助成制度名

令和4年度WAM助成(通常助成事業・モデル事業)

実施団体

関連URL

お問い合わせ先

①電話
TEL 03-3438-4756
≪受付時間≫ 月曜日~金曜日 9:00~17:00(土日祝祭日を除く)

②メール
WAMホームページ「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
https://www.int.wam.go.jp/wamhp/hp/info-tabid-640/info-wamjosei01-tabid-2106/

募集ステータス

募集中

募集時期

2021年12月24日~2022年1月31日

対象分野

保健・医療・福祉、災害救援、子どもの健全育成、NPO支援

対象事業

事業プロジェクト

内容/対象

 令和4年度WAM助成では、引き続き社会福祉諸制度の狭間にある課題に対応し、地域共生社会の実現に向けて取り組む事業を募集します。助成総額は約6億円です。

■通常助成事業のポイント(昨年度との違い)
<1>助成テーマに【被災者支援・災害時の支援体制づくり】を追加
<2>発展性を期待できる一部の事業について【2か年採択】
<3>【正職員人件費】を助成金額の25%まで計上可能

■モデル事業のポイント
<1>国や自治体において【政策化・制度化】を目指す活動が対象
<2>助成対象期間は2~3年
<3>【正職員人件費】を助成金額の50%まで計上可能

< 募集期間 >令和3年12月24日(金)~令和4年1月31日(月)PM3:00まで

<活動対象期間>
【通常助成事業】令和4年4月1日から1年間(*)
【モデル事業】令和4年4月1日から2年間又は3年間
(*)発展性を期待できる一部の事業については2年間

<  助成額  >
【通常助成事業】
 地域連携活動支援事業 50万円~700万円
 全国的・広域的ネットワーク活動支援事業 50万円~900万円(*)
 (*)災害支援など十分な資金の確保が必要な事業を行う場合/四以上の都道府県を網羅し、大規模かつ広範囲に活動を行う事業の場合は、上限2,000万円

【モデル事業】
3年間の合計 3,000万円まで
2年間の合計 2,000万円まで

▼募集情報の詳細
詳しくは下記「募集ページ」をご覧ください。
【通常助成事業】https://www.wam.go.jp/hp/r4_wamjyosei/
【モデル事業】https://www.wam.go.jp/hp/r4_wamjyosei_model/

【助成の目的】
社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者等が自立した生活を送り、また、子どもたちが健やかに安心して成長できる地域共生社会の実現に向けて必要な支援を行うことを目的とします。

【助成対象者】
社会福祉法人、医療法人、公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)、NPO法人、一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす一般社団法人又は一般財団法人)
その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人・任意団体
※法人格の有無は問いません。個人は対象としません。

※令和4年度の募集では、新型コロナウイルス感染症の影響により拡大した課題・ニーズに対応する事業のうち、「新しい取り組みの創出や既存の仕組み等の変革に対応するもの」に重点を置きます。
   
※選定結果は令和4年4月上旬を目途にWAMホームページで公表します。たくさんのご応募をお待ちしています。


【助成対象経費】
謝金、旅費(国内旅費及び外国旅費)、借料損料(会場借料含む)、家賃、備品購入費、消耗品費(燃料費、食材費及び会議費含む)、印刷製本費、通信運搬費、賃金、委託費、保険料、雑役務費、光熱水費

【助成テーマ】
<安心につながる社会保障>
(1) 安心して暮らせるための地域共生社会の実現に向けた包括的な支援に資する事業
(2) 求められる介護サービスを提供するための多様な人材の確保、生産性の向上に資する事業
(3) ヤングケアラーを含む介護する家族の不安や悩みに応える相談機能の強化・支援体制の充実に   資する事業
(4) 介護に取り組む家族が介護休業・介護休暇を取得しやすい職場環境の整備に資する事業
(5) 介護と仕事を両立させるための働き方改革の推進に資する事業
(6) 元気で豊かな老後を送れる健康寿命の延伸に向けた取り組み強化及び高齢者への多様な就労の
   機会の確保に資する事業
(7) 障害者、難病患者、がん患者等の活躍を支援する事業

<夢をつむぐ子育て支援>
(8) 結婚、子育ての希望実現の基盤となる若者の雇用安定・待遇改善に資する事業
(9) 妊娠・出産・育児に関する各段階の負担・悩み・不安を切れ目なく解消するための支援事業
(10)子育てを家族で支える三世代同居・近居しやすい環境づくりに資する事業
(11)出産後・子育て中も就業が可能な多様な保育サービスの充実・多様な人材の確保・生産性の 向上に資する事業
(12)出産・子育ての現場である地域の実情に即した働き方改革の推進に資する事業
(13)希望する教育を受けることを阻む経済事情など様々な制約の克服に資する事業
(14)子育てが困難な状況にある家族・子供等への配慮・対策等の強化に資する事業

<被災者支援・災害時の支援体制づくり>
(15)災害における被災者支援、災害時における支援を担う人材の育成に係る研修や訓練に関する事業

応募制限

なし

応募方法

応募手順は2段階となります。

ステップ1として、ホームページより「募集要領」「助成事業Q&A」「要望書(記載例)」を確認し、応募書類「要望書」を作成してください。
ステップ2として、作成した応募書類と添付書類を応募フォームにて送信してください。

提出期限は令和4年1月31日のPM3:00までです。

選考方法

助成対象事業の選定は、機構が設置する外部有識者からなる社会福祉振興助成事業審査・評価委員会での審議を経て決定します。

決定時期

選定結果については、令和4年4月上旬(予定)を目途にWAM助成ホームページで公開します。
選定結果に関するお問い合わせ等にはお答えできませんので、予めご了承ください。

助成金額

助成金総額: 600,000,000円
1件あたりの上限額: 20,000,000円

昨年度実績

応募件数:605件 / うち継続 - 件
助成件数:132件 / うち継続 - 件
助成金総額:608,749,000円 / うち継続 - 円

備考

R2実績
  • 戻る