特定非営利活動法人八峰町観光協会

基礎情報

団体ID

1525214969

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

八峰町観光協会

団体名ふりがな

はっぽうちょうかんこうきょうかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

観光客の安心・安全・満足度向上と、地域課題の解決を目標に取り組んでいます。能代山本地域をはじめ、お隣り青森県の深浦町、鰺ヶ沢町とも仲良く連携して活動しています。楽しい旅の橋渡し役として観光客をサポートします。

代表者役職

会長

代表者氏名

太田 治彦

代表者氏名ふりがな

おおた はるひこ

代表者兼職

能代山本地区観光連盟副会長、ルート101観光連絡協議会副会長、八峰白神ジオパーク推進協議会副会長

主たる事業所の所在地

郵便番号

018-2509

都道府県

秋田県

市区町村

山本郡八峰町

市区町村ふりがな

やまもとぐんはっぽうちょう

詳細住所

峰浜沼田字ホンコ谷地57-2

詳細住所ふりがな

みねはまぬまた あざほんこやち

お問い合わせ用メールアドレス

h-kanko@shirakami.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0185-76-4100

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

第2、第4火曜日休館

FAX番号

FAX番号

0185-76-3248

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

なし

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2016年1月21日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2016年4月21日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

秋田県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

23名

所轄官庁

秋田県

所轄官庁局課名

企画振興部地域活力創造課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、スポーツの振興、環境・エコロジー、災害救援、国際協力、国際交流、経済活動の活性化、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、観光、農山漁村・中山間、食・産業、漁業、林業

設立以来の主な活動実績

1設立の趣旨
現在の日本社会は、急激な少子・高齢化などにより、国の根本である人口減少が大きな課題となっている。併せて、経済のグローバル化や情報通信や交通網の発達などにより、首都圏から遠い農山漁村地域にある私たちの生活も便利になった反面、基幹産業である農林水産業では耕作放棄地や米価の低迷或は担い手確保が問題となり、町内には一人暮らし世帯が増え、管理の行き届かない空き家が多くなるなど様々な課題を抱える昨今である。
私どもの町でもこの30年の間、海や山の観光施設、農林水産業の直売所、或は町民の保養施設などの整備、それにイベントなどでも多くの資金を投入して地域の活性化と観光振興に官民あげて力を入れてきたところである。
特に、平成5年に白神山地が世界自然遺産に登録されたことから、町の観光のメーンとして期待されたが、最近の入山者数は激減しており、経済的効果がもたらされていないのが実情である。
従来の観光は、見る観光・遊ぶ観光が中心であったが、昨今の観光ニーズは、体験する観光、或は学ぶ観光、更にはその地域の個性を楽しむ所謂ツーリズムへと動いており、これにイベント性や国際性などが加味されてきている。
この様な中で、観光に期待される雇用や経済的効果などは大きいものがあり、白神山地などの自然や農村風景、歴史・伝統文化、固有の食材や料理、或は今ある数々の体験メニューといろんな施設を活用して再度町の活性化につないでいくことが求められている。
私ども観光協会は、任意団体として町の公園管理を行い、併せて町の観光PRや、広域連携事業の実施、或は“んめもの”まつりなどのイベントを町の財政支援に依存して今日に至っているが、眠っている観光資源を活かして、より多くの観光客を町に取り込み、町の活性化の先頭となることを決意した。
そのためには、指定管理事業を拡大すると共に、自主財源を確保して、積極的な活動ができる体制を作る必要があり、職員の身分を安定させ、今以上に世界自然遺産白神山地を活かしたエコツアーや、ジオポイントも含め、学校教育やまちづくりなども観光材料とし、ニューツーリズムの振興によって、中高生の修学旅行やインバウンドの誘致なども積極的に進める。
その中心となって活動するため「特定非営利活動法人八峰町観光協会」を設立し、新たな観光地づくりを目指すものである。

2経緯
これまでの観光協会は、予算も人も町に依存してきたが、平成24年にポンポコ山公園のパークセンターの完成に合わせて事務所をそこに移し、平成26年には公園管理の指定管理者になり、観光事業と公園管理を行う現体制となった。
町の支援を受けて体制を整備すると共に、イベントなども積極的に開催する中で、会員から更なる活動の展開に向けて協会の自立の話が出されたことを皮切りに、役員会でも法人化を目指す動きとなり、その後も何度となく検討するとともに、先進地の調査なども行ってきた。
平成27年8月には三役会議の中で具体的な話し合いがされ、その後数回の準備会を経て、平成28年1月21日の設立総会において法人化を議決し、正式に「特定非営利活動法人八峰町観光協会」を設立した。
2月3日に所轄庁へ設立認証申請を行い、2か月間の縦覧期間を経て、4月14日に秋田県知事より認証を受けた。5月2日に登記が完了し現在に至る。

団体の目的
(定款に記載された目的)

この法人は、広く一般の人々に対して、観光に関する事業を行い、八峰町及びその周辺地域の振興と活性化に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)特定非営利活動に係る事業
①観光誘客事業
②公園等管理事業

(2)その他の事業
①物産販売事業
②観光商品販売事業
③旅行業法に基づく旅行業

現在特に力を入れていること

ポンポコ山公園のにぎわい創出
地域資源を活かしたイベントの開催
地域外誘客に向けた人財育成、広域連携、プロモーション

今後の活動の方向性・ビジョン

域内の人口減少問題を、交流人口の拡大をもって克服することを目指す。
八峰町との関わりを持つ人の「数」「質」「時間」を伸ばす。
通過車が立ち寄り、立寄客が滞在し、滞在客が宿泊し、宿泊客が定住するための事業を推進する。

定期刊行物

会報きらり(毎月1回発行)*団体ブログで閲覧可

団体の備考

なし
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

八峰町観光協会補助金(八峰町より)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

・八峰町商工観光連携会議(八峰町産業振興課、白神八峰商工会)
八峰白神あわび認定グルメ料理の企画。
・ルート101観光連絡協議会(一般社団法人鰺ヶ沢町観光協会、一般社団法人深浦町観光協会)
県境を越えた広域観光事業(インバウンド)の推進。

行政との協働(委託事業など)の実績

ポンポコ山公園及びポンポコ山公園パークセンターの管理及び運営
御所の台オートキャンプ場の管理及び運営
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
406,000円
420,000円
寄付金
 
4,225,729円
0円
民間助成金
 
816,000円
0円
公的補助金
 
17,051,000円
16,850,000円
自主事業収入
 
1,401,600円
650,000円
委託事業収入
 
8,060,929円
7,467,000円
その他収入
 
12,529円
6,000円
当期収入合計
 
31,973,787円
25,393,000円
前期繰越金
 
0円
676,614円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
30,839,325円
25,809,000円
内人件費
 
15,130,461円
12,102,000円
次期繰越金
 
676,614円
60,614円
備考
 
法人税、住民税及び事業税 457848円
法人税、住民税及び事業税 200000円

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
406,000円
420,000円
受取寄附金
 
4,225,729円
0円
受取民間助成金
 
816,000円
0円
受取公的補助金
 
17,051,000円
16,850,000円
自主事業収入
 
1,401,600円
650,000円
(うち介護事業収益)
 
0円
0円
委託事業収入
 
8,060,929円
7,467,000円
(うち公益受託収益)
 
0円
0円
その他収益
 
12,529円
6,000円
経常収益計
 
31,973,787円
25,393,000円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
15,513,098円
12,900,000円
(うち人件費)
 
6,920,174円
5,365,000円
管理費
 
15,326,227円
12,909,000円
(うち人件費)
 
8,210,287円
6,737,000円
経常費用計
 
30,839,325円
25,809,000円
当期経常増減額
 
1,134,462円
-416,000円
経常外収益計
 
0円
0円
経常外費用計
 
0円
0円
経理区分振替額
 
0円
0円
当期正味財産増減額
 
676,614円
-616,000円
前期繰越正味財産額
 
0円
676,614円
次期繰越正味財産額
 
676,614円
60,614円
備考
 
法人税、住民税及び事業税 457848円
法人税、住民税及び事業税 200000円

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
1,560,076円
固定資産
 
221,603円
資産の部合計
 
1,781,679円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
1,105,065円
固定負債
 
0円
負債の部合計
 
1,105,065円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
676,614円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
1,560,076円
固定資産合計
 
221,603円
資産合計
 
1,781,679円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
1,105,065円
固定負債合計
 
0円
負債合計
 
1,105,065円
正味財産合計
 
676,614円
負債及び正味財産合計
 
1,781,679円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会(通常総会と臨時総会の2種)

会員種別/会費/数

正会員/2,000円~10,000円/98人

加盟団体

八峰白神ジオパーク推進協議会、白神八峰商工会、能代山本地区観光連盟、ルート101観光連絡協議会、秋田県観光連盟、秋田の観光創生推進会議

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
4名
非常勤
0名
2名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
17名
0名
常勤職員数
4名
役員数・職員数合計
23名
イベント時などの臨時ボランティア数
50名

行政提出情報

報告者氏名

太田 治彦

報告者役職

会長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

4100-05-005989

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

平成29年5月8日 監査実施済み
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
事業報告書
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
事業計画書
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

秋田・青森 観光的県境看板移設式

秋田・青森 国盗り網引き合戦