特定非営利活動法人サービスグラント

基礎情報

団体ID

1818539619

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

サービスグラント

団体名ふりがな

さーびすぐらんと

情報開示レベル

★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

サービスグラントとは、NPOに対して「お金」を支援する助成金(グラント)と異なり、「スキル」や「ノウハウ」を提供することによってNPOや地域住民の市民活動の活性化を支援する「プロジェクト型助成」です。

サービスグラントには、プロジェクトマネジメント、調査、マーケティング、デザイン、ウェブ制作等のプロフェッショナルスキルを持った多数の社会人が「プロボノワーカー」として登録しています。
サービスグラントでは、支援先のNPOや地域団体を厳正に審査・採択した上で、 プロボノワーカー4~6名からなるプロジェクトチームを編成していきます。
プロジェクトが始まると、約1ヶ月〜約6ヵ月間のプロセスを経て、具体的な成果物の提供を通じて、NPOや地域団体の活動を応援します。

代表者役職

代表理事

代表者氏名

嵯峨 生馬

代表者氏名ふりがな

さが いくま

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

150-0002

都道府県

東京都

市区町村

渋谷区

市区町村ふりがな

しぶやく

詳細住所

渋谷1-6-3 ヴィラファースト渋谷502号室

詳細住所ふりがな

しぶや

お問い合わせ用メールアドレス

info@servicegrant.or.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

03-6419-4021

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

10時00分〜18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

-

連絡先区分

-

連絡可能時間

-

連絡可能曜日

-

備考

-

従たる事業所の所在地

郵便番号

541-0055

都道府県

大阪府

市区町村

大阪市中央区

市区町村ふりがな

おおさかしちゅうおうく

詳細住所

船場中央1-3-2-302

詳細住所ふりがな

せんばちゅうおう

URL

団体ホームページ

団体ブログ

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2004年12月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2009年5月13日

活動地域

全国

中心となる活動地域(県)

東京都

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

役員数・職員数合計

14名

所轄官庁

東京都

所轄官庁局課名

東京都生活文化局都民生活部地域活動推進課NPO法人係
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

市民活動団体の支援、助成活動

設立以来の主な活動実績

2004年5月 
プロジェクトリーダーの嵯峨が米国サンフランシスコのNPO「タップルート・ファウンデーション」を訪問。サービスグラントの概要や、同団体の支援を受けたNPOへのヒアリング等、現地調査を行う。

2004年6月~
雑誌「ソトコト」において連載記事を執筆する中で、サービスグラントについての構想を温める。

2004年12月 
サービスグラントに参加するボランティア向け説明会を開催

2005年 
「ソトコト」編集者との協働で、当時丸の内にあった「LOHAS Kitchen & Bar」を拠点にサービスグラントの活動を開始
同年秋に、任意団体「サービスグラント東京」を設立

2009年 
サービスグラントNPO法人化
日本財団による助成支援が決定
日本初となる大規模なプロボノイベント「プロボノフォーラム」をラフォーレミュージアム原宿で開催。374名が参加

2010年 
日本における「プロボノ元年」
企業と連携したプロボノプロジェクトスタート
クローズアップ現代やワールドビジネスサテライトなどマスメディアで紹介

2011年 
関西におけるサービスグラントを開始
プロボノ・コーディネート人材の育成プログラムをスタート
大都市から離れた地域をサポートする現地交流型「ふるさとプロボノ」スタート
広報・マーケティング分野に限られたプログラムを戦略構築や業務改善に拡大
登録プロボノワーカーが1000人を突破
自治体・地域づくりにおけるプロボノの可能性を考えるフォーラム開催 
書籍「プロボノ〜新しい社会貢献 新しい働き方」刊行

2012年 
登録プロボノワーカーが1600人を突破
広島県、佐賀県に加え福岡県、岡山県、静岡県でもプロボノプロジェクトがスタート
被災地の復興や伝統工芸の支援を目的としたプロボノプロジェクトがスタート
プロボノプロジェクト数100を突破を記念し、物語形式で社会課題を様々な視点からコンパクトに伝え共有するイベントプロボノシェアター2013を開催
第1回Global Pro Bono Summitに日本代表として参加(世界12か国が参加)
書籍「プロボノ」韓国語版発売

2013年 
登録プロボノワーカーが2000人を突破
大阪市と連携し、地域コミュニティ組織「地域活動協議会」の運営支援を行う「大阪ホームタウンプロボノ」を実施
「国際プロボノウィーク」初参加
日本財団「夢の貯金箱」における連携・協働を開始

2014年
育休ママたちによる「ママボノ」プロジェクトを開始
アジアのプロボノ団体が一堂に会し、最新の動向を共有し合う「アジアプロボノラリー」を主催国として開催

2015年
東京都福祉保健局との協働による「東京ホームタウンプロジェクト」開始
川崎市自治推進部との協働による「プロボノサマーチャレンジKAWASAKI」実施
10月下旬のプロボノウィークに「プロボノ1DAYチャレンジ」を東京・大阪で3連続開催し、合計26団体を約120人のプロボノワーカーで支援
日経ソーシャルイニシアティブ大賞「ファイナリスト」選出

団体の目的
(定款に記載された目的)

ウェブサイトやパンフレット等の情報発信ツールや業務フロー設計や事業計画など、組織運営にあたってNPOに不足しているスキルやノウハウを提供することにより、NPOの認知拡大、ボランティアや支援者の拡大などを後押しし、ひいては、NPOがより自立した形で運営できるよう組織の基盤強化を行うことを目的としています。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

サービスグラントとは、NPOに対して「お金」を支援する助成金(グラント)と異なり、「スキル」や「ノウハウ」を提供することによってNPOや地域住民の市民活動の活性化を支援する「プロジェクト型助成」です。

サービスグラントには、プロジェクトマネジメント、調査、マーケティング、デザイン、ウェブ制作等のプロフェッショナルスキルを持った多数の社会人が「プロボノワーカー」として登録しています。
サービスグラントでは、支援先のNPOや地域団体を厳正に審査・採択した上で、 プロボノワーカー4~6名からなるプロジェクトチームを編成していきます。
プロジェクトが始まると、約1ヶ月〜約6ヵ月間のプロセスを経て、具体的な成果物の提供を通じて、NPOや地域団体の活動を応援します。

現在特に力を入れていること

プロボノワーカーの登録拡大
NPO支援プログラムメニューの拡充
他地域への展開
NPO以外の公益セクターに対する支援
世界的なプロボノネットワークの構築

今後の活動の方向性・ビジョン

支援先が必要とする様々な支援の中から4つのカテゴリー、19種類のメニューを用意し、短期から長期まで多様なスタイルでNPOや地域団体の運営支援を行っていきます。

<情報発信支援プログラム>
ウェブサイト
Jimdo・Wixウェブサイト
Facebook・SNS活用
印刷物
イベントチラシ・ポスター制作
外国語翻訳

<ファンドレイジング支援プログラム>
営業資料
寄付管理
クラウドファンディング

<業務改善支援プログラム>
業務フロー設計
プログラム運営マニュアル
クラウドツール 活用入門
法務相談
経理・税務改善

<事業戦略支援プログラム>
事業計画立案
マーケティング基礎調査
課題整理ワークショップ
スペース活用ワークショップ
アンケート活用入門

また、現在活動を展開している東京、大阪エリアに加え、生駒市、鳥取県、福山市、四日市市など日本国内各地にプロボノのムーブメントを広げ、社会課題の解決に受けた取組みを後押ししていきます。

定期刊行物

団体の備考

2010年グッドデザイン賞受賞
2016年11月1日認定NPO法人取得
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

2007年度
日本財団/進行ガイド制作に関する助成金
2009年度
日本財団/組織基盤構築に関する助成金
2010年度
日本財団/組織基盤構築に関する助成金
2011年度
日本財団/組織基盤構築に関する助成金
2016年度 
日本財団/ママボノ運営支援に関する助成金

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

サービスグラントによる支援先団体の一覧は下記ページに掲載しています。

http://servicegrant.or.jp/program/npo_list.php

企業・団体との協働・共同研究の実績

年度毎に、五十音順にて表記をしています。

2010年度
・ゴールドマン・サックス証券株式会社「ゴールドマン・サックス プロボノプロジェクト」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」

2011年度
・ゴールドマン・サックス証券株式会社「ゴールドマン・サックス プロボノプロジェクト」
・日本アイ・ビー・エム株式会社「日本IBMプロボノプログラム Smarter Non-Profits 2011 」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」
・日本マイクロソフト株式会社「日本マイクロソフト プロボノ プロジェクト」
・パナソニック株式会社「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」
・株式会社三井住友銀行「SMBCプロボノプロジェクト」
・UBSグループ

2012年度
・ゴールドマン・サックス証券株式会社「ゴールドマン・サックス プロボノプロジェクト」
・日本アイ・ビー・エム株式会社「日本IBMプロボノプログラム Smarter Non-Profits 2011 」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」
・日本マイクロソフト株式会社「日本マイクロソフト プロボノ プロジェクト」
・パナソニック株式会社「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」
・株式会社日立ソリューションズ
・株式会社三井住友銀行「SMBCプロボノプロジェクト」
・UBSグループ

2013年度
・日本財団「夢の貯金箱」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」
・日本ヒューレットパッカード株式会社「プロボノREADINESSワークショップ」
・日本マイクロソフト株式会社「日本マイクロソフト プロボノ プロジェクト」
・パナソニック株式会社「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」
・株式会社三井住友銀行「SMBCプロボノプロジェクト」
・三菱商事株式会社「三菱商事 復興支援プロボノプロジェクト」

2014年度
・ジョンソン・エンド・ジョンソン 社会貢献委員会
・日本財団「夢の貯金箱」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」
・日本マイクロソフト株式会社「日本マイクロソフト プロボノ プロジェクト」
・パナソニック株式会社「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」
・株式会社三井住友フィナンシャルグループ「SMFGプロボノプロジェクト」
・三菱商事株式会社「三菱商事 復興支援プロボノプロジェクト」

2015年度
・ジョンソン・エンド・ジョンソン 社会貢献委員会
・日本財団「夢の貯金箱」
・日本電気株式会社「NEC社会起業塾ビジネスサポーター」
・パナソニック株式会社「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」
・株式会社三井住友フィナンシャルグループ「SMFGプロボノプロジェクト」
・三菱商事株式会社「三菱商事 復興支援プロボノプロジェクト」

行政との協働(委託事業など)の実績

2010年度
神奈川県かながわ県民活動サポートセンター

2011年度
兵庫県豊岡市、北海道下川町

2012年度
大阪市

2013年度
大阪市
環境省
神奈川県かながわ県民活動サポートセンター

2014年度
鳥取県(公益財団法人とっとり県民活動活性化センター)
大阪市旭区、鶴見区、生野区、港区等
生駒市

2015年度
東京都福祉保健局「東京ホームタウンプロジェクト」
鳥取県(公益財団法人とっとり県民活動活性化センター)
川崎市
大阪市生野区
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1,000万円~5,000万円未満

会計年度開始月

10月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 会費
20,000円
 
 
寄付金
300,000円
 
 
民間助成金
0円
 
 
公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
25,000,000円
 
 
委託事業収入
10,000,000円
 
 
その他収入
0円
 
 
当期収入合計
35,320,000円
 
 
前期繰越金
2,000,000円
 
 
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
当期支出合計
33,000,000円
 
 
内人件費
18,000,000円
 
 
次期繰越金
3,000,000円
 
 
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 受取会費
20,000円
 
 
受取寄附金
300,000円
 
 
受取民間助成金
0円
 
 
受取公的補助金
0円
 
 
自主事業収入
25,000,000円
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
10,000,000円
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
0円
 
 
経常収益計
35,320,000円
 
 
<支出の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算 前年度(平成28年度)決算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
33,000,000円
 
 
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
2,000,000円
 
 
次期繰越正味財産額
3,000,000円
 
 
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産
 
 
固定資産
 
 
資産の部合計
 
 
<負債の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債
 
 
固定負債
 
 
負債の部合計
 
 
<正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 前期正味財産
 
 
当期正味財産増減額
 
 
当期正味財産合計
 
 

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動資産合計
 
 
固定資産合計
 
 
資産合計
 
 
<負債及び正味財産の部> 前々々年度(平成26年度)決算 前々年度(平成27年度)決算
内訳 流動負債合計
 
 
固定負債合計
 
 
負債合計
 
 
正味財産合計
 
 
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

総会および理事会による

会員種別/会費/数

正会員/1口2,000円/11人
賛助会員(個人)/1口3,000円/102人
賛助会員(団体)/1口3,000円/5人

加盟団体

特になし

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
1名
2名
非常勤
 
7名
無給 常勤
 
非常勤
4名
 
常勤職員数
3名
役員数・職員数合計
14名
イベント時などの臨時ボランティア数
2078名

行政提出情報

報告者氏名

嵯峨 生馬

報告者役職

理事長

法人番号(法人格を取得した時の番号)

0110-05-002794

認定有無

認定あり

認定年月日

2013年7月10日

認定満了日

2016年7月9日

認定要件

仮認定

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

未実施

監視・監督情報

このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

前々々年度(平成26年度) 前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度)
決算報告書(活動計算書/収支計算書)
 
 
 
決算報告書(貸借対照表)
 
 
 
決算報告書(財産目録)
 
 
 
事業報告書
 
 
 

予算・事業計画

前々年度(平成27年度) 前年度(平成28年度) 当年度(平成29年度)
予算書類
 
 
 
事業計画書
 
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら