事業成果物名

2019年度 里親子相互支援(モッキンバード・ファミリー)事業の報告会および研修会の開催とモデル広報活動にかんする資料

団体名

事業成果物概要

*****2019年度 里親子相互支援(モッキンバード・ファミリー)事業の報告会および研修会の開催とモデル広報活動にかんする資料*****

=== この項目の下には、4つの事業成果物があります ===


(1)2019年8月に東京で開催したイベントのちらし

里親 ・養親 家族 と支援者 のための 研修会

【開催趣旨】
  里親が 里親 ・養親 を支える新しい 子育て 支援の仕組み の実現 を目指して、研修会を開催します。この研
修会では、障がい・思春期のトラブル・幼児の子育て・実子のいる子育て・養子縁組など、同じ悩みを抱
えている 里親 ・養親 家庭をつなぐネットワーク を作り、里親 ・養親 同士が支え合って子育てができる環境を
作ることを 目標に しています。 この子育て支援の仕組みは、米国・英国に広がっているモッキンバード・フ
ァミリーというモデル の考え方 に基づいています。
  8月24日は、これから実際にネットワークを作り、活動を行うことを目標にした研修会となります。
現在、 子育てに悩みを抱えている方、自分の経験を生かして他の里親 ・養親 さんをサポートしたい方、子育て支
援にかかわっている専門機関の方、新しい子育て支援 に関心がある方 など、どなた でも、お気軽にご参
加ください。

場所: 日本女子大学目白キャンパス 新泉山館大会議室 (東京都 文京 区目白台2-8-1 1)
日時: 2019 年 8月24日(土 13 時 30 分~ 16 時 30 分 (13 時開場)
参加費: 無料 (『ホスト・エージェンシーのためのハンドブック』
『コンステレーションのためのハンドブック』は、各1000 円で 当日 頒布)
定員: 50 名 (申込 先着順 ) 保育あり (無料 事前申し込み制)

【内容】
ネットワークを生かした 里親・養家族 の支援の 流れ
実際に取り組んでいる地域の 体験者の 声
特徴のあるグループ作りに向けたワークショップ
各グループの発表と今後のプラン作り



(2)2019年11月に福岡市で開催したイベントのチラシと式次第

地域のベテラン里親を中心とした里親子相互支援システム モッキンバード・ファミリー™の実践を学び語る会

【開催趣旨】
  平成28 年の児童福祉法改正により、実親による養育が困難な子供は家庭養育
が優先されることが規定され、「新しい社会的養育ビジョン」が取りまとめられ
ました。今後、ますます里親による社会的養護児童の養育の増加が見込まれる中
で、全国でも先進的に里親養育に取り組んでる福岡市において、地域のベテラン
里親が、地域の乳児院や児童養護施設と連携し、里親子を相互に支援するシステ
ム(モッキンバードファミリー)への取り組みが始まりました。
  このたび、福岡市で始まった取り組みについて、関心のある方々と共に学び語
る会を下記のとおり開催いたします。地域の普通の家庭が社会貢献を継続するに
は、地域に根差した息の長い支援体制が重要です。地域での里親支援や施設によ
る里親支援に関心のおありのある方はぜひご参加ください。


日 時:11月9日(土)13 時30 分~16 時30 分
場 所:福岡市立中央市民センター 会議室 〒810-0042 福岡市中央区赤坂2 丁目5 番8 号.092-714-5521

【内 容】
1)講話「モッキンバード・ファミリー」について
  講師:①日本女子大学人間社会学部 和泉広恵先生
     ②IFCA(インターナショナルフォスターケアアライアンス) 粟津美穂先生
2)地域で里親支援のグループ作りについてのワークショップ


(3)コンステレーションの構築開始時に配布する資料:モッキンバード・ファミリーガイド(PDF)

2020年1月、IFCA米国法人のエグゼクティブ・ディレクターが来日し、以下の3つの都市で、モッキンバード・ファミリーの実践についての1日から2日のトレーニングを行なった。このトレーニングは、現在コンステレーション構築中の地域の養育者、事業の担当機関、そして関連機関からの参加者が対象であった。モデル構築にかかわる人たちが、この役割を担うための専門研修である。(参加者総数50名)成果物の資料は、トレーニングの際に使用したガイドブック。

◻️札幌市 2020年1月19日と20日
◻️福岡市 2020年1月27日
◻️東京都 2020年1月29日


(4)2019年度に内容更新した、モッキンバード・ファミリー・ジャパンの3つ折りリーフレット

IFCA の「ケアギバー事業」のもとで、成長したモッキンバード・ファミリー™のパイロット事業を広く紹介するために、視覚的なインパクトを持った新しい内容のパンフレットを作成した。


(5)2019年度のイベント(報告会)や研修会では、上記の「3つ折りリーフレット」の他に、モッキンバード・ファミリーの概要と導入の工程を説明する資料を配布した。


(6)「モッキンバード・ファミリー・ジャパン」のウェブサイトは近日、IFCAのウェブサイトと合併されるため、現在、すべての記事が移行中である。2019年度に投稿した記事を、ここにハイパーリンクでリストアップする。

◎ 里親・養育家庭のための研修会のご案内(2019年8月4日投稿)
https://www.ifcaseattle.org/jp/news/all/662/

◎ 福岡市で「モッキンバード・ファミリー™の実践を学び語る会」を開催します(2019年10月25日投稿)
https://www.ifcaseattle.org/jp/news/all/679/


◎ 第一回IFCA リーダーシップ・シンポジウムを開催します!(2020年2月8日投稿)
https://www.ifcaseattle.org/jp/news/all/690/

助成機関

事業成果物種類

報告書

事業成果物

事業成果物名

「里親 ・養親 家族 と支援者 のための 研修会」のチラシ

ファイル

形式:PDF 容量:665KB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

「モッキンバード・ファミリー™の実践を学び語る会」のチラシと式次第

ファイル

形式:PDF 容量:212KB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

コンステレーションの構築開始時に配布する資料:モッキンバード・導入ガイド

ファイル

形式:PDF 容量:787KB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

モッキンバード・ファミリー3つ折りリーフレット(2019年版)

ファイル

形式:PDF 容量:7MB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

イベントで配布する資料:MFの概要と導入の工程

ファイル

形式:PDF 容量:2MB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

里親子相互支援事業の報告会/研修会の開催とモデル広報活動の資料

URL

  • 戻る