特定非営利活動法人楽舎

基礎情報

団体ID

1605389319

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

楽舎

団体名ふりがな

とくていひえいりかつどうほうじん らくしゃ

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

2014(平成26)年1月31日法人設立
前身としての活動は、2011年5月1日より
事業の目的
①山里の暮らしの魅力発信:人の生き方日常の暮らしを伝える
②山里の地元と移住者たちとの交流:点でいる状態から結んで交流ネットワークへ
③山里とまちなかとの交流:「いきつけの田舎」として遊びに来てもらう
④子育てサポート・ネットワークづくり:ママ友、親子の交流の機会を作る
⑤山里への定住促進:どんな暮らしがあるのか、そことを伝えることで移住の可能性が出てくる

代表者役職

理事長 池谷 啓

代表者氏名

池谷  啓

代表者氏名ふりがな

いけや けい

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

437-0604

都道府県

静岡県

市区町村

浜松市天竜区春野町

市区町村ふりがな

はままつし てんりゅうく はるのちょう

詳細住所

宮川134

詳細住所ふりがな

みやがわ

お問い合わせ用メールアドレス

raksha@ayus.net

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

080-5412-6370

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

8時00分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

FAX番号

FAX番号

053-533-3699

連絡先区分

自宅・携帯電話

連絡可能時間

8時00分~19時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

437-0605

都道府県

静岡県

市区町村

浜松市天竜区春野町

市区町村ふりがな

はままつしてんりゅうくはるのちょう

詳細住所

気田961-1

詳細住所ふりがな

けた

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

2011年5月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2014年1月31日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

静岡県

最新決算総額

100万円未満

役員数・職員数合計

2名

所轄官庁

総務省

所轄官庁局課名

浜松市市民部市民協働地域政策課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

地域・まちづくり

 

子ども、障がい者、高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、文化・芸術の振興、環境・エコロジー、人権・平和、国際協力、国際交流、男女共同参画、観光、農山漁村・中山間、助成活動、食・産業、漁業、林業、行政への改策提言、学術研究(文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)

設立以来の主な活動実績

ボリビア在住者によるボリビア農業体験の講座を開催:2011年 自主事業
オカリナとギターのコンサート、火鉢を囲んで歌う会:2011年 自主事業
素晴らしき招待の上映会:2011年 自主事業
春野人めぐり:2012〜現在 自主事業
北遠山里めぐり:2013〜2014年 浜松市みんなの創造プロジェクト
いにしえのアーティスト:2015年 浜松市みんなの創造プロジェクト
こんなにアートフルな北遠山里暮らし:2015年 浜松市みんなの創造プロジェクト
昭和レトロの二俣めぐり:2015年 浜松まちづくり公社
北遠の隠れ里 百古里めぐり:2015年 浜松市みんなの創造プロジェクト
放置竹林の伐採と炭焼き窯作り:2015年 ドコモ・モバイルココミュニケーションズ 
地域域資源の空き家を活用しての定住促進事業:2015〜2019年 浜松市中山間地まちづくり事業
神社・寺・教会カフェ:2016〜2019年 浜松市みんなの創造プロジェクト
耕作放棄地の水田の復活:2016年 浜松市みんなの創造プロジェクト
知的障害者の野外体験:2017〜2019年 自主事業

山里とまちなかの交流促進事業:2015〜2019年 静岡県農業振興基金協会
看とりとおくり連続講座:2018〜2022年 浜松市みんなの創造プロジェクト 在宅医療勇美記念財団
産前産後の妻から夫に伝えたいこと:冊子の発刊 2018年 静岡県男女共同参画地域実践活動事業
ロケットストーブづくり:2018年 静岡県男女共同参画地域実践活動事業
西浦田楽1300年の歴史 冊子の制作:2018年 ポーラ伝統文化振興財団
無農薬薬米・栽培から加工までの体験学習:2018年 静岡県農業振興基金協会
インドネシア家族のハラール食品加工場誘致のサポート:2018 自主事業
老朽家屋の手ばらし解体:2018年 自主事業
大豆の栽培から収穫、加工の食農教育:2019 静岡県農業振興基金協会
若者の生き方講座:2020 自主事業
サイコシンセシスのワークショップ:2020 自主事業
海外での生き方講座:2020 自主事業
若者の生き方講座:2020 自主事業
山里カフェ──安心拠点、見守り、励まし、おしゃべりの場:2021 杉浦記念財団
くんま二人展 和紙人形・伎楽面と布絵:2022 杉浦記念財団
異文化での暮らし方・つきあい方 ZOOMミーティング:2022 公益財団法人浜松国際交流協会
市民参加の森つくり:2022年 浜松市緑化推進本部
ニワトリの解体と調理:2022年 自主事業
イノシシの解体と調理:2022年 自主事業

団体の目的
(定款に記載された目的)

① 山里への定住を促進する事業
② 山里暮らしの魅力を発信する事業
③ 山里で仕事をつくる事業
④ 移住者と地域住民の交流をはかる事業
⑤ 地域の人々の寄り合いの場をつくる事業
⑥ その他、目的を達成するために必要な事業

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

①楽舎が拠点とする春野町(浜松市天竜区)はたいへんな過疎地である。東京都23区の広さの40%に人口は3,500人。少子・高齢化が著しい(人口は1950年代の1/3)。学区の小学1年生は7名。ひとり暮らしの老人が多い。山里に活気はなく衰亡へすすむのみ。地元の人とまちなかの人、親子、家族が交流する機会がない。
②山里の自然は豊かで、子どもが遊ぶ場は豊富にある。だが、子どもの数は少なく、ともに遊ぶ機会がない。子育てがは母親に負担がかかる。親同士の交流の機会が少ないので、子育てネットワークがもとめられる。
③まちなかの閉塞感から、子どもに自然と触れ合う体験をさせたい親は多い。田舎暮らしをしたい人も増えている。しかし、いざ山里で遊ぼう・暮らそうとしても、きっかけがなくネットワークも少ない。
④そこで、「子どもをど真ん中に据えた多世代交流広場」を作りたい。人と人とのつながることが、安心と活気につながる。山里とまちなかの交流人口が増えれば、やがては定住促進にもつながる。

現在特に力を入れていること

①会場となる「みんなの家」の通所介護施設、宮川の納屋と、栗林、農地は理事長の所有地ゆえ、即、実行可能。田んぼは、地主からすでに許可を得ている。この夏から土作りに入ることができる。
②通所介護の事業は、週一に限定。営業以外の日は、子どものための冒険遊び場、テラコヤ、図書館に施設を開放していく。営業日以外の施設の活用は、市の健康保険部介護保険課にも了解を得ている。
③親子の交流の集いは、すでにトライアルを実施。本年(令和4年)7月2日に「みんなの家」で実行。53名の参加者があった。浜松、磐田、袋井、掛川などの近郊の市町から参加。ニーズが大きいことがわかる。これを定例化・充実の流れを作る。
④テラコヤは、「春野の歴史講座」「仏教の源泉 インド哲学」「糖尿病を乗り越えた体験」「フランス料理教室」「童謡・唱歌・歌謡をうたう」などは、講師の了解を得ている。他にも、子どもの学習支援、子ども食堂も準備。

今後の活動の方向性・ビジョン

①まちなかの人が山里を知る。人と人がつながる。「行きつけの田舎」になる。山里に居場所ができる。交流人口が増える。
②子どもが自然の中で遊べる。親子同士のつながりがもてる。互いにサポートできる関係性がつくられる。
③山里の暮らしとの歴史に触れる。山里の匠との出会いがある。学びがある。ワザの伝授がある。
④まちなかの人が来ること、出会うことで、山里は自分たちの土地の価値を再認識する。誇りが生まれる。
⑤耕作放棄地を活用しての農体験、炭焼などの林業体験。食、森と川、エネルギー、生物多様性、SDGsについて学ぶ機会になる。
⑥山里の魅力を知り、訪ねてわかる。人に出会って輪が広がる。山里とまちなかの交流促進になり、仕事づくり、やがては定住促進にも結びつく。山里が元気になる。

定期刊行物

団体の備考

①NPO法人設立(2016年、平成26年)以前から、山里の暮らしの魅力の発信をしてきた。山里暮らしのシンポ、北遠山里めぐり、春野人めぐり、百古里めぐり、昭和レトロの二俣めぐり。神社・寺・教会カフェなどり人めぐりを主催してきた。人に出会う、暮らしに出会う、ネットワークづくりが目的である。
②山里の空き家と移住希望者をつなぐ定住促進事業(市からの委託事業)など。さらには、農林体験(3,000平米の無農薬の田んぼと大豆づくり、ブルーベリー園、炭焼き窯づくりなど)も行ってきた。
③春野町という山里ゆえに、豊富な自然がある。清流の気田川、森、おいしい空気、存分にあそべる公園。まちなかからは遠い(片道50キロ)。だからこそ楽しめる。「行きつけの田舎」になりうる。
④フィールドは理事長が所有の土地と家なので、即、実行できる。すでに講師も確定している(添付チラシ)。これまでのネットワークで、地元ののような人財をつなぐことができる。
⑤地元の=遊びのワザをもった達人とは、たとえば、次のような人財(ほんの一例)これまでNPO法人で展開してきた、山里の魅力発信事業、異業種交流事業などと総合的に結びつけることができる。
このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

浜松市中山間地まちづくり事業 :地域資源の空き家を活用しての定住促進事業
浜松市みんなの創造プロジェクト:第1回北遠山里めぐり、第1回 神社・寺カフェ、第1回 看とりとおくり連続講座
浜松市天竜区地域力向上事業:第2回北遠山里めぐり
浜松まちづくり公社:第2回神社・寺カフェ、昭和レトロの二俣めぐり
静岡県農業振興基協会グリーン・ツーリズム推進事業:山里とまちなかの交流促進事業、耕作放棄地の水田の復活、無農薬薬米・栽培から加工までの体験学習、大豆の栽培から収穫、加工の食農教育
静岡県男女共同参画地域実践活動事業:産前産後の妻から夫に伝えたいこと:冊子の発刊、ロケットストーブづくり
浜松市文化振興財団:第3回 神社・寺・教会カフェ、第4回 神社・寺・教会カフェ、第1回山里の響き合いコンサート
ポーラ伝統文化振興財団:西浦田楽1300年の歴史:冊子の制作
杉浦記念財団:山里カフェ──安心拠点、見守り、励まし、おしゃべりの場、くんま二人展 和紙人形・伎楽面と布絵
公益財団法人在宅医療助成 勇美記念財団:第2回 看とりとおくり連続講座、第3回 看とりとおくり連続講座、第4回 看とりとおくり連続講座
公益財団法人浜松国際交流協会:異文化での暮らし方・つきあい方:ZOOMミーティング
浜松市緑化推進本部:第1回 市民参加の森つくり

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

認定NPO法人 浜松NPOネットワークセンター:おためしプレーパーク
NPO法人 雲を耕す会:山里の春野町の案内と紹介
浜松市市民協働センター

企業・団体との協働・共同研究の実績

駒澤大学長山ゼミ:緑陰講座としての春野町で合宿。山里で事業している人の講座をマネージ。
「浜松市春野町の地方創生─中山間地域における新事業創出モデルの実証研究」(A4判 388ページ)2017年3月 発行

行政との協働(委託事業など)の実績

浜松市中山間地まちづくり事業 (市民部市民協働地域政策課)
浜松市みんなの創造プロジェクト(浜松市市民部文化振興課)
浜松市緑化推進本部
浜松まちづくり公社
浜松市文化振興財団
公益財団法人浜松国際交流協会
浜松市緑化推進本部静岡県農業振興基金
一般社団法人静岡県地域女性団体連絡協議会
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

100万円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 会費
30,000円
30,000円
30,000円
寄付金
0円
0円
0円
民間助成金
300,000円
553,110円
300,000円
公的補助金
165,000円
100,000円
0円
自主事業収入
0円
0円
50,000円
委託事業収入
0円
0円
0円
その他収入
2,000,006円
3,130円
10,000円
当期収入合計
2,495,012円
683,130円
390,000円
前期繰越金
-427,690円
1,876,526円
-427,690円
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
当期支出合計
190,790円
1,876,526円
500,000円
内人件費
0円
0円
0円
次期繰越金
1,876,526円
-427,690円
-317,690円
備考
「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりと送りと平穏死) 2018〜2021:各宗派、宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得の行く看とりと送りと平穏死の迎え方(4年開催):在宅看取り勇美記念財団
「若者の生き方講座」2020:ZOOMで全国各地、世界の若者の生き方のトークイベント 自主事業
「サイコシンセシスのワークショップ」2020:ZOOMで開催。アサジオリの精神統合のワークショップ 自主事業
「海外での生き方講座」2020:インド、フランス、ドイツ、インドネシア、カナダ、ブルガリアなどで暮らす日本人の生き方に学ぶ 自主事業
①「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりとおくりと平穏死):各宗派、宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得のゆく看とりとおくりと平穏死の迎え方:在宅看取り勇美記念財団助成事業

②「山里カフェ──安心拠点、見守り、励まし、おしゃべりの場」みんなが安心して寄り集まれる場作り:公益財団法人杉浦記念財団助成事業

③「異文化での暮らし方・つきあい方 ZOOMミーティング 」:日本に暮らす外国人との語らい: 公益財団法人浜松国際交流協会助成事業

④市民参加の森つくり 2021:竹の伐採と粉砕、杉の大木の間伐、炭焼の燃焼実験、ナルの活用 :浜松市緑化推進本部助成事業
1.「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりとおくりと平穏死) 宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得のゆく看とりと送りと平穏死の迎え方のシンポジウム開催:在宅看取り勇美記念財団助成事業

2.親子の食育の集い──ニワトリやイノシシを解体、調理して、「食」について体験する:会場は「みんなの家」の敷地、7月と11月と3月:自主事業

3.子供を主体にした多世代交流広場づくり
①毎月1〜2回、親子の交流の集い
春野文化センターの体育館、和室を使って子どものフリーダンス、遊び、音遊びのワークショップ。お母さんたちとの語らい。
②毎月1〜2回、「みんなの家」の施設を活用して「食」の集い、「多世代交流広場」の開催。
③「みんなの家」「春野文化センター」で、多世代のコンサート、フリーダンスと歌の集いの開催。

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産
2,889,839円
1,500,749円
固定資産
0円
0円
資産の部合計
28,898,390円
1,500,749円
<負債の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債
0円
0円
固定負債
1,013,313円
306,169円
負債の部合計
1,013,313円
306,169円
<正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
-427,690円
1,876,526円
当期正味財産増減額
1,876,526円
1,194,580円
当期正味財産合計
2,889,839円
1,500,749円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 受取会費
30,000円
30,000円
30,000円
受取寄附金
0円
0円
0円
受取民間助成金
300,000円
553,110円
300,000円
受取公的補助金
165,000円
100,000円
0円
自主事業収入
0円
0円
50,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
0円
0円
0円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
2,000,006円
3,130円
10,000円
経常収益計
2,495,012円
683,130円
390,000円
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
190,790円
1,876,526円
500,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
-427,690円
1,876,526円
-427,690円
次期繰越正味財産額
1,876,526円
-427,690円
-317,690円
備考
「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりと送りと平穏死) 2018〜2021:各宗派、宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得の行く看とりと送りと平穏死の迎え方(4年開催):在宅看取り勇美記念財団
「若者の生き方講座」2020:ZOOMで全国各地、世界の若者の生き方のトークイベント 自主事業
「サイコシンセシスのワークショップ」2020:ZOOMで開催。アサジオリの精神統合のワークショップ 自主事業
「海外での生き方講座」2020:インド、フランス、ドイツ、インドネシア、カナダ、ブルガリアなどで暮らす日本人の生き方に学ぶ 自主事業
①「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりとおくりと平穏死):各宗派、宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得のゆく看とりとおくりと平穏死の迎え方:在宅看取り勇美記念財団助成事業

②「山里カフェ──安心拠点、見守り、励まし、おしゃべりの場」みんなが安心して寄り集まれる場作り:公益財団法人杉浦記念財団助成事業

③「異文化での暮らし方・つきあい方 ZOOMミーティング 」:日本に暮らす外国人との語らい: 公益財団法人浜松国際交流協会助成事業

④市民参加の森つくり 2021:竹の伐採と粉砕、杉の大木の間伐、炭焼の燃焼実験、ナルの活用 :浜松市緑化推進本部助成事業
1.「看とりとおくり連続講座」 (それぞれの看とりとおくりと平穏死) 宗教を超えての看とりとおくりの実践例を紹介、納得のゆく看とりと送りと平穏死の迎え方のシンポジウム開催:在宅看取り勇美記念財団助成事業

2.親子の食育の集い──ニワトリやイノシシを解体、調理して、「食」について体験する:会場は「みんなの家」の敷地、7月と11月と3月:自主事業

3.子供を主体にした多世代交流広場づくり
①毎月1〜2回、親子の交流の集い
春野文化センターの体育館、和室を使って子どものフリーダンス、遊び、音遊びのワークショップ。お母さんたちとの語らい。
②毎月1〜2回、「みんなの家」の施設を活用して「食」の集い、「多世代交流広場」の開催。
③「みんなの家」「春野文化センター」で、多世代のコンサート、フリーダンスと歌の集いの開催。

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
2,889,839円
1,500,749円
固定資産合計
0円
0円
資産合計
28,898,390円
1,500,749円
<負債及び正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
0円
0円
固定負債合計
1,013,313円
306,169円
負債合計
1,013,313円
306,169円
正味財産合計
2,889,839円
1,500,749円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

理事長と理事の会議で計画し、NPO法人の社員総会(2年に1度)で決議される

会員種別/会費/数

社員:10名
会員:30名
会費:千円

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
1名
2名
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
2名
イベント時などの臨時ボランティア数
3名

行政提出情報

報告者氏名

池谷  啓

報告者役職

理事長

法人番号(法人マイナンバー)

0800405006599

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

2016/10/14 市役所の監査事務局にてやりとり

理事長の現金の立て替え払いについては、現金出納簿をつけること。その伝票のやり取りをしておくこと。期末に22万円相当のやりとりの記録があるか。通帳を示してもらいたい。短期宿泊者の受取代金と手数料5万円、助成金の対象のところと、整合性がわない。自主事業と助成事業を会計をきちんと分けるように。現金を諸口で持っていることの背景の説明。過疎の山里のため、近くに銀行がない。ネット振込ができない。口座振替まで時間がかかることのために、現金の諸口を持っている。
このページの先頭へ

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2021年度(前年度)
2020年度(前々年度)
2019年度(前々々年度)
2018年度
2017年度
 

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2022年度(当年度)
2021年度(前年度)
 
 
2020年度(前々年度)
 
 
2019年度(前々々年度)
 
 
2018年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら