事業成果物名

2019年度徳島県鳴門市における第三の居場所の運営

団体名

事業成果物概要

事業内容
(1)期間:2019年7月15日~2020年3月31日
(2)場所:徳島県鳴門市
(3)参加者:鳴門市内小学生(小学1~3年生優先、定員20名)
(4)内容:対象児童の生活習慣や学習の支援を行う。手作りの食事の提供、スタッフと児童の信頼関係の構築、教科学習の習慣化、生活習慣の形成を図る。

目標
1.拠点利用児童の募集(2019年度末時点で定員充足率を50%以上とする)
2上記の登録児童の過半数を、行政・学校からの被紹介者や公的扶助の受給世帯等、特に支援が必要な家庭の児童とする
3.児童への居場所、読み聞かせ、学習支援、食事などの安定的な提供
4.運営へのボランティアの参加による持続性の向上

目標達成状況
1.2020年3月時点で7名(6名が週5日以上の利用)しており、3名が利用を現在検討中。
2020年4月1日より、継続利用者を含め、10名の利用が確定している。
2.鳴門市子どもいきいき課との密な連携により、見学者、体験者が増えている。また、民生児童委員会の紹介や利用家族同士の口コミなどによる見学、体験のお問い合わせを増えており、第三の居場所として少しずつ着実な広がりをみせている。
3.生活・学習支援スタッフによる個別支援計画に基づいた、子どもの学習、生活支援が毎日行われている。衛生管理マニュアルに沿った手作りの食事提供(昼食、夕食)、健康管理スタッフによる定期的なケアも充実し子ども達の心と身体を守るチームによるサポートができている。
4.現在学生ボランティア1名、地域福祉ボランティア3名が活動場所として参加してくれている。4月からは学生ボランティア2名、地域ボランティア3名の申し込みが届いている。

事業実施によって得られた成果
・対象児童の生活支援の習慣づけ、絵本の読み聞かせの効果、学習効果のチャレンジ効果
・対象児童の健康管理の徹底
・保護者の勤務への自立へのサポート支援

活動写真

助成機関

事業成果物種類

報告書

事業成果物

事業成果物名

徳島県鳴門市における第三の居場所の運営

URL

  • 戻る