特定非営利活動法人NPO法人くらしのお手伝い・ほっとホット

基礎情報

団体ID

1107440347

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

NPO法人くらしのお手伝い・ほっとホット

団体名ふりがな

えぬぴーおーほうじんくらしのおてつだいほっとほっと

情報開示レベル

★

第三者認証マーク

団体の概要

 当法人のある鬼北町は、愛媛県の西南部で人口10,584人、総面積は241.87㎢で1000m級の山地に囲まれた典型的な中山間地で、町の面積の約8割を森林が占めています。また、町の中央を四万十川最大の支流である広見川が流れ、今でも夏になるとウナギや川ガニ、鮎等の川魚漁が盛んです。
 しかし、当町でも少子高齢化が進み、人口は10年前に比べると17%の減少で高齢化率は42.2%となっています。過疎化が進み、空き家があちらこちらで目立つようになり、寂しい思いをしていますが、四季を感じられるまち、川のせせらぎ、虫の声、太陽の光、そして朝霧の中に浮かび上がる山々など、この素晴らしい自然の中で育ち、生きてきた私たちは、この町を大切にしていきたい、そしてこの町で何かお役にたてればとの思いで、定年退職等を機に、平成25年5月、NPO法人くらしのお手伝い・ほっとホットをたちあげました。事業所は町の中心部から山間部に車で10分余り、広見川沿いの小さな集落にあります。50代から60代の女性8人、男性2人でのスタートでした。
 活動は当初、地域の高齢者や障がいのある方のお手伝いサービスとして、掃除や草引き、食事のお世話や見守り、買物支援、通院同行等でした。幸いメンバーの多くが、看護師や介護福祉士、保育士で、医療や福祉の現場での経験を活かすことができ、利用者の方からも信頼を得ることができました。また、NPO法人の会員も当初の10人から現在は38人となり、地域の方からも少しずつ活動への理解と協力をいただくようになりました。
 翌年の平成26年4月には障がい者の就労継続支援B型事業所「ほっとホット」を開設しました。倉庫を利用したとても小さな事業所ですが、小さな事業所だからこそできるかかわり、家庭的な温かさが伝わる支援を大切に活動を続けています。
 作業は、当初、着物地等を利用した小物や雑貨づくり、箱組み立等の内職・軽作業をしていましたが、その後、弁当や菓子等の食品加工品の製造販売、野菜栽培等も行うようになりました。弁当・菓子は全て予約注文で、そのうち8割が配達です。特に一人暮らしの高齢者にとっては、配達で訪問することで安否確認にもつながり、家族の方からも喜ばれています。食品加工部門は当事業所でも大きな収入減となっており、今後も自家栽培の新鮮な食材を使用したり、販売方法等も工夫しながら収入増と経営の安定化を図り、利用者が少しでも安定した生活がおくれるよう努めていきたいと思っています。
 また、障がいのある方が安心して過ごせる場・居場所づくりにも力を入れています。其々の個性を生かし、「できることを一緒に探してみよう」ということで、戸外活動や3B体操、料理教室等様々な活動も取り入れながら、笑顔いっぱいの楽しく過ごせる場所づくりを行っています。
 職員についても、当事業所には、40代から70代の者が17人おりますが、そのうち、60歳以上が8割を超えています。定年なし、勤務時間は8:30~16時の6.5時間の中で、自分の健康や家庭の事情等を考慮した勤務体制、其々がこれまでの経験や技術を生かすことができ、利用者と関わることで逆にパワーをもらっています。60代ますます元気、70代まだまだ元気、とにかく皆前向きで元気、笑い声が絶えない職場です。第二の人生を気の合う仲間とともに楽しく活動ができることに感謝し、多くの人との出会いや支えあいを大切にしていきたいと思っています。特に、今年の西日本豪雨では、当事業所は作業場が一部浸水しましたが大きな被害もなく、被災者の方々へおにぎり等の炊き出しも行うことができました。これまで経験したことのない大きな災害を目の当たりにし、地域の支えあい、人と人の絆がいかに大切であるかを実感しました。
 これからも支えあうまちづくり、人も地域も元気な町、誰もが住み慣れたまちで安心して暮らすことができるよう活動を続けていきたいと思っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

山下 里美

代表者氏名ふりがな

やました さとみ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

798-1322

都道府県

愛媛県

市区町村

鬼北町

市区町村ふりがな

きほくちょう

詳細住所

上川606-2

詳細住所ふりがな

かみかわ

お問い合わせ用メールアドレス

hothot@ma.pikara.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0895-49-1455

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~16時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0895-49-1455

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~16時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

798-1322

都道府県

愛媛県

市区町村

鬼北町

市区町村ふりがな

きほくちょう

詳細住所

上川606-2

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2013年5月24日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2013年8月27日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

愛媛県

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

20名

所轄官庁

その他

所轄官庁局課名

鬼北町
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

障がい者

 

子ども、高齢者、福祉

設立以来の主な活動実績

 当法人のある鬼北町は、愛媛県の西南部で人口10.584人、町の面積の約8割を山林が占める中山間地で、高齢化率は42.2%となっています。また、町の中央には四万十川最大の支流・広見川が流れています。
 私たちは、この自然豊かな町に育ち生活ができることに感謝し、この町を大切にしていきたいと思っています。そして、何か地域でお役にたてればとの思いから、定年退職等を機に、50代から60代の女性8人、男性2人が集まり、平成25年5月、NPO法人くらしのお手伝い・ほっとホットをたちあげ、地域の高齢者や障がいのある方のお手伝いサービスをはじめました。翌年には、障がい者就労継続支援B型事業所「ほっとホット」を開設し、現在は、このB型事業が当法人の主な活動となっています。
 メンバーの多くが、看護師、介護福祉士、保育士等で、医療や福祉の現場での経験を生かすことができ、利用者からも信頼を得ることができました。また、NPO法人の会員も当初の10人から現在は38人となり、地域の方からも少しずつ活動への理解・協力をいただくようになりました。 メンバーの内理事長は、長年鬼北町で行政職員として勤務し、その間、福祉や医療の分野で多くの方と関わる中で、福祉に関心を持つようになり、精神保健福祉士の資格を取得し、B型事業所「ほっとホット」で管理者兼支援員として活動をしています。
 当法人が行ってきた主な活動はつぎのとおりです。
 1 障がい者福祉サービス事業(障がい者就労継続支援B型事業)
 (1)実施年: H26.4月~現在
 (2)対象者等:宇和島市、北宇和郡(鬼北町、松野町)16人
         月平均利用者数:8人  月平均開所日数:20日
 (3)内 容
   ア 小物、雑貨づくり(着物地や和紙を利用した製品づくり)
   イ 内職 (箱組み立て 着物ほどき)
   ウ 食品加工販売「味わい処ほっとホット」:全て予約注文で8割が配達 
      弁当・・毎週月・水・木(定期便) その他特別注文により販売(平均約90食) 
      菓子・・町内保育所園児のおやつ及び週1回程度予約注文により販売
   エ 高齢者支援 買物代行、草引き等
   オ 愛媛国体開催による作業受託 H29.9.月~10月
     国体記念品(鬼王丸お守り800個 体育館用モップ350枚 箸袋:12,000 国体旗立て等
 2 被災者への支援:H30.7月
    平成30.7月の西日本豪雨による被災者(鬼北町内)へのおにぎり等の炊き出し
   
 
 
   

団体の目的
(定款に記載された目的)

 高齢者、障がい児・者及び子供たちが住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、幅広く生活支援サービス等を実施し、福祉やまちづくりに貢献するとともに、社会的ハンディを持つ人々の自立と社会参加を促進し、誰もがいきいきと充実した生活をおくることができる社会の実現に寄与する

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

 1 障がい者福祉サービス事業(就労継続支援B型事業)
 (1)実施年: H26.4月~現在
 (2)対象地域:宇和島市、北宇和郡(鬼北町、松野町)  
 (3)内 容
   ア 小物、雑貨づくり(着物地や和紙を利用した製品づくり)
     小物:和布(着物地)等を利用した袱紗、巾着:アームカバー等
     雑貨:牛乳パックに和紙や和布を張って作る(ちょこっとナイロン袋入れ、メガネケース)
   イ 内職 (箱組み立て 着物ほどき等の軽作業)
   ウ 食品加工販売「あじわい処ほっとホット」 
      弁当・・毎週月・水・木(定期便) その他特別注文により仕出し弁当等販売 
      菓子・・町内保育所園児のおやつ及び週1回程度予約注文により販売
    ※「○○の日」として、総菜や地域に伝わる昔懐かしい和菓子等の製造販売
     ○○の日(もちもちの日、チョットお助けの日 お母さんちょっと休んでの日
          自信作スイーツの日 恵方巻の日 等々)
   エ 野菜栽培:近くの畑を無償で借り受け野菜栽培(弁当の食材として利用)
   オ 高齢者生活支援事業
      A 掃除・草引き等
      B ほっとホットのおつかいサービス
        買い物代行等
 

現在特に力を入れていること

 当法人の主な事業は、障がい者福祉サービスの内、障がい者就労継続支援B型事業です。障がいのある方の就労の機会や生産活動の場を提供するとともに安心して過ごせる居場所づくりができるよう努めています。そして、障がいのある方の生活がより安定したものになるよう工賃の引き上げ等ができるよう、各部門での新製品開発、コストダウン、販売方法の工夫等に力を入れています。
 まず小物・雑貨部門では、何れも手作りであるために完成までに時間がかかり、量産ができないこと、商品の回転率が悪く販売収入がなか伸びないこと等の問題を抱えています。そこで、縫製のノウハウを持ち、経験豊かな指導員の雇用によって、新製品の開発や付加価値を付けた製品の製作に取り組んでいます。
 また、「あじわい処ほっとホット」の弁当、菓子等の食品加工部門は、事業開始以来顧客が徐々に増え販売収入が順調に伸びてきているので、より一層製造販売に力を入れていきたいと考えています。現在、弁当は主に昼食用で月・水・木曜日の予約注文販売、その内8割が配達です。効率的な配達経路を検討し、販路拡大を図っています。また、仕出し弁当や総菜の注文も入るようになり、弁当の定期便とともに特別注文にも力を入れています。
 総菜。菓子部門では、現在、「○○の日」として「もちもちの日」「チョットお助けの日」「恵方巻の日」「自信作スイーツの日」等々により、特別注文を受けていますが、新たな○○の日の設定や回数を増やす等販売に力をいれ経営の安定化を目指しています。事業を進めることで障がい者の就労機会を増やし、障がい者の安定した生活につながるよう力を入れています。
 

今後の活動の方向性・ビジョン

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

 H25年11月 社会福祉事業助成金(鬼北町社会福祉協議会) 198,000円 
         エアコン、血圧計購入費として
 H28年3月  NHK歳末助け合い配分金 30,000円
         炊飯器購入費用として
 H28年4月  共同募金配分金(愛媛県共同募金会)  190,000円
         冷蔵庫の購入費用として
 H29.年3月  社会福祉事業助成金(鬼北町社会福祉協議会) 200,000円
         エアコン、掃除機購入費用として
 H29.年7月  共同募金配分金(愛媛県共同募金会)1,300,000円
         送迎用軽自動車購入費用として
 H29年10月  伊予銀行社会福祉基金(伊予銀行) 食器消毒保管庫1台  

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

 鬼北町精神保健ボランティアグループ「つつじ」:会員27名 との連携・協働
  毎週水曜日の午後、「トライトライの日」して、「つつじ」の方とともに様々な日中活動を実施
  また、「つつじ」の行事・活動(クリスマス会等)に参加

企業・団体との協働・共同研究の実績

 実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

 1 鬼北町からの作業受託 H29年9月から10月
   鬼北町で開催(女子バレーボール)された愛媛国体開催時の作業受託
    国体記念品(鬼王丸お守り 800  体育館用モップ350 
    箸袋セット(デザイン込み) 12,000  国体旗立て 330 )
 2 鬼北町泉公民館から物品製造販売
    敬老行事記念品としてメガネケース 550
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

 

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算 2021年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 2019年度(前々年度)決算 2020年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
20名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2020年度(前年度)
 
 
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
 
 
2017年度
 
 
 
 
2016年度
 
 
 
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2021年度(当年度)
 
 
2020年度(前年度)
 
 
2019年度(前々年度)
 
 
2018年度(前々々年度)
 
 
2017年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら