一般社団法人子ども・若者応援団

基礎情報

団体ID

1572107843

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

子ども・若者応援団

団体名ふりがな

こども わかものおうえんだん

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

 子ども、若者、親および家族に対して、精神的・社会的な自立支援とその支援者の知識および技能の啓発・研鑽に寄与することを目的に、2013年に設立しました。子どもをまん中に据えた子ども支援の実現を目指し、①居場所事業②学び・仲間づくり事業③受託事業の3つの柱から成り立っています。
 ①居場所事業では、「寺子屋みらいin善宗寺」での活動を中心に、教職経験者やソーシャルワーカーの専門職のスタッフを中心に教育と福祉の両面から地域の子ども若者の支援にあたっています。一人ひとりの夢や希望に満ちた自立を支えるために高校卒業を目指すこととさまざまな学びや経験、新たな出会いを通じて自己肯定感を高めることを目指しています。また、活動時間を10時〜20時50分としたり減免制度を導入によって、子どもが希望すれば受け入れる対象を限定しない工夫をしています。さらに、会場とする寺院を地域拠点として多くの地域の住民を子ども支援者として巻き込みコミュニティ力の向上を目指しています。
 ②学び・仲間づくり事業では、子ども支援者交流会、子ども支援者のためのソーシャルワーク講座、子どもソーシャルワーク研修会を開催を通して、子どもの支援者が集い、学び合い、つながり、子ども支援の質の向上を目指しています。
 ③受託事業では、スクールソーシャルワーカー、スーパーバイザー、特別支援学校の外部専門員の派遣や自治体のシンポジウムの企画運営などをおこなっています。2016年6月には世田谷区が主催する子どもの貧困対策シンポジウムの開催、さらに子ども支援者のための勉強会の企画・運営に携わりました。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

竹村 睦子

代表者氏名ふりがな

たけむら むつこ

代表者兼職

たけむら社会福祉士事務所 ソーシャルワーカー

主たる事業所の所在地

郵便番号

157-0094

都道府県

東京都

市区町村

世田谷区

市区町村ふりがな

せたがやく

詳細住所

玉川3-20-11-306 たけむら社会福祉士事務所内

詳細住所ふりがな

たまがわ たけむらしゃかいふくししじむしょない

お問い合わせ用メールアドレス

jyca_nikotama@yahoo.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-3707-0678

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~20時50分

連絡可能曜日

火 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2001年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年10月28日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

12名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、福祉、教育・学習支援、地域・まちづくり、人権・平和、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援

設立以来の主な活動実績

 2001年児童館を居場所とする子どもたちの学習支援を提供する目的で寺子屋を開設。そして、寺子屋に通う子どもの定時制高校入学をきっかけに地域に高校卒業まで継続支援が可能な新たな居場所づくりとそれを支えるより多くの子ども支援者が集い、学び合い、つながり合う必要性を強く感じたことが動機付けとなり、2013年一般社団法人子ども・若者応援団を社会福祉士4人で立ち上げた。
2001 寺子屋開設(居場所・学習支援・みんなで夕食)
2013 一般社団法人 子ども・若者応援団設立
2014 第1回子ども支援者交流会開催
    (基調講演『子どもたちとの良き出会いのために〜ソーシャルワークの観点から〜』
     山下英三郎先生(日本社会事業大学名誉教授)
   第2回子ども支援者交流会
(基調講演『発達障害から子どもを考える』
宮尾益知先生(医学博士ど んぐり発達クリニック院長) 
   第1期子ども支援者のためのソーシャルワーク基礎講座開講
2015 子どもソーシャルワーク研究会開始
   第1期子ども支援者のためのソーシャルワーク応用講座開講
   第2期子ども支援者のためのソーシャルーク基礎講座開講 
   第3期子ども支援者のためのソーシャルワーク基礎講座開講
   第3回子ども支援者交流会開催
   (基調講演『“子どもの最善の利益”と教育〜<能力と発達と学習>をめぐって』
    加瀬進先生(東京学芸大学特別支援科学講座・教授) 
2016年寺子屋みらいin善宗寺開設
   第4回子ども支援者交流会開催
   (基調講演『子育て・子育ちの共同と子ども支援者の役割』
    森本扶先生(『子ども白書』編集長 埼玉大学・国士舘大学ほか非常勤講師))
   第4期子ども支援者のための基礎講座開講
   第2期子ども支援者のためのソーシャルワーク応用講座開講
 代表理事竹村睦子は、2001年より地域で子ども支援を対象としたソーシャルワーカーとして活動を開始、一方で寺子屋を地域住民と共に始めた。2006年には地域の活動拠点としてたけむら社会福祉士事務所を開業した。また、2007年よりスクールソーシャルワーカーとして、都内の複数の自治体のスクールソーシャルワーク事業の導入に関わり、現在も自治体のスクールソーシャルワーカーとして活動を続ける一方で特別支援学校の外部専門員としても活動をしている。2013年一般社団法人子ども・若者応援団を社会福祉士4人で立ち上げ、代表理事に就任した。2015年には世田谷区子ども・青少年協議会委員(地方青少年問題協議会法に基づく区長の附属機関)に就任した。

団体の目的
(定款に記載された目的)

子ども、若者、親および家族に対して、精神的・社会的な自立支援とその支援者の知識および技能の啓発・研鑽に寄与する。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1、寺子屋みらいin善宗寺
中学生高校生を対象に、個別学習支援をおこなう学びと出会いの場です。子どもひとりひとりの自立を支えるために高校卒業を目指します。講師のほとんどが教師経験者です。必要な場合は、ソーシャルワーカーが個別相談、家庭訪問、学校や関係機関との調整などをおこないます。
活動日時 / 毎週金曜日 10:00〜20:50(自分に合わせて都合のいい時間帯に参加する) 
場所 / 善宗寺(世田谷区上野毛4-25-7) 参加費 / 15,000円/月(減免制度あり)

2、外部専門員、スクールソーシャルワーカースーパーバイザーなどの受託
 特別支援学校の外部専門員として学校の自立に向けた取り組みにおける教員に対する指導及び助言、学校に在籍する児童・生徒の社会的自立に向けた取組に関する助言や相談や情報提供、スクールソーシャルワーカーのスーパーバイザーとしてSSW及び活用事業全体のアドバイスや研修を行います。

3、毎日文化センター子ども支援者のためのソーシャルワーク基礎講座/応用講座
 ソーシャルワークの4つのテーマについて学び、子ども支援力を身につける事を目指します。
①子どもの困難な状況を理解し、必要な支援を理解する。
②子どもに関わるための基本姿勢やプロセスを理解する。
③さまざまな気づきから支援者として質の向上を目指す。
④支援者の孤立を防ぎ、支援者同士の共助の関係を築く。

4、子ども支援者交流会
 地域には、既に、それぞれの現場で日々頑張っている支援者たちがいます。しかし、子どもたちが、困難な状況を無事に乗り越えていくためには、子どもの今に合わせたちょうどの支えが必要です。支援を必要としている子どもたちが、途中で支援の枠からこぼれ落ち孤立しないために、子ども支援者たちが集い、学び合い、繋がるための交流会です。前半は基調講演、後半は交流会の二部構成です。
 
5、子どもソーシャルワーク研究会
 スクールソーシャルワーカーなどの子ども支援者や子ども支援を目指す方が集まり、話し合い学習をします。互いに学び合い、子どもを中心の支援について社会に発信していくことを目指します。

現在特に力を入れていること

本年度4月より、居場所と学習支援を提供する「寺子屋みらいin善宗寺」を、毎週金曜日10時から20時50分に開催しています。不登校、全日制・定時制・通信制それぞれの高校に通う全ての中高生を対象に、子ども自身が希望することを唯一の入会要件とし、善宗寺の全面的な協力を得て場所を確保し、個別の学習指導をおこない高校卒業を目標とします。スタッフは大学名誉教授、校長経験者、塾講師経験者、現役のスクールソーシャルワーカーなど教育と福祉のエキスパートがそれぞれの役割を担い、必要に応じて在籍校や関係機関との連携恊働を行っています。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

 

会員種別/会費/数

 

加盟団体

 

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
12名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

 

報告者役職

 

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

 

監査の実施

未実施

監視・監督情報

 
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
 
 
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
 
 
2018年度(前年度)
 
 
2017年度(前々年度)
 
 
2016年度(前々々年度)
 
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら