認定特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド

基礎情報

団体ID

1909431163

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

ハート・オブ・ゴールド

団体名ふりがな

はーとおぶごーるど

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

岡山NPOセンター

認証日:2015年3月2日

団体の概要

「できる人が、できることを、できる限り」、力を合わせ、こころを共に活動し、自身も育つことができる団体であると願っています。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

有森 裕子

代表者氏名ふりがな

ありもり ゆうこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

701-1213

都道府県

岡山県

市区町村

岡山市

市区町村ふりがな

おかやまし

詳細住所

北区西辛川895-7 レジデンス・アロー101号

詳細住所ふりがな

きたくにしからかわ

お問い合わせ用メールアドレス

hginfo@hofg.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

086-284-9700

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

086-284-9700

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

住所

#52C, St.123, G roup22, Village4, Toul Tompoung I, Chankarmon Phnom Penh, Cambodia

郵便番号

国名

Cambodia

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1998年10月10日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

 

活動地域

日本全国および海外

中心となる活動地域(県)

岡山県

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

44名

所轄官庁

岡山市

所轄官庁局課名

市民協働局市民協働企画総務課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

子ども、青少年、障がい者、在日外国人・留学生、教育・学習支援、スポーツの振興、国際協力、国際交流

設立以来の主な活動実績

1996年12月に行われたアンコールワット国際ハーフマラソンに関わった人々により、「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目指し、2年間の準備の後、1998年(平成10年)10月10日に設立されました。
有森裕子代表がシンボルマークを描き、ローレンモラー元副代表がハート・オブ・ゴールドと名づけました。強く美しい心をもった人々の社会貢献へのハートを、「心の金メダル」に例えています。アンコールワット国際ハーフマラソンに加え、青少年レクレーション大会から発展したカンボジア小学校体育科指導書作成支援事業を経て普及事業を展開、カンボジアでの事業が発展しています。 各種ボランティアの協力を得て、支援物資も増えました。 国内では、スポーツイベントの主催・協力、国際的なボランティア活動などを、各地で展開しています。



団体の目的
(定款に記載された目的)

スポーツを通じて、国境・人種・ハンディキャップを越えた「希望と勇気」の共有を実現する。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

スポーツを通じた開発支援事業(カンボジア小学校体育科普及事業・JICA草の根技術協力事業)、中学校体育科指導要領作成支援・体育科普及事業他)
自立・復興支援事業(日本語教育・NCCC運営事業)
国際理解・交流事業

現在特に力を入れていること

カンボジア中学校体育科普及事業(JICA草の根技術協力事業)ほか

今後の活動の方向性・ビジョン

2012年に行なった会員へのアンケートと、外部専門家からの活動評価を受けた結果、従来の活動をより深く継続していくことが確認されました。スポーツNGOとして、その専門性を活かした「スポーツを通じた国際開発」と、子ども達の自立支援としての「助けが必要な人々に対して、自らの力で解決していけるよう、人材育成支援」を両輪として活動を進めていきます。継続活動は、より現地の自立化を目指して進め、また、新規事業についても、これらの理念から離れない活動とする。何よりも、支援する側とされる側が、共に育つ活動を目指していきます。

定期刊行物

ハート・オブ・ゴールド通信(年2回)

団体の備考

このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

岡山県/岡山市の助成金、文科省スポーツ庁、独立法人 JICA

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

①助成団体: ロータリー、ライオンズなどによる建物建築、組合やクラブによる支援
②一般市民: 里親制度への参加、現地に入ってのボランティア

企業・団体との協働・共同研究の実績

①学校: 体育科教育スポーツ施設やボール支援、日本語教室への文房具、教材支援、養護施設への生活用品支援、大学生はインターン、スタディーツアーに参加
②企業: ボール、中古コンピューター、イベント開催による支援
③地方自治体: 短期留学(岡山県技術移転支援)、日本への招へいによる人材育成(岡山市との協力でクレア資金)

行政との協働(委託事業など)の実績

草の根技術協力事業(独立行政法人国際協力機構 中国国際センター)
岡山ESD推進協議会(岡山市)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
2,835,000円
3,108,000円
3,100,000円
寄付金
33,143,146円
35,000,348円
32,000,000円
民間助成金
0円
0円
0円
公的補助金
5,095,596円
4,722,278円
2,000,000円
自主事業収入
1,021,300円
872,000円
1,100,000円
委託事業収入
24,042,684円
33,722,790円
18,500,000円
その他収入
3,147,025円
2,355,423円
2,050,000円
当期収入合計
69,284,751円
79,780,839円
58,750,000円
前期繰越金
98,302,322円
99,722,758円
106,765,319円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
66,758,027円
72,317,073円
58,376,700円
内人件費
29,369,072円
29,508,462円
28,500,000円
次期繰越金
99,722,758円
106,765,319円
106,767,619円
備考
 
* 経常外費用のみなし寄付金(74118円)は、経常収益に加算していないため経常外費用において経常しない。
* みなし寄付金(134300円)は、認定NPO法人による税法上の優遇措置の処置を行っていますが、監督官庁の指導によりみなし寄付金は寄付金に加算していない。

* 29年度の経常外費用のその他の71000円は、法人税です。(均等割額)

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
2,835,000円
3,108,000円
3,100,000円
受取寄附金
33,143,146円
35,000,348円
32,000,000円
受取民間助成金
0円
0円
0円
受取公的補助金
5,095,596円
4,722,278円
2,000,000円
自主事業収入
1,021,300円
872,000円
1,100,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
24,042,684円
33,722,790円
18,500,000円
(うち公益受託収益)
0円
0円
0円
その他収益
3,147,025円
2,355,423円
2,050,000円
経常収益計
69,284,751円
79,780,839円
58,750,000円
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
58,375,949円
63,899,920円
49,765,700円
(うち人件費)
23,615,198円
24,080,091円
23,000,000円
管理費
8,382,078円
8,417,153円
8,611,000円
(うち人件費)
5,753,874円
5,428,371円
5,500,000円
経常費用計
66,758,027円
72,317,073円
58,376,700円
当期経常増減額
2,526,274円
7,463,766円
373,300円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
1,106,288円
421,205円
371,000円
経理区分振替額
0円
0円
0円
当期正味財産増減額
1,420,436円
7,042,561円
2,300円
前期繰越正味財産額
98,302,322円
99,722,758円
106,765,319円
次期繰越正味財産額
99,722,758円
106,765,319円
106,767,619円
備考
 
* 経常外費用のみなし寄付金(74118円)は、経常収益に加算していないため経常外費用において経常しない。
* みなし寄付金(134300円)は、認定NPO法人による税法上の優遇措置の処置を行っていますが、監督官庁の指導によりみなし寄付金は寄付金に加算していない。

* 29年度の経常外費用のその他の71000円は、法人税です。(均等割額)

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
32,479,784円
53,562,700円
固定資産
67,651,604円
53,588,589円
資産の部合計
100,131,388円
107,151,289円
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
408,630円
385,970円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
408,630円
385,970円
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
99,722,758円
106,765,319円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
32,479,784円
53,562,700円
固定資産合計
67,651,604円
53,588,589円
資産合計
100,131,388円
107,151,289円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
408,630円
385,970円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
408,630円
385,970円
正味財産合計
99,722,758円
106,765,319円
負債及び正味財産合計
100,131,388円
107,151,289円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事会

会員種別/会費/数

個人会員(1口3,000/年)626、法人会員(1口30,000円/年)30

加盟団体

JANIC正会員、岡山NPOセンター、JCBL、JCN、岡山ESD協議会、ENJJ

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
17名
非常勤
0名
5名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
11名
9名
常勤職員数
18名
役員数・職員数合計
44名
イベント時などの臨時ボランティア数
200名

行政提出情報

報告者氏名

有森 裕子

報告者役職

代表理事

法人番号(法人格を取得した時の番号)

2600-05-002341

認定有無

認定あり

認定年月日

2012年12月14日

認定満了日

2017年12月13日

認定要件

絶対値基準

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

㈱グローカルにて実施。指摘事項は特にありません。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表)
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
事業計画書

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら