認定特定非営利活動法人まちぽっと 

基礎情報

団体ID

1783062886

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

まちぽっと 

団体名ふりがな

まちぽっと 

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

本会は、地域社会に住み、暮らす市民の視点から、市民の参加による持続可能な市民社会づくり、豊かな地域社会づくりに関わる政策提案を行い、その実現に向けて市民と協働して取り組むとともに、市民の自主的な社会活動(市民活動)の推進に寄与することを目的とする。

代表者役職

理事長

代表者氏名

佐々木 貴子

代表者氏名ふりがな

ささき たかこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

160-0021

都道府県

東京都

市区町村

新宿区

市区町村ふりがな

しんじゅくく

詳細住所

歌舞伎町2-19-13 ASKビル5階 認定NPO法人まちぽっと事務局

詳細住所ふりがな

かぶきちょう えーえすけーびる にんていえぬぴーおーほうじんまちぽっとじむきょく

お問い合わせ用メールアドレス

info@socialjustice.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-5941-7948

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

03-3200-9250

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

連絡可能曜日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2007年12月11日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2007年12月11日

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

19名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、青少年、障がい者、高齢者、在日外国人・留学生、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、災害救援、地域安全、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、就労支援・労働問題、市民活動団体の支援、助成活動、食・産業、漁業、林業、行政監視・情報公開、行政への改策提言、学術研究(複合領域分野、その他)

設立以来の主な活動実績

<設立経緯>
 「まちぽっと」は、市民活動やまちづくりの分野で先駆的な活動をしてきた「NPO法人東京ランポ」(1993年設立)と、NPOバンク、助成基金、起業講座などによる社会的起業を支援してきたNPO法人コミュニティファンド・まち未来(2003年設立)の合同合併により、2007年に設立されたNPO法人です。2011年に認定NPO法人となりました。
 
<活動実績>
○市民ファンド
 ・草の根市民基金 ぐらん(1993年以来、159団体、総額6200万円助成=2015年現在、さらに継続)
 ・ソーシャル・ジャスティス基金(2012年以来、17団体、総額約1400万円助成=2017年現在、さらに継続)
○NPO法制度の記録編纂事業(市民シンポジウム開催 ほか)
○市民による自治と分権
 ・市民参加手法の調査と実践 ほか
○これからの住まいと福祉
 ・市民による住まいづくり ほか
○地域資源の社会活用
 ・非営利アセットマネジメント研究会 ほか
○市民によるまちづくり
 ・東京構想指針プロジェクト
 ・東京の都市政策ビジョン研究 ほか
○行政支援事業
 ・和光市市民参加推進会議
 ・相模原市まちづくり条例審査会 ほか
○季刊誌の発行(「季刊まちぽっと」、「季刊アドボカシー」)

<代表者略歴>
 理事長・佐々木貴子  
 生活クラブ生協東京の理事を経て、1995~2003年まで狛江市議会議員、2003~07年に東京LANPO理事長を務める。2015年現在、市民事業へ融資する非営利市民金融東京コミュニティバンク理事、日本NPOセンター評議員、インクルーシブ事業連合運営委員・インクルーシブファンド選考委員を務め、地域では地域福祉やエネルギーシフトなど市民活動の現場で活動している。

 
 

  

団体の目的
(定款に記載された目的)

 地域社会に住み、暮らす市民の視点から、市民の参加による持続可能な市民社会づくり、豊かな地域社会づくりを目指して、それに関わる政策および事業の提案を行い、その実現に向けて市民、市民団体と協働して取り組むとともに、そうした市民社会・地域社会づくりを担う市民活動を支援するために、調査研究・提案、市民活動・市民事業の支援、情報の発信などの事業を行います。
 
 市民基金事業である、草の根市民基金「ぐらん」は、生活クラブ生活協同組合が、「もうひとつのノーベル賞」として知られる「ライト・ライブリーフッド賞」を受賞したことを契機に、国際化・巨大化・複雑化している社会的諸問題や、多様な市民のまちづくりを応援するための助成活動を開始したのがはじまりです。地域を豊かにするために必要な事業について、東京都内およびアジア地域の活動を助成しています。

 「ソーシャル・ジャスティス基金」は、ぐらんの経験を生かし、草の根での活動経験を普遍化するような、市民による社会課題解決のための政策提案型・社会提案型の事業について、一人ひとりに公正な社会実現という視点から、今の世論大勢や政策・制度では見逃されがちだが大切な社会的課題を支援しています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

○市民ファンド
 ・草の根市民基金 ぐらん
 ・ソーシャル・ジャスティス基金(アドボカシー活動の助成)
○NPO法制度の記録編纂事業(国立公文書館への移管作業、市民シンポジウム開催 ほか)
○市民による自治と分権
 ・市民参加手法の調査と実践 ほか
○これからの住まいと福祉
 ・市民による住まいづくり ほか
○地域資源の社会活用
 ・非営利アセットマネジメント研究会 ほか
○市民によるまちづくり
 ・東京構想指針プロジェクト
 ・東京の都市政策ビジョン研究 ほか
○行政支援事業
 ・和光市市民参加推進会議
 ・相模原市まちづくり条例審査会 ほか
○季刊誌の発行(「季刊まちぽっと」、「季刊アドボカシー」)

現在特に力を入れていること

とくに、ソーシャル・ジャスティス基金について。

一人ひとりの声が生かされる社会、
声なき声に想いを寄せられる社会、
「公正」な社会づくりをめざし、
見逃されがちだが大切な社会課題への取り組みを応援しています。
最初は少数派の課題でも公に共有し、社会みんなの課題へと開いていくアドボカシー活動。
問題現場からの声や知見を集め、施策や法制度として普遍化していくアドボカシー活動。
信頼感と参加意識がめばえる社会を希求し、これらの活動を助成しています。

この助成は資金提供だけではなく、
課題の共有を広げる対話の場づくり(アドボカシーカフェ/フォーラム/ダイアローグ)との両輪で進めています。これらの対話の場は、年間10回ほど開催しています。

格差社会といわれる状況のなかで、疎外感や無力感が減り、自己肯定感が増す、一人ひとりの力を生かせる社会づくりを微力ながら努めております。

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
19名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

 

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2017年度(前年度)
 
 
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
 
 
2014年度
 
 
 
 
2013年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2018年度(当年度)
 
 
2017年度(前年度)
 
 
2016年度(前々年度)
 
 
2015年度(前々々年度)
 
 
2014年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら