事業成果物名

平成30年度事業報告書

団体名

事業成果物概要

1 事業の成果
1.自然エネルギーの住民参加型学習会・フォーラムの開催事業
福井県立大学のオープンカレッジ前期・後期を協働運営することになった。内容は、再生可能エネルギー全量買い取り制度が、昨年からスタートして、このような再生可能エネルギーの政策や動向の中で、福井という地域を軸にその可能性と問題点を検討していきたい。
このことは世界から見た福井の再生可能エネルギーの現在をどのように捉えるかということでもあり、参加者とともに考えてみようと思い実施した。福井キャンパスでの講座では杉村理事長、増田副理事長が中心になって実施した。
また、新たな取り組みとして、これも福井県立大学の研究会「匠の里の地域未来像―今立の和紙文化の継承と現代的発展の応用人類学的研究」の取り組みを活かして、越前和紙の産地の抱える課題や将来展望を被研究対象者の全面的な参加の下実施した。その成果として、「神と紙の里の未来学」(編著:杉村和彦・山崎茂雄・増田頼保 出版社:光洋書房)を出版した。
内容は、和紙の文化伝統の持続性と変貌の地域現象を応用人類学的手法で、地域内部からその変貌の意味世界を描き出す。それは「伝統を守る」ということと「伝統から逸脱し」、新しい和紙の用途や価値を創造しようとする試みの間に激しく揺れている現代の和紙職人たちの選択と創造のうちに生きられた世界を取り出すことであり、その実像を多様なインタビューを用いて、立体的に描き出した。
特に、「伝統」を守ろうとする視点に対して、新しい変化を生み出し、和紙文化の新たな創造ともいえる活動の層を以下の三つの視点から取り出すことに重点を置いた。
オープンカレッジの開催・協働
①平成30年事業
再生可能エネルギーが語る21世紀~福井から発信する国際協力~
プレゼンター 杉村和彦/学術教養センター 教授/NPO法人森のエネルギーフォーラム理事長
コーディネーター 増田 頼保/NPO法人森のエネルギーフォーラム副理事長
時間 19時00分~21時00分
場所 AOSSA605
対象 一般、専門分野関係者
定員 20名
再生可能エネルギーが語る21世紀~福井から発信する国際協力~
講義内容:世界の様々な地域で広がる再生可能エネルギーに支えられた未来の構想。アフリカ、ヨーロッパ、アジアなどの世界の人々と、私たちが住む福井から国際交流を発信することで、希望の声を作り出して行けるかを考えます。

◎前期
◎5月31日(木曜日) 第1回 総論―福井から発信する国際協力
◎6月7日(木曜日)第2回 タンザニアの風力開発
◎6月14日(木曜日) 第3回 ネガワットとふくい市民共同発電所をつくる会
◎6月21日(木曜日)第4回 姉妹村運動の視圏―福井から発信する国際協力
◎6月28日(木曜日)第5回 市民共同発電所の経験をタンザニアに広げる

◎後期
◎ 9月28日(木曜日)第1回 総論―福井から発信する国際協力
◎10月18日(木曜日)第2回 途上国に里山エネルギーを!チーム・マダガスカルの挑戦
◎10月18日(木曜日)第3回 森と暮らすどんぐり倶楽部
◎10月25日(木曜日)第4回 オーストラリアのバイオマス
◎ 11月1日(木曜日)第5回 途上国における再生可能エネルギー利用と持続可能性
2.地域の森林文化の伝承と地域内からの発展を目指した研究事業
2018年4月9日(月):今立現代美術紙展会合(長田邸)
2018年4月13日(金):今立現代美術紙展理事会(岡本公民館)
2018年4月14日(土):和紙受取、今立番傘川柳会(岡本公民館)
2018年4月16日(月):宮森敬子さん入居手続き(越前市長屋)
2018年4月20日(金):丹南夢レディオ出演
2018年4月21日(土)~5月13日(日):今立現代美術紙展
2018年4月29日(日):金沢21世紀美術館館長 島敦彦氏と対談(いまだて芸術館)
2018年5月2日(水):大瀧神社春祭礼1300年大祭
2018年5月6日(日):東京都庭園美術館館長 樋田豊次郎氏とシンポジウム(いまだて芸術館)
2018年5月9日(水):YS市庭コミュニティー財団理事長 東島信明氏訪問(いまだて芸術館)
2018年5月16日(水):岡本地区自治振興会文化部会合(岡本公民館)
2018年5月20日(日):坂口地区アースデイ
2018年5月21日(月):山野草展打合せ(卯立の工芸館)
2018年6月2日(土):福井県立大学紙漉きワークショップ(手わざ工房)
2018年6月4日(月):山野草展搬入(卯立の工芸館)
2018年6月8日(金)~6月10日(日):山野草展(卯立の工芸館)
2018年6月16日(土):福井県立大学紙漉きワークショップ(パピルス館)
2018年6月28日(水):神山認定こども園にて和紙にお絵描きワークショップ(子ども対象)
2018年6月30日(土):安養寺こども園お絵描きワークショップ(子ども対象)白山
2018年7月7日(金):アルプラザで子供の絵を展示(子供の絵を玄関に飾る活動)
2018年7月12日(水):紙漉きワークショップ準備(越前市手わざ工房)
2018年8月11日~13日:卯立の工芸館で和紙にお絵描きワークショップ(子ども対象)
2018年8月21日(月)~23日(水):紙漉きワークショップ準備とワークショップ(越前市手わざ工房)
2018年9月4日(月):今立現代美術紙展会合(長田邸)
2018年9月12日(火):今立現代美術紙展会合(長田邸)
2018年9月16日(土):今立現代美術紙展パネル作製作業(福井県和紙工業協同組合旧倉庫にて展覧会)
2018年9月21日(木):今立現代美術紙展パネル作製作業(福井県和紙工業協同組合旧倉庫にて展覧会)
2018年10月8日(日):蔵の辻にて結の祭りでランプシェードワークショップ
2018年10月29日(土)~30日(日):八ッ杉森林学習センターで「森のアーティスト村」事業(企画・運営・参加)「和紙づくりワークショップ」を実施した。
2018年11月15日(水):今立現代美術紙展会合(長田邸)
2018年11月16日(木):ふくいタンザニア市民共同発電所準備会議

3.森のエネルギーの実験調査研究開発事業
◎福井小水力利用推進協議会協働事業
2018年4月25日(火):福井小水力利用推進協議会理事会ワンワット水車ワークショップについて(ビリオン珈琲にて)
2018年5月8日(月):河和田コミュニティーセンターにてワンワット水車ワークショップの説明
2018年5月30日(火):東郷公民館にて水車ワークショップの説明
2018年6月9日(金):田島氏とワンワット水車ワークショップの打ち合わせ
2018年6月17日(土):さばえ環境フェア準備(鯖江嚮陽会館)
2018年6月18日(日):さばえ環境フェアでワンワット水車ワークショップ(鯖江嚮陽会館)
2018年6月19日(月):田島氏とワンワット水車ワークショップの打ち合わせ
2018年6月21日(水):東郷公民館にてワンワット水車、ワークショップ用水車の実験
2018年7月2日(日):福井小水力利用推進協議会総会(アオッサにて)
2018年7月14日(金):池田町ワンワット水車ワークショップ打合せ(池田町文化センター)
2018年7月28日(金):大本山永平寺で小水力協議会の報告と勧誘
2018年8月6日(日):おおい町ぷらっとにて、ワンワット水車ワークショップ
2018年8月9日(水):福井県庁県産材活用課、環境政策課にてワンワット水車の報告
2018年9月20日(水):池田町ワンワット水車ワークショップ打合せ(池田町文化センター)
2018年9月23日(土):池田町エコキャンドル、ワンワット水車ワークショップ(池田町文化センター)
2018年9月29日(金):福井小水力利用推進協議会理事会(アオッサにて)
2018年11月18日(土)~19日(日):ユニーエコ博
エルパにて福井小水力利用推進協議会のPRブースでワークショップ実施

4.自然エネルギーと自然エネルギーを使った芸術の普及・啓蒙事業 参加人数:親子31人
タイトル:第30回記念 今立現代美術紙展1300展
会期:2018年4月27日(木)~5月7日(日)
参加作家:18人、来場者約300人
今立現代美術紙展の1979-2017アーカイブ展

助成機関

事業成果物種類

報告書

事業成果物

事業成果物名

平成30年度事業報告書

ファイル

形式:DOCX 容量:9MB
事業成果物をダウンロードする

事業成果物名

平成30年度活動収支計算書

ファイル

形式:XLSX 容量:80KB
事業成果物をダウンロードする
  • 戻る