認定特定非営利活動法人Homedoor

基礎情報

団体ID

1517113674

法人の種類

認定特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

Homedoor

団体名ふりがな

ほーむどあ

情報開示レベル

★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

1.当事者とともに
Homedoorでは、路上脱出の方法を「選べる」ことが大切だと考えます。丁寧なヒアリングをもとに、当事者らの目先の利害ではなく、その人にとって本当に必要なことを掘り出し、それに沿った多種多様な選択肢、仕事の場を提供します。「こうした方がいい」と押し付けず、「自立=自分らしく生きる」と定義し、当事者がどうしたいのか、どうなりたいのかを一緒に考えます。私たちは当事者らを支援するのではなく、あくまで「応援する」立場であると捉えています。

2.多様なステークホルダーとともに
ホームレス問題は、日本では非常にネガティブな問題と捉えられ、閉鎖的な支援となりがちです。しかし、若い世代を中心としたHomedoorでは、デザインや発信方法にこだわり、どんな人でもわかりやすく問題を理解してもらい、多様な関わり方を提供しています。

3.挑戦と実践の場
Homedoorでは、当事者らと「どんなサービス(支援)があったらいいか」を常に考えては実践するということを繰り返してきました。なので、Homedoorの取り組みは、新しい支援の形として多くの方に注目いただいてまいりました。それらの事例を今後も、行政、NPO、研究機関等にも共有していくことでロールモデルとなり、大阪以外の他地域での展開にも貢献できればと思っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

川口 加奈

代表者氏名ふりがな

かわぐち かな

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

531-0072

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市北区

市区町村ふりがな

おおさかしきたく

詳細住所

豊崎1−8−11

詳細住所ふりがな

とよさき

お問い合わせ用メールアドレス

info@hoomedoor.org

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

06-6147-7018

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

06-6147-7019

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2010年4月24日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2011年10月4日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

大阪府

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

役員数・職員数合計

16名

所轄官庁

大阪市

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、地域・まちづくり、環境・エコロジー、経済活動の活性化、就労支援・労働問題、行政への改策提言

設立以来の主な活動実績

【団体概要】
2010 年 4 月、14 歳からホームレス問題に携わる代表・川口を筆頭に団体設立。
「ホームレス状態を生み出さないニホン」を目指し、3本の柱で活動を開始。
(1)貧困への「入口封じ」
…「見えざる貧困」と言われ、ホームレス化する可能性の最も高いネットカフェやファーストフード店などで暮らす困窮者の目にする場所での相談窓口の告知活動や、他機関との連携を行っている。毎週3〜5人が全国から相談に訪れ、のべ2,820名の生活支援を行った(2016年4月現在)。次の目標は、相談に訪れた人がその日からでも安心して寝床を確保できるよう、ケア・センターを提供することだ。

(2)誰もが困窮状態から脱出できる「出口作り」
…路上からでも働ける多種多様な仕事を作り、生活応援施設の整備を行うことで、ホームレス状態を脱出するサポートを行っている。就労支援では、ホームレスの人の特技を活かした仕事作りを行い、中間的就労の場を提供しようと10拠点以上で仕事を提供し、170名以上が働いた(2016年4月現在)。中でも、ホームレスの人の7割が得意とする自転車修理技術を活かそうと始めたシェアサイクル「HUBchari」プロジェクトが有名となった。

(3)再挑戦を応援できる、「ホームレス」への偏見をなくす「風土作り」
…貧困問題を正しく伝える街歩き「釜Meets」、ワークショップ、講演活動、他ホームレス支援団体と協働して一般社団法人「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」を運営し、DVDや本の制作・販売を行っている。

団体の目的
(定款に記載された目的)

【団体の設立目的(定款記載文)】
この法人は、経済的貧困や社会的孤立を抱えている人、特に、ホームレスの人又はホームレスになるおそれのある人で自ら生活を向上させていこうという意思のある者(以下「生活困窮者等」という)に対し、日常生活及び就労における支援事業を通じて、その生活の向上、地域における人間関係の再構築及び職業能力の開発を行う。また、その適性や能力をいかした地域の環境整備事業やまちづくり事業を通じて、その雇用機会を拡充すると同時に、誰もが住みやすいまちづくりの推進に寄与する。また、ホームレスを生み出す社会構造を見直し、誰もがホームレスにならずに安定した生活を営むことのできる社会を実現するため、広く啓発事業及び学習事業を行い、共に生きる社会の基盤を構築する。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)


【活動内容】
(活動の柱1)貧困への「入口封じ」
 ネットカフェ難民をはじめとする困窮者の所在がわからない「見えざる貧困」が増え、当事者の実態が把握できない。そこで、「ホムネット」事業では困窮者が目にするところへの相談窓口の告知網を企業の協賛によって張り巡らせ、困った時にあそこに行けばいい」という困窮者の認識を確立。相談後は、ワンストップのオーダーメイド型支援を実施する。特に、就労自立を目指す者へは、就労支援を受けてもらいその人の特性を把握後、企業へのマッチングを行っている。
 さらに「&クラス」では、社会的孤立状態や就労意欲・自尊心の低下状態にある方を対象に、生活支援から就労支援まで個人に合わせた生活支援・就労支援の講座を毎月提供している。

(活動の柱2)誰もが困窮状態から脱出できる「出口作り」
 路上からでも働ける仕事づくりを行うことで、その人のペースでお金を貯めてもらいながら、路上脱出を支援する。中でも、ホームレスの人の7割が自転車修理を得意とすることから生まれたシェアサイクル「HUBchari」や年間 1 億 3000 万本も使い捨てされるビニール傘のリメイクプロジェクト「HUBgasa」が有名になった。
 また、ホムパトという夜回り活動を通じて、ホームレスの人に毎月継続的にアウトリーチ手法での相談支援を行なってきた。その結果、相談者数も増え、路上脱出される方が増えた。さらにホムパトでは、路上生活の凍死や餓死、襲撃事件を防ぐべく、大阪市北区・中央区を中心に毛布やおにぎり、生活用品、路上脱出ガイド等を毎月配布している。
 「&ハウス」事業では、Homedoor やその他の機関で、働きながら路上脱出を目指す方々の日常のサポート(洗濯や食事、仕事さがし)をしながら、ホームレスの人の「ホッ」と安堵できる居場所を作ろうと 2015 年3月に梅田駅近辺で施設運営を開始。当事者らの声をもとに、 ニーズに応じた様々な設備を整えている。

(活動の柱3)再挑戦を応援できる、「ホームレス」への偏見をなくす「風土作り」
「釜Meets」では、日本で最もホームレスの人々が多いといわれる釜ヶ崎のまち歩き、炊出しへの参加 やワークショップを2010年より行い、日本の貧困問題をじっくり考える場を提供している。また、年間 100 本以上の講演やワークショップの実施や、DVDや本の制作・販売を通じて、日本の貧困問題の認知を広げている。

現在特に力を入れていること

【2016年度目標】
(1)貧困予防策づくり
・センターづくり
ホームレスになりそうなとき、多くの人がどこに頼れば良いのかわからず、ネットカフェなどの深夜営業店舗に駆け込んでいる状態です。そこで、そういうときに、頼れる場を作り、その日から個室で無料で泊まれる場所や、働ける場を作る。まずは今年、3室で実験してみて、2年後には、30室を目指す。

・マッチング事業の拡充
Homedoorで就労支援を受けた人を、他企業にマッチングしていけるように資格を取得したので、そのマッチング件数とアフターフォローサービスを拡充し、当事者が当事者らしく働けるようサポートしていく。

・毎月の生活支援講座開始

・Homedoorの生活困窮窓口を知らせる広告の拡充 157店舗→300店舗


(2)路上からの出口作り
・新事業の展開
より多くの雇用枠を提供できるよう、新規事業を立ち上げ、雇用と採算の両立
就労支援事業を立ち上げる。

・作業所の開設
年配の方や障害を持っている方の中には、一般的な仕事に就職するのが難しい方もいらっしゃる。そこで、作業所を開設してそのような方にも安定的にお仕事をしてもらえる環境を作る

・就労支援によるステップアップ率 55%→70%
専門の相談員を2016年に2名増員し、より綿密なケアを行い、次のステップ(仕事や住居の確保)につなげていける率を増やす。


(3)「ホームレス」への偏見をなくす「風土作り」
・大阪での襲撃調査の実施
・貧困問題について発信するWEBメディア リリース
・「おっちゃん応援団」結成
・貧困の連鎖防止に向けたライフステージを超えた他団体との協働

【組織面】
・各事業部ごとの目標設定、管理を徹底
・理事やアドバイザーの充実、理事会活用の見直し
・外部アドバイザーとともに、人事評価制度や就業規則の見直し

今後の活動の方向性・ビジョン

私たちが実現したいのは 、ホームレス状態及びホームレスになるおそれのある人が、本人の希望に沿って自分らしく、安定した生活をおくることができる社会です。
しかし、当事者のニーズに合っていない公的支援は利用しづらく、 住居と仕事を失うことにより、金銭や精神的余裕がなくなり、周囲との関係がより希薄になり、 ホームレス状態に陥りやすくなるため、自力で困窮状態からぬけ出すことが難しいという構造になっていて実現できていません。
これを解決するためには、 行政・企業・他NPOなどの他組織と役割分担し、 私たちは 「当事者が主体的に運営するプログラム」 「既存支援に頼りきらない独自性」という強みを活かし 「仕事」「住居」「関係性」について、当事者のニーズに応えられる複数の選択肢を提示することで、問題解決に最も貢献することができると考えています。

定期刊行物

1.ホムドっ子通信(メルマガ) 
概要:毎月の活動報告やホームレス問題のニュースを誰でも無料で読めるようにメルマガを配信中です
配信日:毎月4日
配信者数:約3000名
登録方法:お問い合わせフォームより登録
       (http://www.homedoor.org/contact/form

2.ボランティア通信(メルマガ) 
概要:ボランティア登録をいただいた皆様に、来月のボランティア情報を配信しています。登録者は、好きなボランティアを選んで、参加することが可能です。
配信日:毎月25日
配信者数:約300名
登録方法:ボランティア登録フォームより登録
       (http://www.homedoor.org/shien/regist

3.寄付者向け ホムドっ子通信(メルマガ)
概要:ご寄付をいただいている皆様にお届けする、1ヶ月の活動報告です。代表・川口によるコラム「おっちゃん物語」も好評配信中! 
配信日:毎月4日
登録方法:サポーター(寄付会員)登録
       (http://www.homedoor.org/shien/kifukaiin

4.アニュアルレポート
概要:Homedoorの1年間の活動のご報告をさせていただく年次報告書
作成日:毎年6月
購読方法:サポーター(寄付会員)登録
       (http://www.homedoor.org/shien/kifukaiin

5.シェアサイクルマガジン「ringring」
概要:シェアサイクル「HUBchari」に乗ってオシャレに出かけたくなる情報満載のクーポンマガジン
作成日:不定期

団体の備考

【メディア掲載実績】代表的なもののみ記載
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2011)
朝日放送「キャスト」(2011)
BSジャパン「一柳良雄が問う日本の未来」安藤忠雄編(2012)
テレビ朝日「ワイドスクランブル」 (2012)
「ソトコト」NO.153 (2012)
NHK「ゆうどきネットワーク」(2013)
NHK教育「ハートネットTV」 30分特集(2013)
フジテレビ「ニュースJAPAN!&スポルト」(2013)
読売テレビ「zip!」(2013)
NHK教育「道徳ドキュメント」(2014)
「日経WOMAN1月号」ウーマン・オブ・ザ・イヤー特集(2014)
「日本経済新聞」朝刊 迫真(2014)
BSジャパン「ありがとうといわれる仕事」(2015)
BRUTUS「つぎのひと。」(2015)
毎日小学生新聞連載(2015)
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

NPO法人ETIC.主催 NEC社会起業塾 (2010) 
内閣府雇用創出事業基金 (2011)
内閣府「大阪府新しい公共支援事業」(2012)
NPO法人edge ビジネスプランコンペ 最優秀賞(2012)
WAM福祉基金(2014〜2015)
三井住友銀行(2014〜2015)
Googleインパクトチャレンジ グランプリ(2015)
モンベル株式会社 寝袋の寄贈(2015) 他

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

・訪日外国人へのHUBchari利用推進と観光推進による地域活性化(2012)
協力団体:NPO法人Co.to.hana、大阪観光コンベンション協会

・中間的就労の実践研究(2014)
協力団体:三菱財団

・大阪市におけるコミュニティサイクルの推進(2014-)
協力団体:大阪市、一般社団法人水都大阪パートナーズ

・ホームレスの人への健康相談会の実施(2015−)
協力団体:NPO法人ヘルスサポート ヒナタ

・ライフステージを超えた貧困の連鎖の断絶に向けた協働(2016)
協力団体:認定NPO法人D×P、NPO法人山科醍醐こどものひろば

企業・団体との協働・共同研究の実績

大阪ガス株式会社 (HUBchari)
積水ハウス梅田オペレーション株式会社 (HUBchari)
株式会社東急ホテルズ (HUBchari)
浜口産業株式会社(HUBchari)
株式会社アクロス(ホムネット)
株式会社プラネット(ホムネット)
特定非営利活動法人ふーどばんく大阪(ホムパト)
日本システム技術株式会社 (WEBサイト)
株式会社セールスフォース・ドットコム(システム構築)
ソフトバンクグループ株式会社(寄付システムの提供)
Google株式会社 他

行政との協働(委託事業など)の実績

大阪市住吉区 HUBchari協同実施(2012)
大阪市北区 HUBchari協同実施(2013)
大阪府 「生活保護世帯向けの生活支援講座の開催」受託(2014−2015)
大阪市北区(庁舎前)、西成区、平野区 「自転車対策事業」受託(2014)
大阪市北区、西成区 「自転車対策事業」受託(2015)
大阪市北区(庁舎前)、西成区、住之江区 「自転車対策事業」受託(2016)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5,000万円~1億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
 
 
 
民間助成金
 
 
 
公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
 
 
 
当期収入合計
 
 
 
前期繰越金
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
当期支出合計
 
 
 
内人件費
 
 
 
次期繰越金
 
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
 
 
 
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
 
 
 
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
 
 
 
経常収益計
 
 
 
<支出の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算 当年度(平成29年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
 
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
 
 
 
次期繰越正味財産額
 
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
2名
非常勤
0名
11名
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
3名
役員数・職員数合計
16名
イベント時などの臨時ボランティア数
90名

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人格を取得した時の番号)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら