業「地域活動支援センター」の開設
H25.10.01:堺市委託事業「障がい児保護者支援ぴあリーダー養成事業」の開始(H27.03.31終了)
H26.04.01:堺市委託事業「療育支援事業 あいすてーしょん」の開始
H28.01.04:堺市委託事業「地域支援特別事業」の開始
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

正会員   22名 平成29・3.31現在

加盟団体

特定非営利活動法人 大阪NPOセンター

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
1名
非常勤
0名
2名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
常勤職員数
9名
役員数・職員数合計
42名
イベント時などの臨時ボランティア数
25名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
事業報告書
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら