特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター

基礎情報

団体ID

1629733328

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ひろしまNPOセンター

団体名ふりがな

ひろしまえぬぴーおーせんたー

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

ひろしまNPOセンター

認証日:2013年10月8日

団体の概要

●情報受発信によるネットワークで社会的課題解決をめざすNPOの支援を行います。
●NPOを担う人材の発掘と力量形成のための役割をはたし、政策提言できる組織づくりの役割を担います。
●地方分権の確立・地域の自立のため地域のNPOをサポートします。
●行政・企業との協働を促進するよう働きかける役割を担います。
●シンク&ドウタンクを目指します。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

安藤 周治

代表者氏名ふりがな

あんどう しゅうじ

代表者兼職

特定非営利活動法人ひろしまね理事長

主たる事業所の所在地

郵便番号

730-0013

都道府県

広島県

市区町村

広島市中区

市区町村ふりがな

ひろしましなかく

詳細住所

八丁堀3-1幟会館2階

詳細住所ふりがな

はっちょうぼりさんのいちのぼりかいかんにかい

お問い合わせ用メールアドレス

info@npoc.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

082-511-3180

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

082-511-3179

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

730-0051

都道府県

広島県

市区町村

広島市中区

市区町村ふりがな

ひろしましなかく

詳細住所

大手町1-5-3 県民文化センター6F

詳細住所ふりがな

おおてまち けんみんぶんかせんたー

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1997年9月13日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1999年10月22日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

広島県

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

28名

所轄官庁

広島市

所轄官庁局課名

市民局 市民活動推進課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

市民活動団体の支援

設立以来の主な活動実績

1997年9月13日 ひろしまNPOセンター設立(事務所:中区橋本町)
広島県内のNPO・市民活動団体1,000団体へアンケート実施
NPO法人制度、制定に向けた働きかけ
1998年3月19日 NPO法(特定非営利活動法人促進法)成立
3月25日公布/12月1日施行
1999年 「ひろしまNPO活動奨励賞」開始(NTTドコモ中国ほか) ~2012
2000年 「NPOフォーラム2000中国・四国会議」共催開催(約900名参加)
11月1日 特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター設立・登記
2001年 10月1日 認定NPO法人制度スタート
広島市と連携し、中区八丁堀で「インキュベート共同事務所運営事業」開始 ~現在
広島県労働金庫(現在の中国労働金庫)と協働し、「NPO寄付システム」開始 ~現在
2002年 学生のNPOインターンシッププログラム開始 ~H.18
2003年 中国郵政公社と連携し、寄付システム「ひろしまNPOサポート倶楽部」構築 ~現在
2004年 「日米NPOフォーラムin広島」開催
2005年 「社会貢献奨励賞」受賞(郵政公社中国支社)
2006年 「NPO支援財団研究会in中国」開催
2007年 『ひろしまNPOなんでも大百科』を中国新聞社より発行
2008年 経済産業省、中国ニュービジネス協議会と「中国地域CB/SB推進協議会」設置 ~現在
2009年 広島県から「雇用創出基金事業・緊急雇用対策基金事業」受託 ~2011
「ひろしまイーパーツリユースPC寄贈事業」開始 ~現在
2010年 アサヒビール株式会社、広島県と連携した「広島の海の環境づくりプロジェクト」開始 ~現在
株式会社アスカネットとの協働事業「NPO広報活動支援事業」開始 ~2012
7月20日 NPO法人会計基準策定 平成23年11月10日の一部改正を経て現在に至る
NPO法人サービスグラントと連携し「プロボノ事業」準備開始 ~現在
厚生労働省 基金訓練事業「ひろしま社会的事業チャレンジ教室」受託 ~2011
2011年 東日本大震災被災地・被災者支援のためのNPO支援・連携事業開始 ~現在
環境省「中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)運営業務」開始 ~現在
広島県「新しい公共支援事業」受託 ~2012
2012年 日本NPO学会第14回年次大会広島開催(広島市立大学、ひろしま美術館)共催・協力
 4月1日 改正NPO法施行 認証・認定機関が広島県・広島市に変更。仮認定制度開始
11月 設立15周年記念フォーラム開催
2013年 広島県「新しい公共支援事業取りまとめ調査」受託 ~
福山市「ふくやま♡まちづくり大学」受託 ~
大学連携室(サテライトキャンパスひろしま)開始

団体の目的
(定款に記載された目的)

私たちの使命は、社会変革のアクターとして市民と活発にコミュニケーションを行い、人々が生きる地域や現場に立脚しつつ、グローバルな視点をもって活動するNPOを育成することです。その上で、自立した市民の参画、多様な主体間の連携・協働により、様々な社会的課題の解決を図り、持続可能な強い市民社会を創造することです。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

1.情報の収集・提供
(NPOに関わる人・組織・イベントその他の情報を収集・整理し提供、及びニュース、書籍の発行)

2.セミナーや学習会の開催
(NPOの社会的役割・NPOの組織運営・助成金の確保やNPO法の問題などに関する講座・フォーラム等の開催)

3.各種相談と支援
(NPOの組織づくりや活動資金の集め方など活動の活性化のための相談や支援)

4.調査・研究と政策提言
(NPOの活動実態・課題の調査、活動基盤充実のための研究、課題解決に向けた政策提言)

5.ネットワークと連携
(交流会の開催・情報交流・企業・行政とNPOのパートナーシップによるセミナー等開催)

現在特に力を入れていること

NPOに対する支援機能強化とひろしまNPOセンター自身の組織運営体制の確立
寄付文化(ファンドレイジング)の育成、強化。

今後の活動の方向性・ビジョン

2012年度作成 ビジョン・中期計画より

① ひろしまNPOセンター自らが、市民・NPOを結集したプロジェクトを立
  ち上げ、企業・大学・行政等、地域の様々な主体と連携し、社会的課題の解
  決を図ります【行動する】
② 社会的課題解決にチャレンジする人材と、市民性・社会変革性・組織安定性
  の高いNPOを育成します【支援する】
③ 社会に対して影響力のある発信・提言を行います【発信する】

定期刊行物

●メールマガジン(不定期)

NPOをめぐる全国的な動き、広島県内のNPO情報、助成金情報、NPO税、法制度の課題等の情報を掲載

団体の備考

2005年、郵政公社中国支社から「社会貢献奨励賞」受賞
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2008年度実績
・広島県共同募金会

●寄贈プロジェクト(物品寄付のコーディネート事業)
 「シュレッダー寄贈プログラム」
 「什器の寄贈プログラム」
 「ひろしまイーパーツリユースパソコン寄贈プログラム」

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

●NPO講座~人材育成プログラムの開発~
●NPO法・税制度改革研究会(地方幹事団体)
●NPO会計基準協議会参加(世話団体)
●IIHOE「協同環境“活用度”調査」協力
●中国地域CB/SB推進事業(社団法人中国地域ニュービジネス協議会)
●広島県共同募金助成事業(NPO法人キャリアネット広島との協同事業)

企業・団体との協働・共同研究の実績

●トヨタ財団地域社会プログラム
●ひろしまNPO活動奨励賞(2001年~)
   新しい事業をやろうにも資金のないNPOとNPOに寄附をしたい企業を結ぶプログラム。
●ろうきんNPO寄付システム(2002年度~)
   中国労働金庫との協働により本寄付システムにお申し込みの方の口座から寄付をいただく。
   毎年分野ごとに配分希望団体を募集し、選考のうえ配分する。
●ひろしまNPOサポート倶楽部(2005年度~)
   日本郵政公社の時代より会員様の郵便貯金口座よりご寄付をいただくシステム。
   毎年配分希望団体を募集し、選考のうえ配分する。
●コミュニティ・ハイツ プロジェクト
 ~高齢者・子育て世代にやさしい地域貢献型多世代賃貸住宅推進プロジェクト~

行政との協働(委託事業など)の実績

●拠点提供事業
  広島市と協働し、NPO・市民団体向けの活動拠点を提供する共同事務所事業
●広島市 市民交流フ゜ラサ゛「NPO相談会」への相談員派遣
●廿日市市 市民活動センター 相談ネットワークに登録、相談対応
●厚生労働省「地域貢献活動分野における職業能力開発推進体制整備モデル事業 (コミュニティ・ビジネス支援事業)
●広島県緊急雇用対策基金「NPO法人活動促進事業」
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

●総会(年1回開催)
●理事会(適時開催)

会員種別/会費/数

・正 会 員[個人・NPO] 5,000円 [行政・企業]30,000円
・協力会員[個人・NPO] 3,000円 [行政・企業]10,000円
 ※会費は年間・1口の金額

【会員数】※2014年2月現在
 *正会員   個人…52/NPO・団体…126
 *協力会員  個人…21/NPO・団体…43/企業…1

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
2名
9名
非常勤
0名
9名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
15名
0名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
28名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら