特定非営利活動法人NPO法人フリンジシアタープロジェクト

基礎情報

団体ID

1674973845

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

NPO法人フリンジシアタープロジェクト

団体名ふりがな

えぬぴーおーほうじんふりんじしあたーぷろじぇくと

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

きょうとNPOセンター ステップ2

認証日:2015年12月12日

団体の概要

私たちは、概ね300席以下の小劇場を指す「フリンジシアター」と呼ばれるジャンルの普及、活性化を目的に結成された団体です。フリンジシアターにおいて、不可欠であるが、人材・ノウハウともに不足しがちな「制作」業務のサポートや、舞台芸術になじみのない方を対象としたワークショップの展開。小劇場制作の他に、アウトリーチ活動として、演劇の指導はもとより、「舞台芸術の持つポテンシャルの社会的有用性」に着目した活動として、小学校の授業や企業研修に演劇の要素を取り入れる試みを実施しています。

これまでの主な活動
◯様々な芸術の総合イベント「文化祭-culture carnival-」企画製作(2006年・2007年)
◯コミュニケーションティーチングの手法を用いて、環境問題・防災学習・食育などの体験学習を行うワークショッププログラム「演劇で学ぼう!」企画・宣伝
◯インターネット上のチケット販売システム「フリンジチケット」運営
◯「地域における制作者勉強会」企画・運営(2008年)

代表者役職

理事長

代表者氏名

高橋 良明

代表者氏名ふりがな

たかはし よしあき

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

600-8445

都道府県

京都府

市区町村

京都市下京区

市区町村ふりがな

きょうとししもぎょうく

詳細住所

岩戸山町440江村ビル2F

詳細住所ふりがな

いわとやまちょう えむらびる

お問い合わせ用メールアドレス

info@fringe-tp.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

075-276-5779

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時30分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

075-276-5779

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1999年9月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2005年8月30日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

京都府

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

6名

所轄官庁

京都府

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、高齢者、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、環境・エコロジー

設立以来の主な活動実績

1999年前身となる「京都ライトシアタープロジェクト」発足。
2005年「NPO法人フリンジシアタープロジェクト」として、法人格を取得。

団体の目的
(定款に記載された目的)

この法人は関西各地を中心に、フリンジシアター(概ね300席以下の会場で行なわれる舞台芸術)ジャンルにおけるプロの芸術家・舞台制作者の支援及びフリンジシアターの普及、環境改善の事業を行い、それによって市民が良質な舞台芸術に親しめる機会を創ること、舞台芸術家に豊かな創造環境を提供することで、よりよい市民社会を創り出すことを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

フリンジシアター(小劇場)の「制作」業務サポート
舞台芸術になじみのない方を対象にしたワークショップ等

フリンジシアターにおいて、不可欠であるが、人材・ノウハウともに不足しがちな「制作」業務のサポートや、舞台芸術になじみのない方を対象としたワークショップの展開などを積極的に展開中。
昨今は、俳優・ダンサーを教育現場・企業研修の場に送り込み、実演芸術の方法論を体験学習に取り入れる取り組みを実施。教育現場や企業研修の場におけるワークショップなども展開している。

現在特に力を入れていること

演劇を通じて、環境・防災・防犯などを学ぶコミュニケーションワークショップ「演劇で学ぼう!」を全国各地で実施しています。

今後の活動の方向性・ビジョン

演劇やダンスを通じて体験学習を行う、コミュニケーションワークショップは、各地で高い評価を頂戴しています。しかし、現状では、まだまだ一過性のイベントとしての色合いが強く、継続性と拡がりという意味においては、不足していると言わざるを得ません。広く普及し継続していくためには、地道に実績を重ねていきたいと考えています。

また、ここ数年、各地の劇団・俳優・制作者の交流がさかんに行われ始めています。これまで出会わなかった人同士が出会い、地域間の交流が行われることで、それぞれの地元の舞台芸術も様々な刺激を得て、活発になっていくと感じます。そのような機会を多く持てるよう、私たちも関西から発信していきたいと思います。

気軽に多くの人に劇場に足を運んでもらえる環境を作っていくために、これからも様々な活動を続けていきます。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

・「演劇ワークショップを用いた環境教育プログラムの社会実装プロジェクト」(助成:独立行政法人環境保全再生機構地球環境基金)

・大阪・北加賀屋black chamberにて総合芸術祭典『文化祭=Culture Carnival=』主催。(助成:(社)私的録音補償金管理協会(sarah))

・「アーティスト・イン・レジデンスと舞台芸術の手法を用いた、観光資源創造プロジェクト」(助成:京都産業21「平成26年度 きょうと元気な地域づくり応援ファンド」)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

松原京極商店街ブランド発信事業「松原京極のレトロな4日」(※主催:松原京極商店街振興組合、フリンジシアタープロジェクトは企画制作を担当)
内容:音楽ライブやフリーマーケット、舞台公演、クーポン配布など、盛りだくさんな秋祭りを企画・開催。また、商店街の様々な店舗を紹介するタウン雑誌、「くぐると」を刊行。近隣地域に広く配布。

企業・団体との協働・共同研究の実績

・独立行政法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」の「演劇ワークショップをコアとした地域防犯ネットワークの構築」プロジェクトに参画(平成21年〜)

・演劇ワークショップを核とした京都安全まちづくりモデル協働事業協議体(平成24年度京都府地域力再生プロジェクト)
協同内容:NPO法人フリンジシアタープロジェクトが事業統括し、京都市教育委員会が実施校の支援を担当。立命館大学・NPO法人ワークショップデザイナー推進機構(ワークショップ・地域教育専門員)がプログラム開発・運営を推進。映像ツール開発をKyotoDUが担当。
事業内容:「防犯」「防災」「交通安全」などを含めた「安全」をテーマにした安全演劇ワークショップを通じて、子どものコミュニケーション力の育成と地域課題の解消に取り組む

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算 2020年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会、理事会

会員種別/会費/数

正会員6000円/年 準会員1000円/年

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
4名
2名
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
6名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
 
 
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
 
 
2019年度(前年度)
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
2016年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら

FTP