特定非営利活動法人しあわせなみだ

基礎情報

団体ID

1564643680

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

しあわせなみだ

団体名ふりがな

しあわせなみだ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

■事業の特徴
1)やることは性暴力そのものへのケアだけではない
性暴力で負った心身の傷をケアするだけでなく、今後の人生をしあわせで健康に生きられるための情報・支援提供を手掛けることが特徴です。

【Cheering Tears】
性暴力という出来事と対峙し、自分の人生に位置づけることを応援する事業です。対峙する前は、「性暴力に遭わなかった人生」と「今の人生」を比較し、その違いを「悪かったこと」としか認識できません。でも、対峙できると、「性暴力に遭わなかった人生」と「今の人生」を比較する必要がないことに気づきます。「今の人生」は「かけがえのない素晴らしい人生」であり、他の誰でもない、自分が主人公となり、生きていくことができるようになります。

【Beautiful Tears】
性暴力に遭うと、そこだけにスポットライトが当たりがちです。でも、実際は、性暴力に遭う前に生きてきた道のりがあり、性暴力の後にも、長い人生があります。性暴力等の困難によって、人生が終わるわけではないのです。これからの長い人生を歩んでいくために、自分に自信を持ち、輝いて欲しい、幸せに生きて欲しい。「Beautiful Tears」は、美容の力で、これからの人生を輝かせるきっかけをつくります。

【Revolutionary Tears】
性暴力は、それを許す社会構造が存在するために、起こります。性別、人種、国籍、宗教、年齢、経済力、体力等といった要素が「性的支配」を可能にしています(例えば、「女は従順であるものだ」「子どもは大人のどんな言うこともきかなければならない」といった考え方は、「従わない女や子どもの力による支配」につながります)。これらは社会に当たり前のように浸透しているので、その力関係に気づくことがとても難しいです。性暴力の背景にある社会構造に働きかけ、性暴力を許さない風土を醸成します。


2)対象は性暴力に遭った方だけではない
性暴力に遭った方だけでなく、身近な人が被害に遭った方、公的機関・教育機関の方、性暴力被害をゼロにしたい方に対する情報・支援提供を手掛けることが特徴です。

【身近な人が被害に遭った方】
身近な人が被害に遭った方は、被害に遭われた方に対して、様々な感情が湧きあがります。それは、身近な人が被害に遭った方も、性暴力加害者から影響を受ける「被害者」だからです。メッセージを発信することで、自身も被害者であることに気づき、今後被害に遭われた方、そして自身とどう向き合っていくかを考えるきっかけをつくります。そして、被害に遭われた方への支えになることを応援します。

【公的機関】
性暴力被害に遭われた方が最初に向かうのが、公的機関(警察・自治体)です。被害に遭われた方が心の傷を乗り越える上で、公的機関がどれだけ適切かつ迅速に対応できるかが、大きく影響します。公的機関に働きかけることは、性暴力被害者へのよりよい対応を促すだけでなく、「公が本気で性暴力ゼロに取り組んでいる」ことを広く伝え、性に暴力を振るう人への抑止力につながります。

【教育機関】
性に暴力を振るう人は、それが人権侵害であることに気づいていません。また被害に遭われた方は、「加害者によって人権を侵害された」にも関わらず、「人権を侵害された自分」を責めてしまいがちです。教育機関(小中学校・高校・専門学校・大学)の先生から子どもたちに、「性」そして「生」の大切さを伝えることは、互いを尊重し、他人への偏見や差別意識をなくすことにつながります。「性」そして「生」に対する正しい知識は、「性暴力はあってはならない」という考えを浸透させます。

【性暴力被害をゼロにしたい方】
どんなに性暴力に遭った人を支援しても、性暴力はなくなりません。性に暴力を振るう人がゼロになれば、性暴力はなくなります。一人ひとりの性行為がすべてが愛あるものならば、性暴力はゼロになるのです。より多くの人に性暴力ゼロに関心を持ってもらうこと。"やさしさ""愛情""気遣い"を持って他人と接し、対等な関係を築くこと。"命の尊さ"や"いたわりの精神"によって、人権侵害である性暴力をなくせること。すべての人の「性」そして「生」に関わる「性暴力」が有する"関わりづらさ"を取り去り、行動できる事業を展開していきます。

代表者役職

理事長

代表者氏名

中野 宏美

代表者氏名ふりがな

なかの ひろみ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

東京都

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

お問い合わせ用メールアドレス

info@shiawasenamida.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

東京都

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2009年1月11日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2011年7月19日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

14名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、地域安全、人権・平和、男女共同参画、就労支援・労働問題、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)

設立以来の主な活動実績

■活動実績
【2016年】
2016年2月 私立大東学園高等学校で「性暴力被害に寄り添って」をテーマに講演
2016年1月 性教育研究会で講演
2016年1月 厚生労働大臣宛に、35の組織団体が賛同した「児童福祉法改正案に対する要望書」を提出

【2015年】
2015年11月 法政大学法学部「NPO論」で『社会を変える取り組み~性暴力のない世界へ~』をテーマに講演
2015年11月 「声なき声を聴く~暴力に遭ってしまう人生を考える」開催
2015年9月 第63回日本社会福祉学会で「インターネット署名が実現するソーシャルアクション― 1 ヶ月で14,000 筆の賛同を得た、性暴力被害者に対する人権擁護活動 ―」をテーマに報告
2015年7月 第23回日本社会福祉士学会で「アウトリーチを通じた若年女性支援の課題~家に帰れない187名にのべ216泊を提供~」をテーマに報告(共同研究者:橘ジュン)
2015年6月 性暴力被害者支援情報マッチングシステム「サイレント・ティアー」リリース(2015年度ボランティア・市民活動支援総合基金「ゆめ応援ファンド」助成)
2015年4月 真如苑2015年度多摩地域市民活動公募助成「DV・失業等により施設で暮らす女性・子どものための自活応援講座」実施
2015年3月 東京都福生市公民館講座「大切な人を支えたい~DV防止講座~」で講演
2015年3月  神奈川県横浜市栄区主催「さかえgirls day 2015」にDV被害者支援ブースを出展
2015年2月 東京都西東京市パリテまつりで「性暴力から子どもを守る」をテーマに講演
2015年1月 署名サイトChage.orgにて、宮崎強姦ビデオ加害者側弁護士懲戒請求、ならびに被害者に対する不当な圧力をなくす仕組みの構築を求める署名を実施
2015年1月 東京都「犯罪被害者等の実態に関する調査」協力

【2014年】
2014年11月 法務省「性犯罪の罰則に関する検討会」ヒアリングに参加
2014年11月 立川市デートDV防止講座「リベンジポルノから自分・わが子を守る」をテーマに講演
2014年10月 「女の子の幸せを願うファッションショー」開催
2014年9月 内閣府「第2次犯罪被害者等基本計画」の見直しに関する要望・意見聴取会に参加
2014年4月 公益財団法人日工組社会安全財団広域安全事業「施設職員を対象とした性犯罪等の暴力被害者支援スキルアップ事業 」を開始
2014年3月 東京都福生市公民館講座「子どもを加害者にも被害者にもしない 保護者のためのデートDV防止講座」で講演

【2013年】
2013年6月 子ども・女性を対象とした虐待連鎖防止事業を開始(平成25年度独立行政法人福祉医療機構助成事業)
2013年2月 障害者とともに「現実(イマ)」を考えよう 連続講座開催(平成24年度共生社会を創る愛の基金助成事業)

■設立経緯
理事長中野が、友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。 「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。

■代表者略歴
中野宏美(なかのひろみ)
1977年東京生まれ。東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士・精神保健福祉士。

団体の目的
(定款に記載された目的)

【目的】
*2047年までに性暴力をゼロにする
・すべての人が幸せで健康に過ごすことができるよう、
 この世で最も人々の幸せと健康を脅かし、
 人権を侵害する行為である性暴力をゼロにするために、
 様々な活動に取り組んでいきます。
※2047年は「4(しあわせ)7(なみだ)年」、しあわせなみだイヤーです。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1) Cheering Tears
性暴力等に遭った方を応援する事業です
・施設で暮らす女性・子どもを対象とした自活応援講座
・性暴力当事者のピアサポート・グループ「Tear’s Cafe」
・ウェブサイトを通じた、性暴力ゼロに関する情報のプラットフォーム構築
・性暴力被害者支援情報マッチングシステム「サイレント・ティアー」

2) Beautiful Tears
性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる事業です。
・一人で暮らすことが難しい女性・子どもをヘアサロンのカットモデルとして紹介
・施設で暮らす女性を対象としたメーク講座

3) Revolutionary Tears
性暴力ゼロを実現するために、社会に働きかける事業です。
・自治体・公的機関に対する性暴力ゼロ研修・講演・コンサルティング
・施設職員を対象とした講座
・ウェブサイトならびにブログでの情報提供
・行政への意見提出

現在特に力を入れていること

1) 性暴力撲滅に向けた社会啓発
どんなに性暴力に遭った方を支援しても、性暴力はなくなりません。そこで「しあわせなみだ」では、性暴力を許さない風土の醸成に向け、市民を対象とした啓発活動に力を入れています。
具体的な活動として、2014年10月、性暴力撲滅を啓発するファッションショーを開催しました。クラウドファンディング(サイトを通じた資金調達)を通じて市民から72万円を集め、日本の流行の発信地である渋谷で、100名が来場するイベントとなりました。
 2015年1月には、性犯罪裁判の加害者側弁護士が、強姦時のビデオ処分と引き換えに示談を要求する弁護を不当とする、ソーシャル署名を募りました。市民からの署名14,000筆を、日本弁護士連合会ならびに県弁護士会に提出しました。
 また、これまでの研修・講演に加え、2015年7月ならびに9月には、学会での発表も行いました。
 こうした活動を通じて、より多くの市民が、性暴力に関心を持つよう、働きかけています。

2)性暴力被害者の支援機関へのアクセス環境の改善
 内閣府の調査では、レイプに遭った女性の67%は、誰にも相談していません。そこで「すあわせなみだ」では、性暴力に遭った方が支援機関にアクセスしやすい環境の整備に向け、様々な取り組みを実施しています。
 具体的な活動として、2015年6月、性暴力被害者支援情報マッチングシステム「サイレント・ティアー」をリリースしました。これは、性暴力に遭った方が性暴力被害に関する用語を検索すると、支援機関への相談を促すリスティング広告が表示される仕組みです。検索表示されるURLの多くがアダルトサイトであることと、被害の相談先の存在を知らない方の、支援機関へのアクセスを実現しました。
 また、団体のウェブサイトやブログ等を通じて、支援機関の広報を積極的に行っています。

3)Revolutionary Tearsの研修実施機関の拡大
性暴力に遭った方の多くが相談に向かうのが、公的機関です。また、学校や施設など、公的機関の中に、性暴力に遭った方が所属していることは少なくありません。このため、公的機関で働く人々が、性暴力に対する正しい知識とスキルを有していることが、性暴力の存在に気づき、早期に適切に対応し、性暴力を乗り越える上で、非常に重要です。
 「しあわせなみだ」では、自治体・公的機関に向けた研修やコンサルティングを実施することで、性暴力に対する誤解をなくし、本人に寄り添った対応ができること、そして再発を防止するにはどうすれば良いかを、共に考え、提案しています。


今後の活動の方向性・ビジョン

【ビジョン】
*2047年までに性暴力をゼロにする
※2047年は「4(しあわせ)7(なみだ)年、しあわせなみだイヤーです

定期刊行物

メールニュース「Tear's Letter」配信
・毎週(連休・年末年始を除く)
・登録はこちらから→http://shiawasenamida.org/m07_03

活動報告書
・毎年度
・2014年度版(2014年10月~2015年9月)はこちら→http://goo.gl/9zbbyx

団体の備考

【団体名】 
*しあわせなみだ
サバイバー(性暴力被害者)、サポーター(性暴力被害者の家族、
パートナーなど)が流す涙が「しあわせなみだ」になるように・・・。
その涙はいつか必ず「しあわせなみだ」になる!という想いを込めて、
この名を一人でも多くの人に届けていきたいと思います。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

▼性暴力被害者支援情報マッチングシステム「サイレント・ティアー」 (2015年度ボランティア・市民活動支援総合基金「ゆめ応援ファンド」助成)
▼「DV・失業等により施設で暮らす女性・子どものための自活応援講座」(真如苑2015年度多摩地域市民活動公募助成)
▼施設職員を対象とした性犯罪等の暴力被害者支援スキルアップ事業 (平成26年度公益財団法人日工組社会安全財団広域安全事業)
▼子ども・女性を対象とした虐待連鎖防止事業(平成25年度独立行政法人福祉医療機構助成事業)
▼連続講座「障害者とともに「現実(イマ)」を考えよう」(平成24年度共生社会を創る愛の基金助成事業)
▼シンポジウム「暴力に遭った人に寄り添うこと」(平成24年度東京ウィメンズプラザ DV被害者支援体制整備等 助成事業)
▼施設で暮らす女性を対象としたメーク事業(平成24年度独立行政法人福祉医療機構助成事業)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

▼「DV・失業等により施設で暮らす女性・子どものための自活応援講座」(真如苑2015年度多摩地域市民活動公募助成)で2団体と連携し、5の社会福祉施設にて講座を実施
▼施設職員を対象とした性犯罪等の暴力被害者支援スキルアップ事業 (平成26年度公益財団法人日工組社会安全財団広域安全事業)で1団体と連携し、5の社会福祉施設にて講座を実施
▼子ども・女性を対象とした虐待連鎖防止事業(平成25年度独立行政法人福祉医療機構助成事業)
5団体と連携し、11の社会福祉施設にて講座を実施
▼施設で暮らす女性を対象としたメーク事業(平成24年度独立行政法人福祉医療機構助成事業)
1団体と連携し、4の社会福祉施設にて講座を実施
▼震災後の女性・子ども応援プロジェクト(2011年3月~10月)
2011年3月11日に発生した、東日本大震災後、被災地での性暴力をなくすために、2団体と連携し、啓発活動を実施

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

実績なし
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

10月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 会費
78,000円
78,000円
78,000円
寄付金
700,423円
87,502円
300,000円
民間助成金
564,379円
60,000円
2,500,000円
公的補助金
0円
678,166円
0円
自主事業収入
833,160円
0円
1,660,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
27円
3円
0円
当期収入合計
2,175,989円
903,671円
4,538,000円
前期繰越金
2,357円
4,465円
170,801円
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
当期支出合計
2,171,524円
737,335円
4,460,000円
内人件費
633,754円
129,400円
1,300,000円
次期繰越金
6,822円
170,801円
248,801円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 受取会費
78,000円
78,000円
78,000円
受取寄附金
700,423円
87,502円
300,000円
受取民間助成金
564,379円
60,000円
2,500,000円
受取公的補助金
0円
678,166円
0円
自主事業収入
833,160円
0円
1,660,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
27円
3円
0円
経常収益計
2,175,989円
903,671円
4,538,000円
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)予算
内訳 事業費
1,921,739円
409,476円
4,155,000円
(うち人件費)
633,754円
129,400円
1,300,000円
管理費
249,785円
327,859円
305,000円
(うち人件費)
0円
0円
0円
経常費用計
2,171,524円
737,335円
4,460,000円
当期経常増減額
4,465円
166,336円
78,000円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
0円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
4,465円
166,336円
78,000円
前期繰越正味財産額
2,357円
4,465円
170,801円
次期繰越正味財産額
6,822円
170,801円
248,801円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
66,822円
170,801円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
66,822円
170,801円
<負債の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
60,000円
0円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
60,000円
0円
<正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
6,822円
170,801円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
66,822円
170,801円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
66,822円
170,801円
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
60,000円
0円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
60,000円
0円
正味財産合計
6,822円
170,801円
負債及び正味財産合計
66,822円
170,801円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会ならびに総会

会員種別/会費/数

(1) 入会金  
正会員 (個人・団体)  6000円
賛助会員(個人・団体)   500円
正会員、賛助会員とも、入会金は初年度年会費を兼ねる

(2) 年会費  
正会員 (個人・団体)  6000円
賛助会員(個人・団体)一口 500円(一口以上)

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
14名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
14名
イベント時などの臨時ボランティア数
10名

行政提出情報

報告者氏名

中野 宏美

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

0106-05-002414

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
決算報告書(貸借対照表)
 
決算報告書(財産目録)
 
事業報告書
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
事業計画書
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら