特定非営利活動法人大網お助け隊

基礎情報

団体ID

1605724671

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

大網お助け隊

団体名ふりがな

おおあみおたすけたい

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

お助け隊」の優位性
1,有償の支援で会員が報酬を得ることで、支援に責任を持ち、経費の負担も軽減される。 また 利用者にも感謝され、協力会員が生きがいとして継続することができる。
2,利用者も利用料金を払うことで、気兼ねなく依頼することができる。
3,手続きが電話で簡単に申込みができ、迅速に対応できる
4,申込みから集金までドア to ドアで対応します。
5,ボランティアの性格を有するため、支援時間,量などで柔軟性を持って対応できる。
6,利用者のニーズに柔軟に対応し、多様な支援の提供が可能。
7,まちづくりサポートセンターの会員団体・大網白里市協働事業採択団体であることで、安心・安全に利用することができる。

代表者役職

代表

代表者氏名

石川 庄六

代表者氏名ふりがな

いしかわ しょうろく

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

299-3217

都道府県

千葉県

市区町村

大網白里市

市区町村ふりがな

おおあみしらさとし

詳細住所

木崎341

詳細住所ふりがな

きさき

お問い合わせ用メールアドレス

machisapo@hotmail.co.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0475-73-5110

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

お助け隊コーディネーター専用電話 080-5543-9163

FAX番号

FAX番号

0475-73-5110

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~17時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2010年6月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2016年11月24日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

千葉県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

45名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、障がい者、高齢者、福祉、地域・まちづくり、ITの推進、助成活動

設立以来の主な活動実績

有償でボランティアで支援
1,生活弱者
安全で安心の割安の料金での経済面の支援効果
障害者、生活保護世帯、入院患者、話し相手
2,高齢者世帯
自立を支える効果
買い物の手伝い、電球の交換、家具の移動、外出支援、洗濯の手伝い
3,子育て世帯
精神的な支え
産前産後の手伝い、共働き世帯の応援、時間外学童預かり、園児・児童の送迎
4,困りごと生活課題
共助の精神で応援
芝刈り、草刈り、庭木の剪定、ペットの世話、鉢植えの水やり,犬の散歩、パソコンの困りご    と、パソコン教室、着付け、網戸の張り替え、家電の不具合、包丁研ぎ
5,無償移動サービス
支援件数実績
年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 総計
2013 45 72 61 80 41 57 35 48 65 35 32 76 646
2014 103 109 149 127 154 196 179 127 163 95 138 147 1686
2015169 204 184 146 149 158 161 131 153 188 171 181 1995 

団体の目的
(定款に記載された目的)

500~800円/時間の有償料金で、下記の対象者に生活支援を行う事業
(1)地域社会には公的福祉サービス(介護保険制度などの対象者)の支援が及ばない
(2)日常生活で起きる困りごと「生活課題」がその人たちにとって体力、経済的にも解
決も対応もできない
(3)協力会員の生きがいと地域との連携

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

対応・目的
・ 病気やケガで、今まで普通にできていたことが、できなくなった人の困りごと
・ 一人暮らしの身体が弱ったお年寄りの困りごと
・ 脆弱な高齢者夫婦世帯の困りごと
・ 乳児を抱え相談相手もなく孤立した若いお母さんの困りごと
・ 介護保険の認定を受けていない方の、日常生活の困りごと
・ 介護保険の認定を受けている方の、生活課題
・ 協力会員
本人の生きがい、地域と連携
体力、気力を残したリタイヤ人材を「地域」課題解消に取り組む
地域の生活弱者に対し余力を持つものが助け合う等の住民相互の協力意識を育てる。

現在特に力を入れていること

1,協働で事業を実施するため、行政、その他の団体と協力する。
2,協力会員の増員
3,サービスの均一性を求めるため、研修・情報の共有化
4,業務の分担化と組織基盤の強化
  *継続性のために長期的に解決する必要のある問題である。

今後の活動の方向性・ビジョン

1. 共働き・母子、父子家庭の支援
 ① 学童、保育園時間外の児童・園児の預かりと送迎
 ② 家内の掃除・片付け等
 ③ 産前産後の育児ケア
2. 協力会員・コーディネーターの養成・入会の推進
 ① 会員の高齢化問題の解消
 ② 地域の生活弱者に対し余力を持つものが助け合う等の住民相互の協力意識を育てる。
 ③ 会の運営役員の人材の発掘・養成
3. 運営の業務改革
 ① 業務(コーディネーター・会計・広報)の分担化
 ② システムの簡素化
4. 協力会員スキルアップ研修
5. 協力会員の情報の共有化と利用者の守秘義務の徹底
6. 関係団体・行政との連携
7.  利用会員のニーズの把握のためのアンケート調査
8.  自家用車有料運送

定期刊行物

団体の備考


このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

H27年度大網白里市住民協働事業
事務管理賃金 \9400 コーディネーター、会計、事務賃金
交通費 \12400 コーディネーター・会員 ガソリン代
通信費 \45500 専用携帯電話、郵便、切手
消耗品 \56900 プリンターインク、用紙、ファイル、庭仕事等器材、PC本体、PCソフト
ボランティア保険 \37000 会員40名
印刷費 \12300 印刷物(ちらし)
研修費 \14500 会員研修会(OAスキル・大工・庭木)

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

• ふれあいネット松戸視察訪問
• 子育て関連団体交流会
• 兵庫県加古川市職員の視察による懇談会
• 高齢者支援課 出前講座開催
• 社会福祉協議会との意見交換会開催
• 介護・障害者施設の介護補助支援と支援要請の申し込み
• 高齢者支援課からの利用者の支援紹介
• 子育て支援課からの利用者の支援紹介
• 地域包括支援センターからの利用者の支援紹介
• 民生委員からの利用者の支援紹介

行政との協働(委託事業など)の実績

H26年度大網白里市住民協働事業の採択
H29年度市町村総合事業訪問型サービスD参画
H30年度市町村総合事業訪問型サービスB参画
H31年度福祉有償運送を社会福祉協議会より移管
1. 行政(地域づくり課)・福祉事務所:他の団体、組織との仲介役を依頼、また協力会員・コーディネーターの募集の協力を広報等でお願いしたい。
お助け隊の組織が盤石の折には更なる連携、お助け隊の定例会議に職員の出席をお願いして協働を取っていきたい。
2. 社会福祉協議会:生活支援では「お助け隊」と一致しているサービスあり、また福祉移動サービスでもお助け隊のメンバーが協力会員として登録することで、協力できる要素はあります。
3. 地域包括支援センター:お助け隊コーディネーターは利用者との接点が多くあります。多くの情報を得ることができます。情報の共有化ができると思います。
4. 障害者施設:現在も派遣等で介護補助を実施していますが、今後も支援を続けていく。
5. 高齢者支援課:お助け隊のサービスが当課の課題と一致しているところが多くあると思いますので、連携をとりながら協働を行いたい。また当課の支援要員の募集にも協力していく。コーディネーター、協力会員は高齢の利用者との接点が多くあり、お助け隊の定例会議に職員の出席をお願いして困りごと・ニーズの情報を共有したい。
6. 子育て支援課:現在も産前産後の悩み、共働き世代の学童・園児の預かり・送迎の依頼があります。協働できるところがあると思います。
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 会費
176,000円
170,000円
 
寄付金
42,000円
26,303円
 
民間助成金
 
0円
 
公的補助金
260,000円
600,000円
 
自主事業収入
3,380,590円
3,377,597円
 
委託事業収入
 
0円
 
その他収入
4円
3円
 
当期収入合計
3,858,594円
4,173,903円
 
前期繰越金
461,273円
461,273円
 
<支出の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
当期支出合計
3,950,313円
4,173,903円
 
内人件費
2,666,010円
2,839,750円
 
次期繰越金
461,273円
463,173円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動資産
 
649,823円
固定資産
 
0円
資産の部合計
 
649,823円
<負債の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動負債
 
188,550円
固定負債
 
0円
負債の部合計
 
188,550円
<正味財産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
461,273円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 受取会費
176,000円
170,000円
 
受取寄附金
42,000円
26,303円
 
受取民間助成金
 
0円
 
受取公的補助金
260,000円
600,000円
 
自主事業収入
3,380,590円
3,377,597円
 
(うち介護事業収益)
 
0円
 
委託事業収入
 
0円
 
(うち公益受託収益)
 
0円
 
その他収益
4円
3円
 
経常収益計
3,858,594円
4,173,903円
 
<支出の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算 2019年度(前年度)決算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
2,839,750円
 
管理費
 
1,334,153円
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
3,950,313円
4,173,903円
 
当期経常増減額
 
1,894円
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
1,894円
 
前期繰越正味財産額
461,273円
461,273円
 
次期繰越正味財産額
461,273円
463,173円
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動資産合計
 
649,823円
固定資産合計
 
0円
資産合計
 
649,823円
<負債及び正味財産の部> 2017年度(前々々年度)決算 2018年度(前々年度)決算
内訳 流動負債合計
 
188,550円
固定負債合計
 
0円
負債合計
 
188,550円
正味財産合計
 
461,273円
負債及び正味財産合計
 
649,823円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

1,協力会員 / 1000円 / 54名
2,利用会員 / 1000円 / 241名

加盟団体

大網白里市 まちづくりサポートセンター

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
45名
イベント時などの臨時ボランティア数
0名

行政提出情報

報告者氏名

杉本 義光

報告者役職

コーディネーター

法人番号(法人マイナンバー)

8040005019339

認定有無

認定あり

認定年月日

2016年11月24日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2019年度(前年度)
 
 
 
 
2018年度(前々年度)
 
 
 
2017年度(前々々年度)
 
 
 
2016年度
 
 
 
 
2015年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2020年度(当年度)
 
 
2019年度(前年度)
 
2018年度(前々年度)
 
2017年度(前々々年度)
 
 
2016年度

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら