一般社団法人地域・人材共創機構

基礎情報

団体ID

1728904952

法人の種類

一般社団法人

団体名(法人名称)

地域・人材共創機構

団体名ふりがな

ちいきじんざいきょうそうきこう

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

地域の課題解決や新たな取り組みを推進するためには、それを担う人材を確保することが重要であるが、そういった認識を強く持つ地域が連携し、地域に必要な人材を安定的に確保し、地域に根付くことを支えることで、地域における人材活用の流れが自走できる仕組みを支援し地域で働く=ローカルキャリアのキャリアとしての確立、を地域ぐるみで支援する。これにより、「ローカルキャリア」をキャリアパスのひとつの選択肢として価値を広めていくことを目指しながら、地域の根本的な課題解決に取り組む事業。各地域が本組織に属し、それぞれの地域に適した形での事業モデルの確立を目指すとともに、横のつながりを持ち、情報共有、発信などを通じてさらに活動を活性化し、ローカルキャリアをキャリアと捉え、意義を生み、活動が拡大していくことを目指す。将来的にはアライアンスを組み、認証制度などを行うことで事業としての確立により、地域の自立性、課題解決力向上を促進する。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

森山 明能

代表者氏名ふりがな

もりやま あきよし

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

105-0013

都道府県

東京都

市区町村

港区

市区町村ふりがな

みなとく

詳細住所

浜松町ニ丁目2番15号

詳細住所ふりがな

はままつちょう

お問い合わせ用メールアドレス

takasu@rcf.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-6447-0041

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木

備考

FAX番号

FAX番号

03-6447-0048

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2016年10月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2017年3月28日

活動地域

複数県

中心となる活動地域(県)

岩手県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

5名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

地域・まちづくり

設立以来の主な活動実績

2013年10月に東日本大震災被災地の人材不足支援のために復興庁が立ち上げ、2014年度からは日本財団が主催事業として実施した復興人材プラットフォーム事業(「WORK FOR 東北」)を2年半運営し、地域に必要な人材活用のために主体的に変化してきた地域をいくつか見出すことができた。(3年で166名の人材の地域への赴任をサポート)こういった地域が将来的にさらに活性化するためには、地域において自主的に人材を確保し、育成し定着させ、また新たな人を呼び込むような仕組み、流れができることが重要であることに気づいた。この事業は2015年度で終了し、2016年は地域の自主性を重視し、また東北からそれ以外に活動範囲を広げた新事業を展開してきたがこれを地域側の主体とするものに変換し、自律意欲を持つ地域の連合による新事業として新しくスタートさせた。
2017年度は5つの地域(釜石、七尾、雲南、関、塩尻)が参画し、各地域の人材活用力の向上に向けた事業の実施と合わせ、地域連携で事業としての目指す方向を議論。テーマとして地域課題解決のための「ローカルキャリアのキャリアとしての確立」と「それを地域ぐるみで支える」ことの重要性を共通認識し、それに向けた情報発信や今後の事業の方向性についての検討と計画立案を実施した。

団体の目的
(定款に記載された目的)

地域における課題解決力の向上と実施体制づくりのモデル検討
各地域における主体的な人材確保・活用取り組みの定着
対象地域連携による、人材活用モデルの可視化と他地域への影響波及
キャリアとしてのローカルキャリアの在り方の検討
地域ぐるみでのローカルキャリアを支援するローカルキャリアシティを増やすことでの地域の自走力の強化

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

6地域(目標)における各地での各々の活用プランの推進を各地域で行う。
横断機能として東京に設置する事務局において、各地域における最適な人材活用のモデルづくりと可視化、情報発信、横連携、他地域への波及を生み出すためのサポートを実施する
・各地域に即した形での人材採用・活用・育成・定着計画の立案と推進
・計画が円滑に推進されるための各組織・人材に対するフォローアップ
・地域におけるその後のキャリア支援
・キャリアとしてのローカルキャリアの確立
・ローカルキャリアを地域ぐるみで支援するローカルキャリアシティの概念づくり

現在特に力を入れていること

岩手県釜石市、石川県七尾市を現状コア地域とし、島根県雲南市、岐阜県関市、長野県塩尻市を加えて5地域で先んじてプランを固め、2017年度の事業実施と合わせて2018年以降の連携事業の方向性についての議論を実施。加えて、今後の拡張性や目指すもの、その定義や参画基準などについて、どういったモノが必要か、目指すもののレベルをどうするかといったようなイメージ合わせも永続して実施している。

想定関係者
*釜石:釜石シティプロモーション推進委員会
*七尾:株式会社御祓川
*雲南:おっちラボ
*関:G-net
*塩尻:塩尻シティプロモーション推進協議会

今後の活動の方向性・ビジョン

地域課題を解決、また自律的な地域運営のため、
  「ローカルキャリア」を体現する人材を地域ぐるみで支え、結果としてあらたなまちづくりに
  チャレンジしている地域=ローカルキャリアシティを増やしていくこと

 ・地域で働く=ローカルキャリアをキャリアとして認知させ、キャリア観点で、
  地域―都会を人材が還流する流れを確立する
 ・(主に都会の)企業もローカルキャリアに着目し、企業人材が都会と地域を還流することで
  キャリアアップを目指せるような仕組みを構築する
 ・当事者以外に研究者などの視点も織り込み、ローカルキャリアシティの基準明確化と
  認証などの制度の採用など、将来的には地域アライアンス連合体を目指す。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2017年度 日本財団助成事業 総額4751万円

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実施主体
*釜石:釜石シティプロモーション推進委員会
*七尾:株式会社御祓川
*雲南:おっちラボ
*関:G-net
*塩尻:塩尻シティプロモーション推進協議会

*ETIC.

企業・団体との協働・共同研究の実績

これからが本格的な活動のため実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

*釜石市
*七尾市
*雲南市
*関市
*塩尻市
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
0円
寄付金
 
 
0円
民間助成金
 
 
47,510,000円
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
0円
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
47,510,000円
前期繰越金
 
 
0円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
47,510,000円
内人件費
 
 
35,000,000円
次期繰越金
 
 
0円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
0円
受取寄附金
 
 
0円
受取民間助成金
 
 
47,510,000円
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
0円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
47,510,000円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
47,510,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
0円
次期繰越正味財産額
 
 
0円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
0円
固定資産
 
0円
資産の部合計
 
0円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
0円
固定負債
 
0円
負債の部合計
 
0円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
0円
当期正味財産増減額
 
0円
当期正味財産合計
 
0円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
0円
固定資産合計
 
0円
資産合計
 
0円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
0円
固定負債合計
 
0円
負債合計
 
0円
正味財産合計
 
0円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

本協議会理事会

会員種別/会費/数

初年度は正会員6地域を想定

加盟団体

6地域による協議会を想定

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
2名
3名
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
2名
役員数・職員数合計
5名
イベント時などの臨時ボランティア数
3名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
事業計画書
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら