特定非営利活動法人市民活動サークルえん

基礎情報

団体ID

1706568993

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

市民活動サークルえん

団体名ふりがな

しみんかつどうさーくるえん

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

「ボランティアや市民活動を通じて、新しい発見や学びをお届けします!」をスローガンに、子どもからシニアまで、ハンディキャップのある無しに関わらず、誰もが生き生きと活躍できる社会を目指ため、特に何らかの課題を抱え社会とつながりにくい人たちがボランティアや市民活動の現場を通じて自分らしい生き方を自己選択・自己決定し、また自立に向けた様々なスキルの習得やつながりづくりをサポートしています。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

礒野 太郎

代表者氏名ふりがな

いその たろう

代表者兼職

放課後等デイサービスtuna児童発達支援管理責任者

主たる事業所の所在地

郵便番号

630-0258

都道府県

奈良県

市区町村

生駒市

市区町村ふりがな

いこまし

詳細住所

東新町4-23第一ビル301

詳細住所ふりがな

ひがししんまち だいいちびる

お問い合わせ用メールアドレス

en@circle-en.info

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0743-71-7701

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

土・日・祝日は主催事業のため不在の場合あり

FAX番号

FAX番号

0743-71-7702

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2010年7月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2015年4月1日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

奈良県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

7名

所轄官庁

奈良県

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

青少年

 

子ども、障がい者、高齢者、在日外国人・留学生、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、スポーツの振興、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、ITの推進、経済活動の活性化、起業支援、就労支援・労働問題、消費者保護、市民活動団体の支援、観光、農山漁村・中山間、食・産業、漁業、林業、行政への改策提言、その他

設立以来の主な活動実績

*設立の経緯*
2010年7月
任意団体市民活動サークルえん設立
   ・(社福)大阪ボランティア協会事業への協力:
主に、ボランティアの啓発および裁判員経験者のネットワークづくりに携わる
・あまボノプロジェクト:趣味や特技を活かしたボランティアのマッチング  
   ・ならボラプロジェクト:勤労者や学生向けに休日に奈良で出来るボランティアプログラ
ムを運営
   ・NPO運営相談:事業企画、労務、NPO法人設立、広報に関しての個別相談を実施
   ・NPO支援講座:ボランティア養成講座、NPO設立講座への講師を派遣
   ・NPOパネル展・見本市(奈良市)への出展
   ・生駒プロボノマラソンへの参加:プロボノワーカーとして団体を支援
  2014年11月
特定非営利活動法人市民活動サークルえん設立のための発起人会開催
  2014年11月29日
   特定非営利活動法人市民活動サークルえん設立総会開催
  2015年4月1日
   法人格取得
   市民活動団体のための事務サポート「えんの下の力持ち」事業スタート
  2016年4月1日
   放課後等デイサービスtuna開設
   通信制高校代々木高等学校生駒サテライト校『学習支援ina』開設
 2017年4月1日
  日中一時支援funA開設
  2018年4月1日
  NPO設立・運営相談会in奈良(奈良市との協働事業)スタート
  2018年6月1日
  近畿ろうきんNPOアワード奨励賞受賞

*代表者の略歴*
障害者(児)の在宅・外出支援ヘルパー勤務を経て、NPO法人地域活動支援センターぷろぼの生駒事業所が運営する放課後等デイサービス「ぷろぼのスコラ」管理者兼サービス提供責任者に2016年3月末まで従事。
「ぷろぼのスコラ」での実績に対して、2014年度キャリア教育アワード最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞。
2016年4月より当法人「放課後等デイサービスtuna」の児童発達管理責任者に従事。

団体の目的
(定款に記載された目的)

子どもからシニアまで、ハンディキャップのあるなしに関わらず、地域社会とのつながりの場や機会の提供をおこない、誰もが生き生きと暮らせる社会の実現に寄与する事を目的とします。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

① 児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
② 児童福祉法に基づく障害児相談支援事業
③ 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サー
ビス事業
④ 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく一般相談支援
事業
⑤ ボランティアの普及啓発事業
⑥ 市民活動の支援および協働の推進事業
⑦ 生涯学習および人材育成の推進事業
⑧ 地域活性化支援事業
⑨ 相互交流およびネットワーク形成事業

現在特に力を入れていること

ボランティアの普及啓発事業として、休日の新しい楽しみ方を若者(学生や勤労者)に体験してもらう「ならボラ」に力を入れています。
奈良県内各地で多種多様なボランティア体験プログラム月3~4プログラム実施しており、高いリピート率を誇ります。
放課後等デイサービスtuna事業所開設後は、障がいを持った子どもたちにもボランティアとして、ならボラや地域イベントへの参加を積極的に促し、新たな学びや成功体験を積み重ね、自信につなげるきっかけ、そして地域とのつながりを作っています。
また、不登校児の日中の居場所を提供。スタッフや他利用者とのコミュニケーションの積み重ねから最終的に通学へとつなげた実績があります。
2017年度からは、児童福祉の事業者として障がい児やその保護者へ向けた防災教育を推進してきましたが、2018年度より地域住民全体への啓発へとシフトチェンジし、防災冊子の発行およびイベントや公開学習会などを展開しています。

今後の活動の方向性・ビジョン

放課後等デイサービスtunaの時間外受入による不登校の子どもたちの居場所づくりと、
2016年度よりスタートした事務サポート「えんの下の力持ち」事業を障がい者の就労に結びつけるためのしくみ作りをおこないます。

定期刊行物

えん新聞・年1回発行・1000部
生駒の防災ガイドブック『ぷらぼう』・年1回・1500部

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2016年度:はじまるくんパソコン寄贈プログラム
2016年度:障害者トライアル雇用奨励金
2017年度:特定求職者雇用開発助成金
2018年度:近畿ろうきんNPOアワード奨励賞
2018年度:厚生労働省キャリアアップ助成
2018年度:マイサポ生駒助成

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・全国ボランティアコーディネーター研究集会2015in大阪への実行委員参画(2014年度)
 分科会の企画運営および、報告書編集に携わる。
・ソーシャルビジネスプランコンペedgeメンターとして参画(2015年度、2017年度~)
 若手起業家を対象としたビジネスプランコンペ出場者へのアドバイザーに携わる。
・奈良県中間支援NPO連絡会議へ参画(2015年度~)
 定例会出席の他、奈良地域プラットフォーム研究会の運営と市民活動交流会の企画運営に携わる。
・関西NPO支援センターネットワークへ参画(2015年度~)
 関西エリアの中間支援センターによるゆるやかなネットワークづくりに参画。
 2016年度は幹事団体として事務局に従事。
・奈良地域の居場所プロジェクトへの実行委員参画(2016年度)
 地域のサロン活動の啓発および支援を目的としたプロジェクトに参画。
・みんなのスポーツフェスティバルへの実行委員会参画(2017年度~2018年度)
 障がいのある無しに関わらず、共にスポーツを楽しむイベントの企画運営に携わる。
・生駒障害福祉ネットワーク(I-Net)へ参画(2016年度~)
 生駒市内の障害福祉事業者同士の情報交流およびスポーツイベントの企画運営に携わる。
・篤志面接員自主研修会
 触法青少年の支援し関するゆるやかな情報交流および研修会に参加。
・裁判員ACT~裁判への市民参加を進める会~
 裁判員制度の啓発に取り組む。
・社会的弱者を救う連絡協議会
 ゆるやかな情報交流会に参加。
・ひきこもりサポーター『まんまの会』
 サポーター研修会への参加および当事者支援に携わる。
・アンフィニプラス編集委員会
 障害福祉をテーマにしたフリーペーパーの取材・原稿執筆
・オルタナティブスクール~奈良に新しい学校を創る集い
 スクール開設に向けての意見交換会へ参画。
・奈良市スポーツボランティア同好会
 監事協力。

企業・団体との協働・共同研究の実績

・BIG ISSUEトークイベントin生駒の開催(2016年度~)
 有限会社ビッグイシューとの協働で、ホームレス支援やBIG ISSUEの啓発を目的としたイベントを開催。(年2回実施)

行政との協働(委託事業など)の実績

・生駒市市民活動推進センターららぽーと登録団体代表委員会への参画(2017年度~)
・奈良市ボランティア養成講座の企画実施(2015年度)
・橿原市子ども寺子屋の講座企画実施(2015年度)
・生駒プロボノマラソンへのワーカー(支援者)協力(2014年度)
・NPO設立運営相談会in奈良の実施(奈良市との協働:2018年度~)
・IKOMAサマーセミナーでの講座企画運営(2018年度~)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 会費
6,000円
12,000円
12,000円
寄付金
0円
0円
50,000円
民間助成金
0円
100,000円
300,000円
公的補助金
733,333円
662,694円
247,000円
自主事業収入
20,746,315円
17,842,077円
21,050,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
19円
39円
40円
当期収入合計
21,485,667円
18,616,810円
21,659,040円
前期繰越金
-2,421,823円
2,478,830円
825,694円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
当期支出合計
15,893,153円
20,038,746円
21,542,947円
内人件費
10,752,454円
13,456,233円
15,542,710円
次期繰越金
2,478,830円
825,694円
891,787円
備考
 
経常外費用の内、法人税・住民税及び事業税71000円
経常外費用の内、法人税・住民税及び事業税50000円

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産
9,422,703円
6,956,393円
固定資産
678,458円
540,895円
資産の部合計
10,101,161円
7,497,288円
<負債の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債
1,222,331円
1,471,594円
固定負債
6,400,000円
5,200,000円
負債の部合計
7,622,331円
6,671,594円
<正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
2,478,830円
825,694円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 受取会費
6,000円
12,000円
12,000円
受取寄附金
0円
0円
50,000円
受取民間助成金
0円
100,000円
300,000円
受取公的補助金
733,333円
662,694円
247,000円
自主事業収入
20,746,315円
17,842,077円
21,050,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
19円
39円
40円
経常収益計
21,485,667円
18,616,810円
21,659,040円
<支出の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算 2019年度(当年度)予算
内訳 事業費
15,085,070円
19,264,556円
20,912,298円
(うち人件費)
10,152,363円
12,849,781円
14,941,242円
管理費
808,083円
774,190円
630,649円
(うち人件費)
600,091円
606,452円
601,468円
経常費用計
15,893,153円
20,038,746円
21,542,947円
当期経常増減額
5,542,514円
-1,492,936円
116,093円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
691,861円
231,200円
50,000円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
4,900,653円
-1,653,136円
66,093円
前期繰越正味財産額
-2,421,823円
2,478,830円
825,694円
次期繰越正味財産額
2,478,830円
825,694円
891,787円
備考
 
経常外費用の内、法人税・住民税及び事業税71000円
経常外費用の内、法人税・住民税及び事業税50000円

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
9,422,703円
6,956,393円
固定資産合計
678,458円
540,895円
資産合計
10,101,161円
7,497,288円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々年度)決算 2018年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
1,222,331円
1,471,594円
固定負債合計
6,400,000円
5,200,000円
負債合計
7,622,331円
6,671,594円
正味財産合計
2,478,830円
825,694円
負債及び正味財産合計
10,101,161円
7,497,288円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会

会員種別/会費/数

正会員/会費0円/11名 ※2019年6月度現在
賛助会員/会費3,000円/3名 ※2019年6月現在

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
4名
非常勤
 
3名
無給 常勤
 
非常勤
2名
0名
常勤職員数
4名
役員数・職員数合計
7名
イベント時などの臨時ボランティア数
5名

行政提出情報

報告者氏名

礒野 奈緒

報告者役職

事務局長

法人番号(法人マイナンバー)

3150005008566

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
2015年度
2014年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2019年度(当年度)
2018年度(前年度)
2017年度(前々年度)
2016年度(前々々年度)
 
2015年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら