特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会

基礎情報

団体ID

1531180089

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

シャプラニール=市民による海外協力の会

団体名ふりがな

しゃぷらにーるしみんによるかいがいきょうりょくのかい

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

40年以上にわたり、南アジアで活動する日本の国際協力NGO。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

岩城 幸男

代表者氏名ふりがな

いわき ゆきお

代表者兼職

会社員

主たる事業所の所在地

郵便番号

169-8611

都道府県

東京都

市区町村

新宿区

市区町村ふりがな

しんじゅくく

詳細住所

西早稲田2丁目3-1早稲田奉仕園内

詳細住所ふりがな

にしわせだ わせだほうしえんない

お問い合わせ用メールアドレス

info@shaplaneer.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-3202-7863

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜18時00分

連絡可能曜日

火 水 木 金 土

備考

休日は、日・月、祝日、年末年始

FAX番号

FAX番号

03-3202-4593

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1972年9月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2001年8月1日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

40名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、災害救援、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、就労支援・労働問題、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

1972年に設立のバングラデシュの言葉・ベンガル語で「睡蓮の家」という意味
を持つ国際協力NGOです。バングラデシュやネパールで働く子どもや女性、災害
の多い地域に暮らす人々など経済発展や開発から「取り残された人々」への支
援活動を行っています。またフェアトレードやステナイ生活(本やCD、はがき
などの寄付)など市民参加の国際協力に取り組んでいます。これまでに外務大
臣特別表彰(89年)、毎日国際交流賞(93年)、朝日社会福祉賞(05年)、沖
縄平和賞(12年)を受賞しています。

団体の目的
(定款に記載された目的)

私たちは、南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を現地と日本国内で行い、すべての人びとがもつ豊かな可能性が開花する社会の実現を目指しています。(定款第3条「目的」より)

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

チョールにおける児童教育支援(バングラデシュ)
障害者のエンパワメント支援(バングラデシュ)
住民主体の災害リスク軽減活動(バングラデシュ)
家事使用人として働く少女たちへの支援活動(バングラデシュ)
バングラデシュ北西部先住民族の子どもたちの文化教育支援(バングラデシュ)
チッタゴン丘陵地域における先住民族支援活動(バングラデシュ)
住民主体の洪水リスク削減プロジェクト(ネパール)
カトマンズ盆地におけるレストラン児童労働の予防と削減への取り組み(ネパール)
西ベンガル州北東部の紅茶園スラム居住者支援(インド)
東日本大震災・被災地支援活動
災害緊急支援・復興支援活動
手工芸品販売による生産者の生活向上支援活動(フェアトレード)
バングラデシュ・ネパールへのスタディツアー
講演会や勉強会などの国際協力への理解促進活動
開発教育および出版活動
知的貢献活動
上記に付随する諸活動

現在特に力を入れていること

開発や他の支援から「取り残された人々」への支援

今後の活動の方向性・ビジョン

1.「取り残された人々」への取り組みを強化します
2.「取り残された人々」を取り巻く周辺の組織や人々にも積極的に働きかけていきます
3. 日本のわたしたちも当事者という認識とそれに基づいた行動を広げていくために、情報発信や具体的な活動の場やしくみを創っていきます
4. 媒介者として当事者同士の経験交流やネットワーキングに努めます
5.「生産者の生活向上」を第一としてクラフトリンク活動を進めていきます
6.「取り残された人々」の現実および問題の構造を深く理解し、それを適切に支援していくための技能を高めていきます
7. これまで力を入れてこなかった他の分野・地域についても可能性を探ります
8. 理解者・支援者を増やし組織を一層充実させます

定期刊行物

「南の風」(ニュースレター、3月、6月、9月、11月発行:約3,700部)
「もうひとつの南の風」(オピニオン誌、8月・2月発行:約3,700部)
「年次報告書」(6月発行:1500部)
「フェアトレード通販カタログ」(8月・2月発行:約40,000部)
メールニュース
「シャプラリンクマガジン」(ボランティア情報など、月2回発行:約3,300通)
「Craft Link 通信」(手工芸品情報、発行不定期:約9,000通)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

●バングラデシュ
・特定非営利活動法人アーユス=仏教国際協力ネットワーク(パートナーシップ事業:ストリートチルドレン支援活動評価)
・財団法人大竹財団(次世代を担う青少年や障害者へのコンピューター研修)
・外務省(日本NGO 連携無償資金協力:家事使用人として働く少女支援・2件)
・日本労働組合総連合会(連合)(愛のカンパ:取り残された人のエンパワメント)
・UI ゼンセン同盟(ボランタス活動:児童教育・少女グループ支援)
・独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構(国際ボランティア貯金:取り残された人のエンパワメント)
●ネパール
・外務省(日本NGO 連携無償資金協力:住民主体の洪水リスク削減プロジェクト、カトマンズ盆地におけるレストラン児童労働の予防と削減の取り組み)
●インド
・三井住友銀行ボランティア基金(西ベンガル州北東部の紅茶園スラム居住者支援)
●日本
・Direct Relief International(米国)(東日本大震災・被災地支援活動)
・International Medical Corps(米国)(東日本大震災・被災地支援活動)
・公益財団法人大阪コミュニティ財団(中学生・高校生フォーラム/中学生・高校生スタディツアー)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・国際協力NGOセンター(JANIC)(理事長)
・日本NPOセンター(副代表理事)
・東京ボランティア・市民活動センター(運営委員)
・東京都国際交流・協力TOKYO 連絡会(運営委員)
・開発教育協会(DEAR)(理事)
・社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(会員)
・シーズ=市民活動を支える制度をつくる会(会員)
・CSR推進NGOネットワーク(メンバー)
・フェアトレード推進会議(メンバー)
・フェアトレードタウン・ジャパン(会員、認定委員)
・WFTO(世界フェアトレード機構、プロビジョナルメンバー)
・東日本大震災支援全国ネットワーク(メンバー)

企業・団体との協働・共同研究の実績

●ステナイ生活で協働
日産自動車株式会社、三菱自動車工業株式会社、株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン、株式会社ハローズ、ファイザー株式会社、財団法人ベターホーム協会、日本ユニシスグループ、長岡市国際交流センター「地球市民の会」、UIゼンセン同盟、保谷第二小学校、北九州市立大学など多数
●クラフトリンク(フェアトレード)で協働
ダイエーユニオン、キッコーマン株式会社、札幌友の会など多数
●企業・団体の社員有志による社会貢献クラブとの協働
パナソニック株式会社「Panasonicハートフルクラブ」、三菱商事株式会社、三井住友銀行「三井住友銀行ボランティア基金」、リコー社会貢献クラブ「FreeWill」、自然派くらぶ生活協同組合 虹の会など
●本業による社会貢献・連携
NTTレゾナント株式会社「緑のgoo」、ブックオフコーポレーション 「ステナイ生活 with BOOKOFF」(ステナイBOOK)、デルタ航空「スカイウィッシュ・アジア」、CARE-WAVE実行委員会「CARE-WAVE AID」など

行政との協働(委託事業など)の実績

●バングラデシュ
・独立行政法人国際協力機構(JICA)(草の根技術協力事業:洪水常襲地でのコミュニティ開発、サイクロン常襲地でのコミュニティ開発)
・日本貿易振興機構(JETRO)(開発輸入企画実証事業:石けんプロジェクト)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員総会

会員種別/会費/数

正会員:年会費1口12,000円
シャプラニールの目的に賛同し、活動を積極的に担う意思を持つ個人ならば、どなたでも正会員になれます。年1回開催される会員総会での議決権があり、活動計画や予算策定などの議論に参加し、団体運営から参画できます。

賛助会員:年会費1口6,000円
シャプラニールの目的に賛同し、円滑な事業を支援するための個人会員です。会員総会での議決権はありません。

学生賛助会員:年会費1口3,000円
学生向けの会員種別です。総会での議決権はありません。

団体賛助会員:年会費1口30,000円
団体(非営利組織)向けの会員種別です。総会での議決権はありません。

企業賛助会員:年会費1口50,000円
企業(営利企業)向けの会員種別です。総会での議決権はありません。

加盟団体

国際協力NGOセンター(正会員)、日本NPOセンター(正会員)、開発教育協会(正会員)

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
25名
非常勤
1名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
13名
0名
常勤職員数
25名
役員数・職員数合計
40名
イベント時などの臨時ボランティア数
300名

行政提出情報

報告者氏名

中田 豊一

報告者役職

代表理事

法人番号(法人格を取得した時の番号)

0111-05-001755

認定有無

認定あり

認定年月日

2011年7月8日

認定満了日

2016年7月31日

認定要件

相対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら