特定非営利活動法人生ごみリサイクル思考の会

基礎情報

団体ID

1137582100

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

生ごみリサイクル思考の会

団体名ふりがな

なまごみりさいくるしこうのかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

今後一層高齢化が進むなかで、高齢者の指定地へのごみ出しが負担増のなって来る、地域課題解決に向け、行政、NPO、住民が一体となり、行政のごみ施策の在り方を変化させ、住民参画の地域づくりを目指したNPO法人であり、又この事は新しい行政の担い手として求められ、世に認知されたNPO法人のあるべき姿と思い日々スタッフ一同頑張っているところです。
又我がNPO法人は高齢者の働く、元気なまちづくりの一環として、団塊の世代の地域貢献の場として、僅かではあるが、当該事業を行政委託方式でボランティアスタッス全員の合議の上、役員、スタッフ一律公正な分配金配布の喜びを分かち合っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

川島 浩

代表者氏名ふりがな

かわしま ひろし

代表者兼職

各種団体役員

主たる事業所の所在地

郵便番号

511-0232

都道府県

三重県

市区町村

員弁郡東員町

市区町村ふりがな

いなべぐんとういんちょう

詳細住所

笹尾東3丁目10番9

詳細住所ふりがな

ささおひがしさんちょうめじゅうばんきゅう

お問い合わせ用メールアドレス

khirosi@intsurf.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0594-76-7586

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分〜20時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

携帯電話番号 090-3858-0744

FAX番号

FAX番号

0594-76-7586

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

9時00分~20時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

なし

従たる事業所の所在地

郵便番号

-

都道府県

-

市区町村

-

市区町村ふりがな

-

詳細住所

-

詳細住所ふりがな

-

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2004年7月25日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2004年10月26日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

三重県

最新決算総額

100万円~500万円未満

役員数・職員数合計

5名

所轄官庁

三重県

所轄官庁局課名

三重県環境生活部 男女共同参画・NPO課 NPO班
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

地域・まちづくり、環境・エコロジー

設立以来の主な活動実績

設立趣旨
ごみは循環型社会において第1に発生抑制、第2に再利用、第3に再生利用、第4に熱回収、最後に
処分という優先順位で進められるべきで、日本での生ごみの廃棄量は年間2000万トンとも言われ、 日本でのリサイクル率は0.3%である(98年)。
三重県においても「ごみゼロ社会」の実現に向けた基本方針が発表され、とりわけ東員町においても
行政だけでは「進まないごみ減量、生ごみコンポスト化事業」に、我々は地域と実践グループ及び
行政と共にこの事業を立ち上げ、笹尾地区、城山地区を対象として、この輪が広がる事を目的とし
「ごみ減量、生ごみコンポスト化事業」に形と方法がかわれどもごみ減量に寄与するものとする。
「ごみを資源ととらえた地域づくりの展開」をふまえ、協働の素地つくり、モデル事業の実施に取り組む。
当該事業 平成27年度 活動実績
 受益者  町内住民   314世帯(人口880人)内高齢者世帯 200世帯
 就労者  11名(平均年齢68歳のボランティア)
 述べ就労者数 638人
 述べ活動時間 2,247時間
 主たる財源  行政委託、会費、寄付、各種助成金
代表者の経歴
 1943年~   滋賀県で生れる。
 1961年~   総合建設業へ技術職として入社
 2003年~   1級建築士事務所を開設
          愛知建築士会理事歴任  
          愛知県建築士事務所協会名古屋支部理事歴任          
 2004年~   NPO法人 生ごみリサイクル思考の会 設立
          NPO法人生ごみリサイクル思考の会理事長就任         
          笹尾東3丁目自治会長を歴任
          東員町ボランティア連絡協議会代表 を歴任 
          東員町観光協会理事就任
          防災ネットとういん代表就任
          東員町ボランティアの会代表就任
           


団体の目的
(定款に記載された目的)

住民に対して、環境保全を図る目的に関する事業を行い、もって「ごみゼロ社会」の実現に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

家庭生ごみを可燃ごみから資源ごみへ。
日々排出される生ごみは水分70%以上の含水率であり、焼却処分するにあたり、枯渇し続ける化石燃料を補助燃料で燃やす仕組みを住民の自主的な取組みで、可燃ごみから資源ごみへ、堆肥化事業の実践を行う事で行政コストの削減、資源循環型社会、低炭素化社会の地域社会を目指しています。
生ごみ堆肥化活動
普及・啓発活動
講演会の実施
リサイクルステーションの実施
環境学習の実践

現在特に力を入れていること

生ごみ堆肥化事業を行っていますが、当地域は高齢化率が特に三重県下で非常に急激に進んでいる地域です、ここで見えてきた地域の課題として、ごみ集積所持ち込み回収で回収拠点までの持ち込みが、生ごみの入った重いごみ袋の排出が高齢者にとっては生活負担となってきている昨今、当NPOの生ごみ堆肥化事業で、各家庭へ処理副資材。完熟たい肥と交換に一次処理品の個別訪問回収方式を取り入れた仕組みが、高齢者の生活支援、安否確認の福祉面で、堆肥化事業参加者および行政より高く評価をいただいているところです、今後も参加者増が期待されています。又ボランタリーの観点から、企業概念の雇用方式ではなく、スタッフも高齢者で支えられ、高齢者雇用に繫がっています。

今後の活動の方向性・ビジョン

今後のNPO活動の方向生として、平成32年度に当地域が行っている、RDF発電所燃料化で処理されている方式が撤退となり、平成33年度より新たな仕組みである、焼却場施設での焼却処分の移行に合わせて、当NPO法人は社会的企業として、地域のごみは地域内ごみ消滅化で処理費用の削減を図り、広域圏で他市に流出する住民の税金を抑制し、地域内でもう一度環流する、また回収した生ごみは堆肥化で完成した完熟たい肥を地域内の家庭菜園、農地等資源として地球に戻す、持続可能な地域循環型社会社会を目指します。

定期刊行物

特になし

団体の備考

当法人の活動取組で、リサイクルステーション、環境学習の実践で「恵まれない子どもたちにワクチンを」でエコキャップの回収にも取り組んでおり、地域では回収ボックスを町内の公共施設に設置して、住民の活動の促進を図り、又地域の小中学校のエコキャップ回収の支援で提供団体名で個別送付する事で団体の実績が見える形にするため、又掛かる送料削減を目的に、現在までに当NPO法人名で190万個強の実績をもっています。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

創設以来下記の支援をいただきました。
三重県環境活動助成                  生ごみ堆肥化事業助成
大阪コミュニテー財団(東洋ゴム環境保護基金)     生ごみ堆肥化事業助成
桑名信用金庫福祉基金                 生ごみ堆肥化事業助成
三重銀NPOサポートファンド             生ごみ堆肥化事業助成
大阪コミュニテー財団(東洋ゴム環境保護基金)     エコの館事業助成
桑名信用金庫福祉基金                 エコの館事業助成
みえ地域コミュニティー応援ファンド          エコの館事業助成
セブンイレブン緑の基金                エコの館事業助成
家電エコポイント寄付                 エコの館運営費寄付
住宅エコポイント寄付                 エコの館運営費寄付
市民活動応援きらきら基金               団体活動寄付
東員町活動団体助成(通年)              団体活動助成
東員町生ごみ堆肥化事業委託費(通年)         生ごみ堆肥化事業委託
三重銀NPOサポートファンド             団体活動寄付
みえNPOネットワークセンター  コーヒ収益寄付   団体活動寄付
イオン「幸せの黄色いレシート寄付」(通年)      団体活動寄付

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

NPO法人みえきた市民活動センター・NPO法人生ごみリサイクル思考の会・NPO法人いなべ子 ども活動センターの協働事業で、身近な市民活動を応援する「市民活動応援☆きらきら基金」の事 業主体で行う  http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/  。

企業・団体との協働・共同研究の実績

東員町 生ごみ堆肥化事業

行政との協働(委託事業など)の実績

東員町生ごみ堆肥化事業
 住民の自主的な参加で「ごみゼロ社会の実現をめざして」のミッションの基にNPO法人、行政、 住民が協働で、ごみ減量の取り組みをツールに高齢者の生活支援、安否確認を兼ねて、3Rの推  進、地球温暖化防止、行政コストの削減、持続可能な循環型社会を目指した活動として、生ごみ堆
平成28年9月現在の実績値
肥化事業を行ってきました。
 活動実績 生ごみ1次処理参加世帯数  313世帯
      ごみ減量          22.3ton すべて堆肥として樹幹よって焼却ごみの削減
      Co2削減 量   77.50ton
      ごみ回収コスト削減     2,280,000円 費用鯛効果
      生ごみ堆肥化事業委託費   1,008,000円

 
      


      
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円~500万円未満

会計年度開始月

10月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 会費
200,000円
206,800円
206,000円
寄付金
130,431円
189,847円
10,000円
民間助成金
0円
0円
0円
公的補助金
96,952円
61,440円
50,000円
自主事業収入
595,737円
55,147円
55,000円
委託事業収入
1,438,000円
1,008,000円
1,160,387円
その他収入
122,299円
18,348円
10,000円
当期収入合計
2,583,419円
1,539,583円
1,491,387円
前期繰越金
2,392,210円
2,368,610円
2,589,389円
<支出の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
当期支出合計
2,607,019円
1,308,995円
1,873,000円
内人件費
1,356,026円
827,907円
1,153,000円
次期繰越金
2,368,610円
2,589,065円
2,085,359円
備考
 
特定財源次期繰入 122387円
前期繰り入れ額 指定財源122387円を経理区分振替とよむ。

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 受取会費
200,000円
206,800円
206,000円
受取寄附金
130,431円
189,847円
10,000円
受取民間助成金
0円
0円
0円
受取公的補助金
96,952円
61,440円
50,000円
自主事業収入
595,737円
55,147円
55,000円
(うち介護事業収益)
0円
0円
0円
委託事業収入
1,438,000円
1,008,000円
1,160,387円
(うち公益受託収益)
1,438,000円
0円
0円
その他収益
122,299円
18,348円
10,000円
経常収益計
2,583,419円
1,539,583円
1,491,387円
<支出の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算 当年度(平成28年度)予算
内訳 事業費
2,320,431円
989,801円
1,643,100円
(うち人件費)
1,317,512円
713,887円
1,123,000円
管理費
286,588円
319,194円
230,000円
(うち人件費)
38,514円
114,020円
30,000円
経常費用計
2,607,019円
1,308,995円
1,873,000円
当期経常増減額
-23,600円
230,588円
-381,613円
経常外収益計
0円
0円
0円
経常外費用計
0円
10,133円
0円
経理区分振替額
0円
122,387円
122,387円
当期正味財産増減額
-23,600円
220,455円
504,030円
前期繰越正味財産額
2,392,210円
2,368,610円
2,589,389円
次期繰越正味財産額
2,368,610円
2,589,065円
2,085,359円
備考
 
特定財源次期繰入 122387円
前期繰り入れ額 指定財源122387円を経理区分振替とよむ。

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
2,363,875円
2,589,387円
固定資産
5,059円
2円
資産の部合計
2,368,934円
2,589,389円
<負債の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
324円
324円
固定負債
0円
0円
負債の部合計
324円
324円
<正味財産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
2,368,610円
2,589,065円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
2,363,875円
2,589,387円
固定資産合計
5,059円
2円
資産合計
2,368,934円
2,589,389円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成26年度)決算 前年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
324円
324円
固定負債合計
0円
0円
負債合計
324円
324円
正味財産合計
2,368,610円
2,589,065円
負債及び正味財産合計
2,368,934円
2,589,389円
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

毎月1回第2水曜日をスタッフ会議を開催。
毎月1回第4水曜日を理事会を開催して重要事項の協議、決定を行う。
年1回社員総会を開催し定款に定める提案事項の決定を行う。
役員の任期を2年と定め役員改選の承認決定する。
総会開催後速やかに総会で役員人事の決定を得て、臨時理事会を開催して、代表理事の決定を得る。

会員種別/会費/数

個人会員(社員)  1,200円/年    87名(ボランティアスタッフ含む)  
法人会員(社員) 10,000円/年     11法人
個人寄付者 2個人2団体
   

加盟団体

生ごみリサイクル全国ネットワーク 容器包装の3Rを進める全国ネットワーク 地域の未来・支援センター みえきた市民活動センター 東員町ボランティア市民活動センター いなべ市市民活動センター

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
0名
0名
非常勤
0名
0名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
5名
0名
常勤職員数
0名
役員数・職員数合計
5名
イベント時などの臨時ボランティア数
15名

行政提出情報

報告者氏名

川島 浩

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

6190005008444

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成25年度) 前々年度(平成26年度) 前年度(平成27年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表)
決算報告書(財産目録)
事業報告書

予算・事業計画

前々年度(平成26年度) 前年度(平成27年度) 当年度(平成28年度)
予算書類
事業計画書

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら