事業成果物名

2017年度 第15回オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

団体名

事業成果物概要

 「都市と農山漁村の共生・対流(オーライ!ニッポン)」とは、都市と農山漁村に住む双方の人々の交流を盛んにし、都市と農山漁村の間で「人・もの・情報」が絶えず循環する社会を生み出すことで、ゆとりのある生活の実現や日本の経済の活性化を図る事を目的に推進する国民運動です。
 オーライ!ニッポン大賞は、「都市側から人を送り出す活動」、「都市と農山漁村を結びつける活動」、
「農山漁村の魅力を活かした受け入れ側の活動」について優れた実績のある団体・個人を、次の部門で募集しています。
(1)学生・若者カツヤク部門
(2)都市のチカラ部門
(3)農山漁村イキイキ実践部門
 I・U・Jターンなど都市部から移住して、農山漁村地域で魅力的なライフスタイルを実践している方、また、地元の魅力を積極的に発信する取組を実践される方などは、オーライ!ニッポン ライフスタイル賞として募集しています。

2017年度第15回のオーライ!ニッポン大賞は、審査委員会における選考の結果、オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)1件、オーライ!ニッポン大賞3件、審査委員会長賞2件、ライフスタイル賞5件の計11件を選定いたしました。
 グランプリ(内閣総理大臣賞)に輝いた「株式会社 信州せいしゅん村」(長野県上田市)は、農村のありのままの暮らしを体験する(農作業・自然散策・家庭生活を一緒に行う)『ほっとステイ事業』を民間事業として2002年から継続し、2006年からは海外からも農村体験ホームステイを世界20か国から大人・子供・家族を受け入れています。『前例のないことを独創的に』をモットーにして、「農家レストラン里の食」や「Gファーム」を営業しつつ、信州大学、県立病院と農村の癒し効果についての実証の取り組み、さらに立科町・茅野市を始め県下7地区で展開している長野県ほっとステイ協会を設立し広域地域振興として取り組み、全域の年間受入者数は約2万人にも上るなど、農村地域を守るために多様な事業を展開し確実な成果を上げ、他地区のモデルに十分なり得ると高く評価されました。
 また、都市から全国の棚田へボランティアをしたい人を誘導する活動、有機農業へのホームステイを仲介するなど都市と農山漁村を繋ぐ活動、小さな限界集落を支援する活動、若者の自由な考えによる活動と農山漁村の交流を通じて、地域の人々が元気になっている様子、都市生活者が自然豊かな農山漁村で滞在型体験活動を通して、高い満足感、幸福感を得ていると力強く感じました。
 都市部からの移住(UJIターン)や都市と農山漁村を行き来する二地域居住等を通じて個性的で魅力的なライフスタイルを実践しながら共生・対流に貢献している個人を表彰するライフスタイル賞では、ブルーベリー、オリーブ、トマトなどの野菜を生産し、その加工やカフェ、レストランを自営して農業の6次産業化を図る活動や地域の人々に支えられながら農家民宿(古民家を改造したゲストハウス)を経営する姿が印象的でした。
 取り組みのテーマや手法は個々に異なりますが、都市生活者の都市と農山漁村のオーライ(往来)として、田舎暮らしのモデルとして、参考となるものと思います。

助成機関

事業成果物種類

パンフレット

事業成果物

事業成果物名

2017年度オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

ファイル

形式:PDF 容量:1MB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

第15回 2017年度オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

URL

事業成果物名

第14回 2016年度オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

URL

事業成果物名

第13回 2015年度オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

URL

事業成果物名

第12回 2014年度オーライ!ニッポン大賞 受賞者パンフレット

URL

  • 戻る