童楽寺ホーム(任意団体)

基礎情報

団体ID

1580410007

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

童楽寺ホーム

団体名ふりがな

どうがくじほーむ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

わかやまNPOセンター

認証日:2010年2月27日

団体の概要

 童楽寺ホームは、和歌山県から養育里親の認定(和歌山県里親会会員)をいただき、児童虐待を始め、悩み多き児童達を和歌山県児童相談所・児童養護施設などからお預かりし、家族として一緒に暮らしています。
 平成28年から、厚生労働省が定めた第二種社会福祉事業で【小規模住居型児童養育事業】である【ファミリーホーム】を運営し、家庭環境を失った児童を家庭に迎え入れて養育する【家庭養護】を実施しています。
 現代版寺子屋として「ありがとう」・「ごめんなさい」と言える当たり前の生活を目指し、ボランティアさんと一緒に児童達(里子)の情操教育に努めています。
 また、ボランティアと子ども達(里子)の世代間交流を目指し、人間関係の構築を目的とする「寺子屋教室」として、お寺に宿泊して「プチ一休さん体験」も実施しています。
■厚生労働省認定(第二種社会福祉事業)【小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)】活動
■和歌山県知事認定の養育里親活動 
■里親啓発活動 
■プチ一休さん体験活動 
■これらの活動に関わるボランティア活動(世代間交流活動)

代表者役職

代表理事(管理者)

代表者氏名

安武 隆信

代表者氏名ふりがな

やすたけ りゅうしん

代表者兼職

童楽寺住職

主たる事業所の所在地

郵便番号

640-1481

都道府県

和歌山県

市区町村

伊都郡かつらぎ町

市区町村ふりがな

いとぐんかつらぎちょう

詳細住所

新城533-1

詳細住所ふりがな

しんじょう

お問い合わせ用メールアドレス

info@dogakuji.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0736-26-0855

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

0736-26-0855

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2008年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

和歌山県

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

役員数・職員数合計

7名

所轄官庁

厚生労働省

所轄官庁局課名

和歌山県 福祉保健部 福祉保健政策局 子ども未来課 児童福祉班
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、福祉、教育・学習支援、地域・まちづくり、人権・平和、男女共同参画、農山漁村・中山間

設立以来の主な活動実績

●【設立経緯】
■H18.2 代表理事の長女誕生を契機に地域(山間部)の過疎化・少子化問題など教育環境異変に懸念
■H18.3~ 「子ども達のために何かできるはず」をキーワードに地域有識者会談 
■H18.4 「現代版寺子屋」(里親ホーム)開設決定
■H18.12 和歌山県知事から養育里親認定
■H19.3 里親ホーム開設の志を地域の小学校と共に朝日新聞で報道。続々とボランティア集まる
■H20.4  現代版寺子屋「童楽寺ホーム」オープン
■H20.5~ 和歌山中央児童相談所から被虐待児童など養育委託開始。

●【代表者経歴】(安武隆信)
■昭和51年生まれ(大阪市東淀川区)
■高野山大学仏教学科卒業(平成10年)
■和歌山県知事から養育里親認定(平成18年~)
■「こどもの寺 童楽寺」住職就任(平成19年~)
■(財)和歌山県健康生きがいアドバイザー協議会最優秀賞受賞(平成20年)
■かつらぎ町ボランティア連絡協議会理事就任(平成20年~)
■(財)全国青少年教化協議会から「正力松太郎賞(青年奨励賞)」受賞(平成22年)
■和歌山県知事認定第10号 専門里親認定(平成24年)
■(公社)日本青年会議所【第28回 人間力大賞】(青年版国民栄誉賞)
【内閣総理大臣奨励賞】【日本放送協会(NHK)奨励賞】受賞(平成26年)
■【和歌山県里親会会長賞】受賞(平成28年)
■【かつらぎ100選】(平成29年)

団体の目的
(定款に記載された目的)

高野山の麓である童楽寺ホームを背景とする地域で、伝統的な風習を通じ、人間関係の構築を図ることを目的とします。また、児童虐待などの社会問題にも危惧し、少子高齢化・過疎化の進む山村を何とか活性化させたいという思いで、平成20年より子どもに関する活動を開始し、幅広く取り組んでいます。
■児童の情操教育・世代間交流を図ります。 
■自他ともにボランティア活動に取り組みます。
■里親活動(ファミリーホーム)を通じ、童楽寺ホームの目的に則り、児童の養育に努めます。
■その他、童楽寺ホームが認める活動を適宜、取り組みます。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

●童楽寺ホーム定款 第4条(団体活動の種類)より、活動内容を解釈 
■厚生労働省認定(第二種社会福祉事業)【小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)】活動
■和歌山県知事認定の専門里親活動 
■里親啓発活動・児童虐待防止啓発活動(年3回・地域自治体イベントにて開催のため対象人数不定数) 
■「プチ一休さん体験」「青年の居場所」活動(主に長期休暇中活動・年約20名)
■これらの活動に関わるボランティア活動(世代間交流活動・14名登録) 
■かつらぎ町地域子育て支援センター「子育てサークル」(季節限定)活動 (年1回・親子で約20名)

現在特に力を入れていること

童楽寺ホーム定款 第4条(団体活動の種類)より、活動内容を解釈します。
さらに、和歌山県知事認定の養育里親活動の経験を生かし、 
①孤立社会・無縁社会といわれる現代社会に「つながり」を取り戻すべく、健全な人間関係の構築を目的とし、特に元気な和歌山っ子の育成に努めます。
②世界遺産・高野山の麓である大自然をフルに活用し、孤立している親子に「居場所」となれるような継続した「つながり」の再構築も役割としています。

今後の活動の方向性・ビジョン

 当活動を通じ、現代特有の「少子化」ならぬ「少親化」による、虐待や育児放棄などにより、家庭での養育が困難な児童が増加し、家庭に代わる社会的養護の必要性が、強く求められている現状を認識することができました。
 また、日本の経済成長は著しく、国民の物質的な豊かさは言うまでもなく、一方では家庭という根本的な基盤が軟弱化して、地域における人間関係の構築が希薄化、児童達が被害者となっていることも事実であります。
 そこで、童楽寺ホームでは、ボランティアとともに、児童福祉活動(里親活動・世代間交流活動)を取り組むことになりました。
 将来を担う里子や子ども達のためにも、地域再生においても、あらゆる福祉活動の原点として、童楽寺ホームが担う役割の必要性をを感じています。
 その企てとして、活動の担い手となる豊富な人材やノウハウを掘り起こし、リンクさせることであると考えています。具体的に社会福祉協議会やNPO(市民)団体を始めとする協力機関との連携を密接にしながら、社会的資源の活用を図り、相互に共通課題を見出すと共に、将来を担う子ども達を見守る活動「居場所づくり」を展開したいと考えています。

定期刊行物

■名称「童楽寺だより」
■頻度 年2回(部数1500)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

◎平成29年度実績
■(社福)和遊協社会福祉事業協力会助成金
■住友生命保険相互会社 第11回スミセイ未来賞

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

◎平成29年度実績
■(特活)みんなの家「お坊さんと遊ぼう」
■和歌山県ファミリーホーム研修会
■かつらぎ町ボランティアまつり(かつらぎ町ボランティア連絡協議会)
■和歌山県ボランティア連絡協議会(講演会)
■(社福)和歌山県社会福祉協議会(社会福祉教育委員)
■(公社)全国里親会会長賞受賞

企業・団体との協働・共同研究の実績

◎平成29年度実績
■イオン黄色いレシートキャンペーン開始(毎月11日)
■植田農園みかん狩り体験実習

行政との協働(委託事業など)の実績

◎平成29年度実績
■和歌山中央児童相談所 委託措置児童(里子)委託3名
■和歌山中央児童相談所 一時保護委託(里子)1名
■紀南児童相談所 委託措置児童(里子)委託式1名
■かつらぎ町子育て支援センター 「童楽寺であそぼ」 

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

任意団体「童楽寺ホーム」定款第5章(総会)より
■総会(年1回)
任意団体「童楽寺ホーム」定款第6章(理事会)より
■理事会(月1回)

会員種別/会費/数

任意団体「童楽寺ホーム」定款第3章(会員)より
総会員数14名(2018年4月1日現在)
■正会員7名
●賛助会員7名
■会費無料

加盟団体

★和歌山県里親会★日本ファミリーホーム協議会★和歌山県ボランティア連絡協議会★かつらぎ町ボランティア連絡協議会★かつらぎ町青少年連絡協議会★全国青少年教化協議会

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
1名
非常勤
3名
0名
無給 常勤
0名
1名
非常勤
2名
0名
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
7名
イベント時などの臨時ボランティア数
14名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
2017年度(前年度)
 
2016年度(前々年度)
 
2015年度(前々々年度)
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

アクセスマップ

「童楽寺ホーム」オリジナルロゴ