特定非営利活動法人トムトム

基礎情報

団体ID

1668565045

法人の種類

特定非営利活動法人

団体名(法人名称)

トムトム

団体名ふりがな

とむとむ

情報開示レベル

★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

 周囲の方々からは「トムトムの職員は若くて活気あふれているね!」と、よく言われます。
確かに、過去を思い返せば、この目まぐるしく移り変わる障がい福祉の制度の中で、小舟だったトムトムはよくぞここまで荒波に耐えてきたなあと、思うこの頃です。それは、「障がいある方の普通の暮らしを目指したい!」という職員達の熱い思いと、団結力があったからこそなのです。
 ついこの間まで小さかった団体が、今では職員数が100人を超える法人となりました。その分、課題はたくさんありますが、今後も障がいのある方の「普通の暮らし」を支援していくことが我が法人の理念であり、職員達の熱い思いでもあります。地域の方達とともに、この理念を後世へと伝えていきたいと思っています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

伊藤 久美子

代表者氏名ふりがな

いとう くみこ

代表者兼職

主たる事業所の所在地

郵便番号

253-0071

都道府県

神奈川県

市区町村

茅ヶ崎市

市区町村ふりがな

ちがさきし

詳細住所

萩園2336-2

詳細住所ふりがな

はぎぞの

お問い合わせ用メールアドレス

houjin@npo-tomtom.com

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

0463-37-2012

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

9時00分~18時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

0463-79-8528

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

0時00分~23時00分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金 土 日

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

254-0019

都道府県

神奈川県

市区町村

平塚市

市区町村ふりがな

ひらつかし

詳細住所

西真土1-7-56

詳細住所ふりがな

にししんど

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1999年7月1日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

2001年4月4日

活動地域

県内

中心となる活動地域(県)

神奈川県

最新決算総額

1億円~5億円未満

役員数・職員数合計

117名

所轄官庁

神奈川県

所轄官庁局課名

NPO協働推進課
このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、障がい者、福祉

設立以来の主な活動実績

1999年7月~2003年3月まで任意団体として活動。
主に知的、身体障がいをもつ児童を対象に放課後や土日の余暇支援として個別支援(ヘルパー)を行う。また、夏休みや冬休みの長期休暇の小集団でのお預かりやレスパイトを開始。
当初は、保護者と支援者達からの寄付金収入で運営。
2003年4月~ 国制度として支援費制度がはじまり、トムトムでは初めて制度に沿った事業を開始。
1999年 7月 任意団体として設立
2001年 3月 神奈川県より特定非営利活動法人設立認証
2001年 4月 特定非営利活動法人として事業を開始
2005年 8月 ぶんぶん開所(平塚市立野町)/2009年移転
2005年 12月 あいあいクラブ開所(茅ヶ崎市萩園)
2006年 4月 ゆうゆうクラブ開所(平塚市達上ヶ丘)/2008年移転
2007年 8月 おひさまクラブ開所(茅ヶ崎市小和田)/2008年閉所
2008年 8月 ゴロゴロクラブ開所(茅ヶ崎市赤羽根)
2009年 2月 えぽっくハウス開所(平塚市中原)
2010年 4月 えぽっくハウス,ぶんぶん,本部開所(平塚市南原)
2013年 2月 ケアホームとむ郎開所(茅ヶ崎市香川)
2013年 4月 キャロット工房開所(平塚市西真土)
2015年 4月トムトム相談室開所(平塚市南原)
2015年 4月からんころん開所(茅ヶ崎市萩園)
2016年 4月モンキーポッド開所(茅ヶ崎市萩園)
2017年 7月法人名改名
     旧法人名 パーソナルサービスセンタートムトム
     新法人名 トムトム

団体の目的
(定款に記載された目的)

 この法人は、茅ヶ崎市、寒川町、平塚市、藤沢市を中心とした地域に在住するハンディキャップのある方々及び高齢者と、その家族に対して、その方々の要望にあった支援サービスを提供することにより、地域社会における福祉の増進に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

 主に、成人の障がい者の方々への日中活動とグループホームの支援、障がい児の方々への放課後支援、長期休暇時の支援を行う。

えぽっくハウス   生活介護事業・就労移行支援事業(平塚市)
えぽハウ      日中一時支援事業(平塚市)
ぶんぶん      居宅介護事業・重度訪問介護事業・移動支援事業・パーソナルサービス(自費契約)(平塚市)
ゆうゆうクラブ   放課後等デイサービス事業(平塚市)
あいあいクラブ   放課後等デイサービス事業(茅ヶ崎市)
ゴロゴロクラブ   放課後等デイサービス事業・日中一時支援事業(茅ヶ崎市)
ケアホームとむ郎  共同生活援助事業(茅ヶ崎市)
からんころん    生活介護事業(茅ヶ崎市)
トムトム相談室   計画相談支援事業・障害児相談支援事業(平塚市・茅ヶ崎市)
モンキーポッド   日中一時支援事業(茅ヶ崎市)
キャロット工房   就労継続支援B型事業(平塚市)

現在特に力を入れていること

1,就労移行支援事業において、地域青果店との連携を深め、野菜の袋詰め作業、店頭での販売など
  を行う。
2,就労移行支援事業において、市役所の福祉ショップでの菓子・弁当販売などを行う。
3,就労移行支援事業において、ゴルフボール清掃作業を行う。
4,将来に向けて共同生活援助の2拠点目を計画中。
5,放課後等デイサービス事業を行う、ゆうゆうクラブにおいて、働く保護者のニーズに応えて帰り
  送迎を開始した。また、学習的内容を取り入れた活動を行っている。
6,認定特定非営利活動法人の取得を目指し、指定特定非営利活動法人取得に向けての申請事務手続
  きを平成29年度中に 行う予定。
7,利用者の希望や、抱える課題に寄り添い、より円滑に福祉サービスが利用出来るよう計画相談支
  援、障害児相談支援の事業を行っている。
8,利用者のニーズに応え、平成27年4月1日より茅ヶ崎市で生活介護事業を開始した。
9,利用者のニーズに応え、平成28年4月1日より茅ヶ崎市で日中一時支援事業を開始した。
10,職員のスキルアップの為、月1回の常勤会議の際に研修を行っている。
11,常勤・嘱託職員から構成される委員会活動にも力を入れている。
  (IT委員会,広報委員会,安全衛生委員会,研修委員会,人権擁護委員会)
12,職員達に、ひやりはっとや事故報告書の提出を促し、毎月の職員会議で改善方法について話し合
  い、事故を未然に防ぐよう努めている。また、報告された内容を半年毎に安全衛生委員会でまと
  め、事故やひやりはっとの分析を行っている。
13,マネジメント力を強化する為の勉強会を月1度行っている。
14,各事業所の請求業務担当者で月1回集まり、制度を理解しながら否決や再請求なく請求業務を円滑
  に行えるよう勉強会を行っている。
15,「情報共有シート」を用いて職員同士の情報共有に意識的に取り組んでいる。
16,処遇改善を目的とした賃金制度の見直し検討中。
17,平成29年度中に法人名の変更を行う。
18,神奈川県が主催する強度行動障害支援者養成研修に積極的に職員を参加させている。
19,人権擁護,個人情報,感染症,防災,防犯に関する研修を行う。

今後の活動の方向性・ビジョン

 設立当初は児童だった利用者が月日が流れて成人になり、利用者及びそのご家族からのニーズが広がり、成人の日中活動の場が必要になった。国の法律もこの10年間めまぐるしく変化した。今後も、制度に沿って成人向けの日中活動の場を増やしていく。また、放課後等デイサービスの事業所が増える中、サービスの質の向上を目指していく。

 成人が生活する場として平成25年2月に茅ヶ崎市にケアホームを開所したが、現在、通所している利用者が将来、安心して地域で暮らせるように、新たなグループホームの検討も行っている。
 平成27年4月には、成人の日中活動の充実を図り、社会参加促進や自立に向けての訓練を行う為、生活介護と多機能型で就労移行支援事業を開所した。更に、平成29年4月には就労継続支援B型事業を開始しそれぞれの障がいの特性に応じ社会参加促進や生産活動の知識、能力向上に向け必要な訓練が出来るよう体制を整えている。 
 茅ヶ崎市の放課後等デイサービス「あいあいクラブ」では、新しい建物に引っ越し、利用者が快適に過ごすことが出来ている。平塚市の放課後等デイサービス「ゆうゆうクラブ」では、学習面を取り入れた活動にも力を入れている。
 茅ヶ崎市では、平成27年4月に利用者の保護者のニーズに応えて生活介護事業を開始した。また、障がいを持った方々がサービスを利用しながら地域でより良い暮らしが出来るよう計画相談支援、障がい児相談支援を開始した。(対象地域:平塚市、茅ヶ崎市)
平成28年4月には、働く保護者が増える中、成人の生活介護事業終了後、保護者の迎えの時間までの預かり場所が足りないというニーズに応えて、茅ヶ崎市で新たに日中一時支援事業を開始した。

 職員の支援力向上を目的に、神奈川県が主催する強度行動障害支援者養成研修に積極的に参加したり、津久井やまゆり園の事件を受けて利用者の人権擁護に関する研修等の企画を法人内で行う。また、次世代に引き継ぐ為にも、支援力の向上だけでなく、法人の運営も視野に入れて考えることが出来る職員の育成を目標に、マネジメント力を強化する勉強会を月1回行っている。
 平成29年度は、社名変更(パーソナルサービスセンタートムトムからトムトムに変更)とともに、指定NPO法人を取得し、その後、認定NPO法人取得を目指していく。
 当法人は、障がいをもった方が、成長とともに安心して自分に合ったサービスの利用ができるように、児童と成人の事業を行っている。ご利用者やそのご家族の方に長く愛される法人であり続けられるよう職員の支援力や、法人の運営力を高める取り組みを行う。

定期刊行物

トムトム通信(広報誌)年3回発行 1回約600部発送

団体の備考

 1999年7月にトムトムが設立する以前は、地域の障がい児に対する余暇の支援はほとんど何もありませんでした。
 障がいをもつ多くの子ども達は、誰かのサポートなしでは、外に行って友達と遊ぶということが難しく、学校に通う以外の時間の大半を、母親と二人だけで過ごすという暮らしをしていました。そのため母親にかかる負担は大きくなり、例えば兄妹児の学校行事にも親は出席できず、兄妹児に寂しい思いをさせてしまう現実がありました。
 本来、子どもであれば楽しみなはずの長い夏休み。しかし障がいをもつがゆえにそれを「真っ暗な長いトンネル」と例えたお母様もいらっしゃいます。私たちが子どもの頃は、夏休みになると毎日のように、友達とプールや公園に出かけ、思う存分遊び、そして遊びの中から沢山のことを学んだものです。
「障がいがあるから遊べないの?」「私達も普通の家族と同じような暮らしがしたい」「子ども達に余暇の支援を!」そんな思いから、地域の親達と支援者が集まり、知恵と力を出し合って、「トムトム」は1999年7月に、神奈川県茅ヶ崎市で発足しました。
 任意団体だったトムトムは1年後にNPO法人の認可を受けましたが、継続的な公的補助金は得られず、寄付金や支援者の方々に支えられつつ、ここまで歩んで参りました。
 「支援費制度」が施行され、このことで、日本中の障がい児・者はそれぞれの支給量の中で、ホームヘルプが使えるようになりました。トムトムでも制度を利用して、ヘルパーの資格を持った人が、利用者と外出したり、身体の介助をすることができるようになりました。
 現在は障害者自立支援法が施行され、トムトムを取り巻く状況もまた、大きく変わりつつあります。地域生活をサポートするには運営的には厳しい状況にあります。しかし、トムトムはそういった制度の有無にかかわらず、今後も障がいのある方の「普通の暮らし」を支援していきたいと思っています。
このページの先頭へ

活動実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

平成15年度 日本財団より車いす対応ワゴン寄贈
平成17年度 茅ヶ崎市内日産自動車より車いす対応バン一部寄贈
平成24年度 小規模事業所連携事業補助金 313,515円(神奈川県補助金)
平成24年度 日本財団より日産バン(普通車)、日産バン(車いす対応車)寄贈
平成25年度 小規模事業所連携事業補助金 336,000円(神奈川県補助金)
平成25年度 日本財団よりホンダライフ、ダイハツゼット(車いす対応車)
       日産バン(車いす対応車)、ホンダステップワゴン(普通車)2台寄贈
平成26年度 日本財団よりホンダステップワゴン(普通車)3台、
       ダイハツハイゼット(車いす対応車)寄贈
       赤い羽根共同募金よりトヨタヴォクシー1台寄贈
       NHK歳末たすけあい募金よりグループホーム持ち出し屋根設置工事費用助成
       テックスープジャパンよりウイルス対策ソフト寄贈
平成27年度 日本財団よりホンダステップワゴン(普通車)1台寄贈
       赤い羽根共同募金よりご推薦頂き、原田積善会よりさをり織り機3台
平成28年度 日本財団よりホンダNBOX(軽自動車)1台寄贈
       テックスープジャパンよりウイルス対策ソフト寄贈
平成29年度 赤い羽根共同募金よりケアホームとむ郎外装修繕工事費用助成
       公益財団法人JKAよりトヨタノア寄贈


他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

企業・団体との協働・共同研究の実績

行政との協働(委託事業など)の実績

生活介護事業・・・平塚市障がい者地域生活サポート事業
放課後等デイサービス事業・・・平塚市障がい者地域生活サポート事業
就労移行支援事業・・・平塚市福祉ショップ「ありがとう」での菓子・弁当・惣菜販売
平塚市日中一時支援事業
平塚市移動支援事業
茅ヶ崎市日中一時支援事業
障害がい支援区分認定調査委託(平塚市)
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

1億円~5億円未満

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

収支報告

<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 会費
1,048,000円
852,000円
800,000円
寄付金
3,311,350円
2,402,000円
2,260,000円
民間助成金
3,076,000円
1,275,000円
500,000円
公的補助金
500,000円
629,000円
1,100,000円
自主事業収入
168,400円
90,000円
30,000円
委託事業収入
434,793,162円
438,896,814円
426,753,000円
その他収入
113,575円
82,803円
5,000円
当期収入合計
443,010,487円
444,227,617円
431,448,000円
前期繰越金
88,821,878円
96,235,361円
107,477,546円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
当期支出合計
435,597,004円
432,985,432円
429,822,000円
内人件費
212,542,130円
226,591,833円
232,181,000円
次期繰越金
96,235,361円
107,477,546円
109,103,546円
備考
 
 
 

収支報告

  • NPO法人会計基準書式の内訳を表示する
  • CANPAN標準書式で表示する
<収入の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 受取会費
1,048,000円
852,000円
800,000円
受取寄附金
3,311,350円
2,402,000円
2,260,000円
受取民間助成金
3,076,000円
1,275,000円
500,000円
受取公的補助金
500,000円
629,000円
1,100,000円
自主事業収入
168,400円
90,000円
30,000円
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
434,793,162円
438,896,814円
426,753,000円
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
113,575円
82,803円
5,000円
経常収益計
443,010,487円
444,227,617円
431,448,000円
<支出の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算 当年度(2018年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
435,597,004円
432,985,432円
429,822,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
88,821,878円
96,235,361円
107,477,546円
次期繰越正味財産額
96,235,361円
107,477,546円
109,103,546円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産
93,315,511円
106,916,771円
固定資産
28,441,901円
26,038,179円
資産の部合計
121,757,412円
132,954,950円
<負債の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債
24,604,051円
25,477,404円
固定負債
918,000円
0円
負債の部合計
25,522,051円
25,477,404円
<正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 前期正味財産
88,821,878円
96,235,361円
当期正味財産増減額
7,413,483円
11,242,185円
当期正味財産合計
96,235,361円
107,477,546円

貸借対照表

  • CANPAN標準書式で表示する
<資産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動資産合計
93,315,511円
106,916,771円
固定資産合計
28,441,901円
26,038,179円
資産合計
121,757,412円
132,954,950円
<負債及び正味財産の部> 前々年度(2016年度)決算 前年度(2017年度)決算
内訳 流動負債合計
24,604,051円
25,477,404円
固定負債合計
918,000円
0円
負債合計
25,522,051円
25,477,404円
正味財産合計
96,235,361円
107,477,546円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

各事業所会議
 ↓
所属長会議
 ↓
幹部会議
 ↓
理事会
 ↓
総会

会員種別/会費/数

正会員  38名  会費5千円(年)
賛助会員 70件  会費3千円(年)

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
3名
4名
非常勤
 
2名
無給 常勤
0名
0名
非常勤
2名
0名
常勤職員数
37名
役員数・職員数合計
117名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

加藤 里恵

報告者役職

総務部長

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

2001年4月4日

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

NPO法人会計基準

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

毎年、監事にご指導いただいております。
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

入会申込書

退会申込書

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら