特定非営利活動法人特定非営利活動法人シマフクロウ・エイド

基礎情報

団体ID

1650093204

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

特定非営利活動法人シマフクロウ・エイド

団体名ふりがな

とくていひえいりかつどうほうじんしまふくろうえいど

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

 私たちは、北海道のみに生息し絶滅が危惧されるシマフクロウの保護を
 町内外の賛同者、企業、団体、行政の協力や支援を得ながら進めるNPO法人です。

 調査や生息地パトロールなど当団体で実施する「保護・保全活動」で得られた成果を
 国の保護増殖事業に還元するほか、
 環境教育や広報活動など当団体や外部組織等と協働して実施する「普及・啓発活動」を
 推進しています。

 シマフクロウの暮らしやすさをテーマに、
 地域の環境保全に住民主体で取組み、
  生物多様性保全と地域創生の両立につなげ、
 シマフクロウ安定した未来を目指します。                     

代表者役職

代表理事

代表者氏名

菅野 正巳

代表者氏名ふりがな

すがの まさみ

代表者兼職

環境省嘱託シマフクロウ保護監視員、環境省委嘱希少野生動植物種保存推進員

主たる事業所の所在地

郵便番号

088-1364

都道府県

北海道

市区町村

厚岸郡浜中町

市区町村ふりがな

あっけしぐんはまなかちょう

詳細住所

茶内若葉2丁目36番地

詳細住所ふりがな

ちゃないわかば

お問い合わせ用メールアドレス

office@fishowlaid.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0153-65-2183

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時30分〜17時00分

連絡可能曜日

火 水 木 金

備考

事務所ご訪問の際などは事前にご連絡いただけますようお願いいたします

FAX番号

FAX番号

0153-65-2183

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

0時00分~23時59分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2008年6月17日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2008年6月24日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

北海道

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

11名

所轄官庁

北海道

所轄官庁局課名

環境生活部くらし安全局道民活動文化振興課推進グループ
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、農山漁村・中山間、学術研究(理学)

設立以来の主な活動実績

●保護・保全事業
 複数エリアで繁殖ペアのモニタリング調査を実施し10数羽の雛の巣立ちを確認(2008~2017年)
 分散した若鳥の生息確認調査を実施し、複数の繁殖ぺアと単独個体を数羽確認(2008~2017年)
 繁殖ペアーの生息地パトロール適期に実施(2008年~2017)
 地域の造船所で専用巣箱を制作し、環境省の巣箱かけ事業で山林に設置(2009年) 
 その後定期的に生息確認調査実施(2009年~2016年)
 おさかな寄付で活魚を購入し専用給餌池に定期放流。2008~2017年迄74回2160kg放流
 シマフクロウの将来の生息環境向上のため、確実に根付く広葉樹の植林を実施(2013年)
 植林後の草刈や電気柵の効果、野生動物の入り込み等を検証中(2013~2017年)
 保護事業が行われている給餌池にてシマフクロウの給餌の実態調査実施(2016年~2017年) 

●人材育成事業
 保護の担い手を発掘するセミナーを実施し5名参加(2008~2009年)
 保護調査員志望者1名を受入。帝京科学大学にてシマフクロウ講座実施50名参加
 JICA-国際協力機構より野生動物保護管理をテーマに講師受託(2013年~2014年)
 公益財団法人キープ協会より野生動物との共存をテーマに視察研修受託(2014年)
 林野庁北海道森林管理局よりシンポジウム「巡視パトロールの最前線」で基調講演受託(2013年)
 公益財団法人知床財団より講演会「私たちの町のシマフクロウ」で基調講演受託(2013年)
 浜中町よりガイド講習会講師受託(2013年)
 釧路地区地域子ども会育成指導者研究協議会より講師受託(2014年)
 卒業論文で「シマフクロウの普及・啓発」に取組む釧路公立大学学生の質疑に対応(2015年)
 釧路総合振興局森林室の職員研修でスライドトーク開催(2017年)
 NPO法人えんの森(浜中町)主催「川と森がつなぐもの」3者報告会に登壇(2017年)
●環境教育事業
 地域の子供向け野外体験活動を計4回実施し40人が参加
 地域の小学校で出前授業「シマフクロウ学習」を8回実施し107人が参加(2013年~2017年)
●エコツーリズム事業
 シマフクロウが直面する課題や保護活動への理解を深めるツアーを開催
 会員限定で17回実施し18名が参加(2008~2015) 観察目的ではありません
●広報事業
  シマフクロウの現状や保護活動紹介するスライドトークを21回開催し約500名が参加。
 パネル展を3回開催し約1200人が参加(2008~2017年)
 募金活動:目的別の4寄付を募集し9カ年で約1000人が支援に参加。全額目的事業に充当
 ホームページやSNSで活動発信(2008~2017)
 サポーター限定で会報を発行(2017年12月で90号目発行)
 町広報・自治会配布チラシで活動広報(2008~2017年)
 ウェブサイトリニューアル、英語ページ制作・リリース(2017年) 
 新聞、雑誌、ラジオなどマスメディアで活動紹介(2008~2017年)
●受賞歴
  北海道新聞社より「第10回北海道新聞北のみらい奨励賞」受賞(2011年)
  国連生物多様性の10年日本委員会より「生物多様性アクション大賞」入賞(2017年)

団体の目的
(定款に記載された目的)

 この法人は、世界では日本とロシアの一部、国内では北海道のみ生息しており、 絶滅危惧種にも指定されているシマフクロウの現状を多くの人に伝え、保護・保全活
動を行っている人達を支援し、行政や企業、市民とのパートナーシップのもとに、シ
マフクロウの保護活動を行うものとする。さらに、次世代へ繋がる新たな人材の育成
と自然や生態系の保全を通して地域資源を再認識し、地域の活性化、シマフクロウの 保護・保全活動の促進に寄与する事を目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

活動の柱は下記の2つ
●シマフクロウの生息調査や生息地パトロール、補助給餌、植林など『保護・保全を推進する活動』
●環境教育、広報など『普及・啓発を推進する活動』

現在特に力を入れていること

●シマフクロウの保護保全を推進するため、
 ・シマフクロウの保護事業が行われている給餌池において、
  今まで明らかわれていない給餌量等の実態調査を2016年より実施中。 
 ・関係地域の学校児童を対象に、シマフクロウをテーマとした環境教育を実施。
 ・当活動への自分ごとを進めるスライドトークを町内外で開催。 
 
●シマフクロウなど希少種の生息環境保全に関心を高め、意識向上を図るために、
 ・サポーター向けの会報発行。(2017年12月現在NO.90発行)
 ・地域広報で呼びかけ。 
 ・多様な主体と課題解決に向けて協働すること。
 ・多くのセクターの知恵や力を集めて社会の関心層(自分ごと)を広げ、
  波及の原子となる地域に根差した活動を高めていくこと。


今後の活動の方向性・ビジョン

 シマフクロウは100年前頃、北海道中に約1000羽生息していたと想像されています。しかし、開拓と急速な開発で50年程前には70羽まで激減し34年前から研究者や国の保護事業が始まりました。現在数百羽まで回復しましたが未だ絶滅危惧種のトップです。
「北海道の自然ってすばらしい」とよく称賛されますがシマフクロウの視点ではどうでしょうか?
実は、緑の回廊の分断や森や川の生き物が減り困っていることが沢山あります。

この解決には、関係地域の協力をはじめ利用する様々な主体の理解や配慮が不可欠です。
先住民アイヌの人々は村を守る神として崇めたことから身近な鳥だったことがわかります。

私たちは、生態系の頂点の‘シマフクロウの暮らしやすさ’をテーマに、地域の基幹産業の元締めでもある森林環境の保全に地域を核に連携し取り組むことで、持続可能な地域社会と希少種を含む生物多様性が保全された‘包括的な環境保全’に発展させ根付いていくことを目指します。

定期刊行物

会報「コタンコルカムイ」
 ・2008年12月~2017年12月までに90号発行。
  2008年12月~2015年12月まで月刊。 2015年4月以降隔月発行。

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

●助成金
1 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
2 株式会社ラッシュ・ジャパン
3 パタゴニア日本支社
4コンサベーションアライアンス
5ザ・ボディショップニッポン基金
6はまなか農地・水保全協議会
7プロボネット
8認定NPO法人サービスグラント
9ほっくー基金
10一般財団法人せせらぎ財団
11北海道新聞野生生物基金
12サントリー世界愛鳥基金
13越智基金 市民活動支援基金
14Soup Tech Japan

●その他の支援
1 セブン-イレブン発行広報誌にて当団体活動紹介。
2 株式会社ラッシュジャパンより、当団体活動紹介付き商品が国内各店で販売。
3株式会社モンベルより、商品の特別価格購入等。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストと協働し、環境教育を実施。
 2008年度:「シマフクロウ勉強会」
 2010年度:「鳥博士になろう!」


・市民団体WHY NOT CULB様主催の「シマフクロウ・エイドチャリティイベント」にて、
 当NPOがゲスト参加しシマフクロウの保護活動などご紹介。収益を保護活動へ寄付頂いている(2014~2017年)

・ ほんとほんと様主催「科学の本を楽しむイベント・ たんとたんと 2015」にて、
当サポーター様による「シマフクロウ・エイド はじまり物語」紙芝居を発表。

企業・団体との協働・共同研究の実績

・公益財団法人日本野鳥の会のシマフクロウ生息調査に協力。(2011年度)

・株式会社三菱地所様の環境CSRにより「スライドトーク」開催場所のご提供(2012年~2015年度)

・認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト主催のイベントに後援(2014年度、2015年度)

行政との協働(委託事業など)の実績

・釧路総合振興局森林室森林整備の間伐等予定地において、
 シマフクロウの生息・繁殖への影響について事前確認など協議。(2008年~2017年度)

・浜中町、浜中町教育委員会(事業の後援)
 シマフクロウ・エイド活動パネル展開催(2011、2012、2013年度)
シマフクロウ・エイド講演会・スライドトーク開催(2008~2017年度)

・浜中町役場(事業への協力)
 地域住民に向けたシマフクロウ調査等への協力を呼びかける広報配布等(2008~2016年度)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

1月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
778,000円
749,000円
900,000円
寄付金
1,232,026円
1,119,173円
1,350,000円
民間助成金
1,599,119円
2,000,000円
1,900,000円
公的補助金
0円
301,438円
400,000円
自主事業収入
272,521円
165,520円
260,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
237円
99,140円
500,000円
当期収入合計
3,881,903円
4,434,271円
5,310,000円
前期繰越金
2,768,696円
2,986,692円
2,316,885円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
3,993,907円
4,702,258円
5,310,000円
内人件費
1,289,300円
1,458,750円
1,284,000円
次期繰越金
2,986,692円
2,986,885円
2,316,885円
備考
経常外収益は有形固定資産(調査用カメラ)です。

使途が制約された寄付金等の内訳配架の通りです。当法人の正味財産は2986692円ですが、そのうち1422937円は翼機の保護保全支援事業と普及啓発事業に使用される財産です。732806円は固定資産となります。したがって、使途が制約されていない正味財産は830949円です。
経常外費用計は、固定資産除去損となります。(自然災害による損失:カメラ231000円、小型無人航空機170820円)
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
778,000円
749,000円
900,000円
受取寄附金
1,232,026円
1,119,173円
1,350,000円
受取民間助成金
1,599,119円
2,000,000円
1,900,000円
受取公的補助金
0円
301,438円
400,000円
自主事業収入
272,521円
165,520円
260,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
237円
99,140円
500,000円
経常収益計
3,881,903円
4,434,271円
5,310,000円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
2,483,473円
3,195,994円
3,690,000円
(うち人件費)
660,500円
708,750円
780,000円
管理費
1,540,434円
1,576,264円
1,620,000円
(うち人件費)
628,800円
750,000円
504,000円
経常費用計
3,993,907円
4,702,258円
5,310,000円
当期経常増減額
-112,004円
-267,987円
0円
経常外収益計
330,000円
0円
0円
経常外費用計
124,600円
-401,820円
0円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
217,996円
-669,807円
0円
前期繰越正味財産額
2,768,696円
2,986,692円
2,316,885円
次期繰越正味財産額
2,986,692円
2,986,885円
2,316,885円
備考
経常外収益は有形固定資産(調査用カメラ)です。

使途が制約された寄付金等の内訳配架の通りです。当法人の正味財産は2986692円ですが、そのうち1422937円は翼機の保護保全支援事業と普及啓発事業に使用される財産です。732806円は固定資産となります。したがって、使途が制約されていない正味財産は830949円です。
経常外費用計は、固定資産除去損となります。(自然災害による損失:カメラ231000円、小型無人航空機170820円)
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
2,253,886円
1,259,718円
固定資産
732,806円
1,057,167円
資産の部合計
2,986,692円
2,316,885円
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
0円
0円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
0円
0円
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
2,768,696円
2,986,692円
当期正味財産増減額
217,996円
-669,807円
当期正味財産合計
2,986,692円
2,316,885円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
2,253,886円
1,259,718円
固定資産合計
732,806円
1,057,167円
資産合計
2,986,692円
2,316,885円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
0円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
0円
0円
正味財産合計
2,986,692円
2,316,885円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

・総会(年1回開催)
・理事会(随時開催)
・事務局

会員種別/会費/数

会員総数160名(2017年12月現在)
・個人会員/3,000円
・サポーター会員/一口10,000円
・法人会員/一口10,000円3口以上

加盟団体

なし

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
1名
非常勤
0名
1名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
2名
0名
常勤職員数
1名
役員数・職員数合計
11名
イベント時などの臨時ボランティア数
5名

行政提出情報

報告者氏名

菅野 直子

報告者役職

事務局長

法人番号(法人マイナンバー)

0000530222542

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

当団体の監査役員1名により、毎年通常総会前に開催する理事会後に監査を実施しています。今年は平成30年2月6日に実施しました。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
2016年度(前々年度)
2015年度(前々々年度)
2014年度
2013年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
2017年度(前年度)
2016年度(前々年度)
2015年度(前々々年度)
2014年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら