NPOももやま子ども食堂(任意団体)

基礎情報

団体ID

1628402297

法人の種類

任意団体

団体名(法人名称)

NPOももやま子ども食堂

団体名ふりがな

えぬぴいおうももやまこどもしょくどう

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

2015年5月「ももやま子ども食堂」は地域の子ども達を、地域で見守り育てる為に任意団体として設立いたしました。
現在の事業は毎週土曜日開催の子ども食堂と平日の夜の子どもの居場所作り(トワイライトステイ)。沖縄県内では以前より、自宅で1人又は兄弟だけで食事をとる子どもの割合が全国平均の2倍という報告があります。また、県内においては子どもの貧困率29.9%と言う数字が示されています。貧困=経済的困窮+社会的孤立と言われており、特に子どもにとっては経済的困窮に起因する様々な体験の不足が自己肯定感や希望の喪失に繋がるとも指摘されています。地域の中で子どもの育ちを支える居場所づくりが急務であると考えます。
ももやま子ども食堂の5つの基本理念、
①子どもの最善の利益を考えること
②遊びの場・休息の場であること
③学びの場であること(自信と自己肯定の場)
④こども一人ひとりを大切に出来る場であること(子どもの自尊心を守り育てる)
⑤子ども同士、共に助け合っていける場であること
これらを柱に据えながら、個々の困り感を解決するために、個別の支援計画を作成しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

白坂 敦子

代表者氏名ふりがな

しらさか あつこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

904-0032

都道府県

沖縄県

市区町村

沖縄市

市区町村ふりがな

おきなわし

詳細住所

諸見里2-2-2 1階

詳細住所ふりがな

もろみざと

お問い合わせ用メールアドレス

momoyamakodomo@gmail.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

080-6489-3263

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

10時00分〜19時00分

連絡可能曜日

月 火 木 金 土

備考

FAX番号

FAX番号

098-911-5498

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

904-0032

都道府県

沖縄県

市区町村

沖縄市

市区町村ふりがな

おきなわし

詳細住所

諸見里2-2-2 1階

詳細住所ふりがな

もろみざと

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2014年4月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

沖縄県

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

役員数・職員数合計

6名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、福祉、教育・学習支援、地域・まちづくり、地域安全、人権・平和、国際交流

設立以来の主な活動実績

現在は毎月100名前後の地域の子どもたちに来てもらい一緒に食事をして、室内、外遊び等の活動をしています。
また、県内初の試みということで県内外から見学に見えて、毎月多数の講演依頼を頂いています。
沖縄県内では以前より、自宅で1人又は兄弟だけで食事をとる子どもの割合が全国平均の2倍という報告があります。また、県内においては子どもの貧困率29.9%と言う数字が示されています。貧困=経済的困窮+社会的孤立と言われており、特に子どもにとっては経済的困窮に起因する様々な体験の不足が自己肯定感や希望の喪失に繋がるとも指摘されています。地域の中で子どもの育ちを支える居場所づくりが急務であると考えます。
沖縄県内初となる「ももやま子ども食堂」開設は、県内において多くの反響を呼び、一年の間に県内に於いて20以上の同様な団体が立ち上がりました。この事は、以前より子どもの置かれている状況が厳しいという認識を多くの人達が持っていた事、子どもの為に何かしたいと言う意識の表れだと思います。食を通じた子ども大人も繋がる地域創りは、子どもの育ちを、地域社会が支えると言う子どもへのメッセージだと感じます。
同時に、子どもが抱えさせられている課題も山積しており、困り感を抱えた子どもは丁寧で息の長い関わりが必要です。その改善の為には連携は欠かせません。コミュニティソーシャルワーカーやスクールソーシャルワーカーとチームを組み、自治会や学校、民生委員等地域事情や子どもの様子を把握する人々と連携し、居場所の必要性や実践を行いながら、地域で子どもの育ちを支える意味を、丁寧な関わりの中から共有していければと考えています。その関わりの中で、ニーズの在る子どもを掘り起こし、支援に結び付けていける取り組みを図っていきたいと思います。

団体の目的
(定款に記載された目的)

沖縄市の子どもの最善の利益と健全育成を目的に、地域住民同士が助け合って、以下の子どもに関する事業を行うことにより、もって地域の福祉の推進に寄与することを目的とする。
①子どもの居場所づくり
②子どもの食育
③子どもと地域住民等との交流
その他の事業
①食事提供
②学習支援
③生活支援
④キャリア形成

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

現在の活動は子ども食堂の運営と夜の居場所の2つ。
4つの柱として、食事の提供、学びの支援、生活支援、キャリア教育を実践しています。

子ども食堂の運営を通して地域のコミュニティレストランを目指し、地域のボランティアの方々からの協力を得ながら誰もが安心して食事ができる場所作りを行っています。食をきっかけとした地域の関係作りを目的としています。

また、夜の居場所運営では放課後を一人または兄妹のみで過ごす子どもたちに週に1回楽しく安心して過ごせる時間、空間を提供しています。中学高校と進んでいく子どもたちが困ってしまった時に、頼ってもらえる関係づくりを目指しています。
そのためにももやま子ども食堂として、個別支援と包括支援という2種類の支援を行います。
その児童の基本情報をもとにアセスメントを作成し、個別支援計画を立てていきます。
また、その支援計画の策定に当たってはその児童が関係する様々な機関との連携、役割分担が重要であると考えます。多くの大人が一人の児童を支え見守る仕組み作りを意識し包括的な支援と個別支援の両輪で対応していきます。

現在特に力を入れていること

①楽しい居場所作り
楽しく通ってもらえるような活動プログラムを作っています。室内遊び、ハロウィン等イベント企画、パン作り、デイキャンプ等、体験等遊びの機会が少ない子どもたちに様々な体験を提供します。
②関連団体との連携構築
包括支援を目的に多角的な視点で子どもたちを見守り支えることが必要です。そのためにも学校を含めた既存の組織、団体との連携構築を図っています。
③スタッフのスキルアップ
県内で企画される子どもの貧困関連の研修に参加し、理解を深めています。毎月1回関係団体との事例検討会では、個別支援に関するアセスメントの作成方法など具体的なワークを学んでいます。

今後の活動の方向性・ビジョン

今後の目標の一つとして、「ももやま子ども食堂」を沖縄市におけるローカルセンター(地域連携とネットワーク)として機能させていければと考えます。
活動地域において子ども地域包括センターのような機能を備えていきます。現在の子どもたちの実践を積み上げると同時に、既存のネットワークがより生かされるような地域の子どもを取り巻く現状をリノベーションしていく団体としてさらなるレベルアップを目指します。

定期刊行物

団体の備考

今後の目標の一つとして、「ももやま子ども食堂」を沖縄市におけるローカルセンター(地域連携とネットワーク)として機能させていければと考えます。
活動地域において子ども地域包括センターのような機能を備えていきます。現在の子どもたちの実践を積み上げると同時に、既存のネットワークがより生かされるような地域の子どもを取り巻く現状をリノベーションしていく団体としてさらなるレベルアップを目指します。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成28年度沖縄市こどもの居場所運営支援事業
平成28年沖縄こども未来プロジェクト支援金

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

平成28年度沖縄市こどもの居場所運営支援事業として、沖縄市諸見里地域で平日の夜の居場所事業、土曜日の子ども食堂を実施。
実施期間 平成28年8月1日~平成29年3月31日
利用者数 延べ683名 101回対応(平日、子ども食堂、イベント含む)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

500万円~1,000万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
6名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら