特定非営利活動法人京都景観フォーラム

基礎情報

団体ID

1664328737

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

京都景観フォーラム

団体名ふりがな

きょうとけいかんふぉーらむ

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

きょうとNPOセンター ステップ2

認証日:2015年12月12日

団体の概要

 京都景観フォーラムは、地域の主体的な景観まちづくりを支援する専門家のネットワークを有しています。京都景観エリアマネジメント講座には、建築、土木、造園、法律、不動産、デザイン、行政、まちづくりなど多様な分野から専門家が集まっており、これらが景観まちづくりを支えるネットワークを形成し、日々切磋琢磨しています。
 また、2014年8月29日付で、京都市から、景観法に基づく景観整備機構に認証されました。

代表者役職

理事長

代表者氏名

内藤 郁子

代表者氏名ふりがな

ないとう いくこ

代表者兼職

一級建築士事務所アトリエむべ主宰

主たる事業所の所在地

郵便番号

603-8178

都道府県

京都府

市区町村

京都市北区

市区町村ふりがな

きょうとしきたく

詳細住所

紫竹 下梅ノ木町 16番地8

詳細住所ふりがな

しちく しもうめのきちょう 

お問い合わせ用メールアドレス

kkf@kyotokeikan.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

075-354-5224

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

075-491-9663

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

600-8191

都道府県

京都府

市区町村

京都市下京区

市区町村ふりがな

きょうとし しもぎょうく

詳細住所

五条高倉角 堺町 21番地 ジムキノウエダビル206

詳細住所ふりがな

ごじょうたかくらかど さかいまち

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年7月4日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2011年11月11日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

京都府

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

12名

所轄官庁

京都市

所轄官庁局課名

文化市民局地域自治推進室
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

地域・まちづくり、環境・エコロジー、観光

設立以来の主な活動実績

設立の経緯:平成20年10月に京都市により設置された「京都市未来まちづくり100人委員会」のなかで、「市民の景観」チームとして出発。平成23年12月に100人委員会から独立し、「特定非営利活動法人京都景観フォーラム」として活動を継続させている。

主な活動実績:
○京都景観エリアマネジメント講座(基礎講座及び実践講座)(平成22年より開催、現在10期目)
 景観まちづくりを支援する専門家の養成
○京都景観フォーラム主催のシンポジウムを開催
○地域の景観まちづくりの支援
【鴨川・七条大橋】
  ・七条大橋竣工百周年記念「鴨川ツアー」(2012年9月23)
  ・「鴨川・まちと川のあゆみ」シンポジウム(2013年2月3日)
  ・七条大橋百周年記念イベント「百年目の橋渡り」(2013年4月14日)
【深草・鴨川運河】
  ・鴨川運河会議の運営(伏見区役所深草支所からの受託事業)
  ・「鴨川運河100の視点」の発行
【柊野】
  ・『ふるさと柊野―まちづくりビジョン-』の策定支援 
   (2012年度京都市景観まちづくりセンターからの専門家派遣)
【嵐山】
  ・地域で景観まちづくりに取り組むための勉強会「嵐山景観まちづくりサロン」の開催支援
  ・嵐山景観まちづくり協議会の設立の支援

団体の目的
(定款に記載された目的)

活動目的:
この法人は、京都市の景観と景観にまつわる文化を市民の視点と立場から向上させ、日本の誇りとなり、世界の人々があこがれる都市とすることを目的とする。

活動目標:
○京都の景観の専門家の育成を目指す
○市民の景観に関する意識を高める
○市民が主体の景観まちづくりを進める

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

景観まちづくりに関する市民への情報・交流・啓発事業、地域景観資源の調査圃研究、景観まちづくりの支援、景観まちづくりを支援する専門家の育成などを行っている。

主な活動
○地域の共有財産である景観資源を再認識するためのまちあるきやワークショップの開催
○京都の景観文化を育てるためのシンポジウムなどの開催
○地域の景観まちづくりを牽引していく専門家 (京都景観エリアマネージャー)の養成
○地域での景観まちづくりに関する活動の支援
○地域景観づくり協議会設立の準備補佐


現在特に力を入れていること

○地域の景観まちづくりを牽引していく専門家 (京都景観エリアマネージャー)の養成とこれらの専門家による地域の景観まちづくりの支援

 京都景観エリアマネジメント講座(基礎講座及び実践講座)を開催している。講座を通じて、景観まちづくりの支援を行う多様な領域の専門家を育成するとともに、これらのネットワークを形成し、地域の主体的な景観まちづくりを支えるネットワークとする。京都市、京都市景観・まちづくりセンター等とも連携し、景観まちづくりに取り組む地域への専門家派遣の拡大・充実を図っている。

今後の活動の方向性・ビジョン

市民による景観の継承と創造
― 未来にわたり住みたいまちづくりへ ―
○市民・企業・行政、それぞれが景観を見る目を養い、合意形成を重ねながら、地域文化を育て、美しく暮らしやすい環境を実現していく。
○景観の継承と創造を通じて、都市の魅力を高め、世界に誇る京都ブランドを発信する。

定期刊行物

活動報告パンフレット(年1回発行)

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

○京都市未来まちづくり100人委員会からの活動助成(2011~2013年)
○東山区まちづくり支援事業「七条大橋百周年記念・橋めぐり&シンポジウム」(2012年)
○下京区「区民が主役のまちづくり」サポート事業「七条大橋がむすぶ七条通界わいプロジェクト」(2013年)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

○柊野学区ビジョン策定支援業務(委託元:京都市景観まちづくりセンター 2012年)
○鴨川運河会議の運営に係る業務(委託元:伏見区役所深草支所、2013、2014年)
○「地域景観づくり講座」(主催京都市)に講師の派遣(2012~2014)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 会費
421,000円
415,500円
500,000円
寄付金
157,817円
3,000円
200,000円
民間助成金
 
 
 
公的補助金
147,000円
 
500,000円
自主事業収入
1,124,500円
1,130,000円
170,000円
委託事業収入
12,080,794円
11,333,700円
6,200,000円
その他収入
 
21円
0円
当期収入合計
13,947,654円
12,882,221円
7,670,000円
前期繰越金
6,128,344円
6,048,391円
6,048,391円
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
当期支出合計
13,957,607円
12,740,414円
7,600,000円
内人件費
 
 
 
次期繰越金
6,048,391円
6,120,198円
6,048,391円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産
16,492,787円
14,770,902円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
16,492,787円
14,770,902円
<負債の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債
10,444,396円
8,650,704円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
10,444,396円
8,650,704円
<正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
6,038,391円
6,120,198円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 受取会費
421,000円
415,500円
500,000円
受取寄附金
157,817円
3,000円
200,000円
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
147,000円
 
500,000円
自主事業収入
1,124,500円
1,130,000円
170,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
12,080,794円
11,333,700円
6,200,000円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
21円
0円
経常収益計
13,947,654円
12,882,221円
7,670,000円
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 事業費
11,865,065円
10,401,441円
5,284,000円
(うち人件費)
 
 
 
管理費
2,092,542円
2,338,973円
2,316,000円
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
13,957,607円
12,740,414円
7,600,000円
当期経常増減額
-9,953円
141,807円
70,000円
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
-79,953円
71,807円
0円
前期繰越正味財産額
6,128,344円
6,048,391円
6,048,391円
次期繰越正味財産額
6,048,391円
6,120,198円
6,048,391円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
16,492,787円
14,770,902円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
16,492,787円
14,770,902円
<負債及び正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
10,444,396円
8,650,704円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
10,444,396円
8,650,704円
正味財産合計
6,038,391円
6,120,198円
負債及び正味財産合計
16,492,787円
14,770,902円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会

会員種別/会費/数

正会員20人、一般会員82人

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
1名
1名
非常勤
10名
 
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
12名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

内藤 郁子

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

9130005012663

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
2018年度(前々年度)
2017年度(前々々年度)
2016年度
2015年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
2019年度(前年度)
2018年度(前々年度)
2017年度(前々々年度)
2016年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら