カテゴリー

その他

中造工【平成30年9月19日、21日】常石造船の工場見学会に小学生を招待しました!

当会では、日本財団より助成金の交付を受け、
次世代を担う子ども達に造船業を通してものづくりの素晴らしさを知ってもらうため、
また地域住民の方々には、造船業が地場産業としての重要な産業であることを再確認してもらうために
「進水式や造船所の見学会」を行っています。

広島県福山市に所在する当会会員造船所
常石造船(株) の工場見学会に、
市内の幕山小学校5年生の皆さん70名(9月19日)と、
旭丘小学校5年生の皆さん73名(9月21日)を招待しました!

始めに、常石造船ではどのような船を建造しているのか、船はどうやって造るのかを教わりました。それから、安全帯や防塵マスクなどの保護具を代表児童3名が実際に装着してみます。
初めての体験なので全部付けるだけでも時間がかかりましたが、
慣れればすぐに付けられるようになるとのこと。
「安全」のために欠かせない備品です。

その後、バスに乗って広い工場を見学!
巨大な修繕ドックや建造途中のブロックなど、スケールの大きさに子ども達はびっくりでした。

常石造船の皆様、貴重な経験をありがとうございました!

常石造船ではどのような船を造っているのでしょうか?

安全保護具を体感!

福山市立旭丘小学校5年生の皆さん

投稿者表示名

  • 戻る