社会福祉法人中蒲原福祉会

基礎情報

団体ID

1369853278

法人の種類

社会福祉法人

団体名(法人名称)

中蒲原福祉会

団体名ふりがな

なかかんばらふくしかい

情報開示レベル

★ ★ ★ ★ ★

第三者認証マーク

団体の概要

中蒲原福祉会は、新潟市江南区・秋葉区を中心に高齢者、障がい者、児童等に対する社会福祉事業を展開する社会福祉法人です。
平成9年4月の法人発祥の施設となる特別養護老人ホーム向陽の里・障害者支援施設あさひ園の開設から25年、地域のニーズに応えるための事業展開を重ね、現在では特別養護老人ホーム6カ所をはじめとする老人福祉施設8カ所、生活介護や就労継続支援事業、就労移行支援事業、就労定着支援事業等を行う障害福祉施設9カ所、認可こども園1カ所、子育て支援センター1カ所を運営しています。
このほか、喀痰吸引等研修や移動支援事業従事者(ガイドヘルパー)養成研修を実施し、地域の福祉従事者を育成する取り組みを継続しています。

代表者役職

理事長

代表者氏名

石津 和男

代表者氏名ふりがな

いしづ かずお

代表者兼職

新潟市秋葉区社会福祉協議会理事

主たる事業所の所在地

郵便番号

950-0121

都道府県

新潟県

市区町村

新潟市江南区

市区町村ふりがな

にいがたしこうなんく

詳細住所

亀田向陽2-6-1

詳細住所ふりがな

かめだこうよう

お問い合わせ用メールアドレス

nakakan@triton.ocn.ne.jp

電話番号
(公開用電話番号)

電話番号

025-382-8251

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

FAX番号

FAX番号

025-382-8252

連絡先区分

事務所・勤務先

連絡可能時間

8時30分~17時30分

連絡可能曜日

月 火 水 木 金

備考

従たる事業所の所在地

郵便番号

都道府県

市区町村

市区町村ふりがな

詳細住所

詳細住所ふりがな

URL

団体ホームページ

団体ブログ

Facebook

Twitter

代表者ホームページ(ブログ)

寄付

ボランティア

関連ページ

閲覧書類

設立年月日

1996年1月31日

法人格取得年月日(法人設立登記年月日)

1996年1月31日

活動地域

市区町村内

中心となる活動地域(県)

新潟県

最新決算総額

5億円以上

役員数・職員数合計

806名

所轄官庁

所轄官庁局課名

このページの先頭へ

活動概要

活動分野

主たる活動分野

 

子ども、障がい者、高齢者、福祉、就労支援・労働問題

設立以来の主な活動実績

 前身となる「亀田町デイサービスセンター向陽園」の開設から3年目を迎え、隣接する用地に特別養護老人ホームの建設計画が決まる。田畑が広がる豊かな農村地帯と、交通の便を生かした商業・工業の盛んな街、そして新潟市のベッドタウンとしての機能を併せ持つこの地域の、これからの福祉を担う施設を開設・運営するために、社会福祉法人中蒲原福祉会が設立された。その後、平成9年4月に県内初となる特別養護老人ホームと身体障害者療護施設(現在は障害者支援施設)の合築施設として、向陽の里とあさひ園が開園した。
 平成11年には特別養護老人ホーム「横雲の里」、平成15年に特別養護老人ホーム「こすど蒼丘の里」を開設。平成16年には、新潟市への市町村合併を見据えて地元の社会福祉協議会からヘルパーステーションを移管。その後も平成21年に「かめだ早通の里」(短期入所生活介護・通所介護)、平成23年に特別養護老人ホーム「かめだ本町の里」、平成24年には特別養護老人ホーム「にこやか」、グループホーム「こうよう」、平成27年に特別養護老人ホーム「なかかんの里」、令和2年にデイサービスセンター「第2蒼丘」と次々に開設し、地域の福祉に対する幅広いニーズに対応してきた。
 また、高齢者福祉以外の分野におけるサービスの拡充にも力を入れている。
介護・福祉の人材育成のための喀痰吸引等研修や移動支援従事者養成研修といった各種研修事業を実施している。保育事業としては平成23年度開設の認可保育園「四つ葉保育園」(令和4年度より認可こども園「四つ葉こども園」に移行)、子育て支援センター「にこっと」を開設。障害福祉事業として平成10年に知的障害者通所授産施設(現在は障害福祉サービス事業)「わかばの家」、平成19年には精神障害者を対象とした地域活動支援センターの受託、平成25年度には精神障害者・知的障害者の就労を支援する障害福祉サービス事業「メイプルかめだ」を開設。その後も平成27年には障害福祉サービス事業「メイプル・ぷらす」、平成27年に障害福祉サービス事業「ネクサス・わかば」、平成29年に障害福祉サービス事業「フルールこすど」、平成31年に障害福祉サービス事業「ちいさなほし」と次々に開設してきた。また単独では安定経営が難しく、ニーズが高いにも関わらず参入する事業者の少ない障害者のグループホームや就労継続支援A型、自立訓練といった事業にも取り組み、地域の福祉サービスに対するニーズに応えるための取り組みを継続している。

団体の目的
(定款に記載された目的)

社会福祉法人中蒲原福祉会は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、またはその有する能力に応じ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的としている。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

第一種社会福祉事業
 特別養護老人ホーム 向陽の里・横雲の里・こすど蒼丘の里・なかかんの里・かめだ本町の里(地域密着型小規模特養)・にこやか(地域密着型小規模特養)
 障害者支援施設 あさひ園
第二種社会福祉事業
 老人短期入所事業および施設 向陽の里・横雲の里・こすど蒼丘の里・なかかんの里・かめだ本町 の里・かめだ早通の里・にこやか
 老人デイサービス事業および施設 向陽園・横雲の里・こすど蒼丘の里・かめだ早通の里・ゆった りサロンにこやか・第2蒼丘
 老人介護支援センター こすど蒼丘の里
 老人居宅介護等事業 ヘルパーステーション向陽の里
 認知症対応型共同生活介護 グループホームこうよう
 障害福祉サービス事業 わかばの家
 障害福祉サービス事業 メイプルかめだ
 障害福祉サービス事業 ネクサス・わかば
 グループホーム事業 ねくさす
 障害福祉サービス事業 メイプル・ぷらす
 障害福祉サービス事業 フルールこすど
障害福祉サービス事業 ちいさなほし
 移動支援事業ヘルパーステーション向陽の里・ヘルパーステーションわかばの家
 相談支援事業 障害者支援センターわかば
 地域活動支援センター かめさん
 放課後等デイサービス こめっと
 こども園 四つ葉こども園
 地域子育て支援拠点事業 子育て支援センターにこっと
公益事業
 居宅介護支援事業 向陽の里・横雲の里・こすど蒼丘の里
 介護職員等喀痰吸引等研修事業
 移動支援従事者養成研修事業

現在特に力を入れていること

法人のスローガンに「連携と協調 人財の育成」を掲げている。福祉サービスは、1人の利用者を支えるために多くの職種、多くの職員が関わっている。利用者にとって本当に質の高いサービスは、携わる職員の連携と協調なしには実現することはできない。職員同士がお互いの立場や役割の違いを踏まえて、組織として「全職員が同じものを目指している」という状態を維持し、行動していくことが重要であると考えている。そのためには職員ひとりひとりに法人の目指すものを伝えて定着させる手段、ひとりひとりが行動するにあたって重要な基本姿勢、知識や技術、判断力等を育てていく手段が必要となる。そこで、現在はキャリアパスを柱とする人材育成の枠組み作りに特に力を入れている。
 具体的には、法人が職員に求めるものを明確に定めた「理想の職員像」を、全職員に示している。これは、6分野・70項目の評価表を用いて、「こうあってほしい」と求められるものに対し、どの程度応えられているかを自己評価し、さらに上司評価を受けることで、今後向上に取り組むべきものを具体的かつ明確にする仕組みである。これに加え、キャリアパスの中でそれぞれの経験年数や役職に応じた具体的な役割や求められる能力、必要な取り組みを示すことで、職員の目的意識を高め、モチベーションを向上し、やりがいを実感できるよう働きかけている。これを法人全職員に繰り返し周知・徹底し、全体の底上げを図るよう取り組んでいる。

今後の活動の方向性・ビジョン

福祉サービスに対するニーズが増加する一方、国の福祉財源の先行きの不透明さや少子高齢化に伴う労働力の減少などの課題により、今後一層難しい舵取りを迫られる環境の中で、安定的かつ継続的に事業を継続することを目指す。さらに、事業の効率化を進めて安定した経営基盤を築き、地域のニーズに応えるための新規事業の企画も併せて企画していく。

定期刊行物

団体の備考

このページの先頭へ

協働実績

助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績

・新潟市結核予防費補助金事業に基づく補助金を受け、入居者の結核定期健康診断を実施
・新潟県高齢者/障害者福祉施設等感染防止対策支援事業補助金を受け、感染防止対策物品を購入
・新潟県共同募金会社会福祉整備補助金助成事業に基づく補助金を受け、車両を購入
・新潟県介護ロボット導入支援補助による補助金を受け、センサー付き介護ベッドを導入
・新潟県新型コロナウイルス感染防止対策支援事業による補助金を受け、衛生用品を購入
・新潟県新型コロナ流行下における介護サービス緊急時確保事業による補助金を受け、感染防止対策物品を購入
・新潟市・五泉市建設資金償還金補助を受け、建設資金の返済に充当
・江南区社会福祉協議会歳末たすけあい事業による補助金を受け、感染症対策を取りながら行事を開催
・真柄福祉財団備品等施設整備助成金を受け、改修工事の実施、衛生物品を購入
等多くの支援をいただいております。

他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績

実績なし

企業・団体との協働・共同研究の実績

実績なし

行政との協働(委託事業など)の実績

デイサービスセンター向陽園、生活援助員派遣事業の受託
このページの先頭へ

財政

最新決算総額

5億円以上

会計年度開始月

4月

その他事業の有無

会計情報 CANPAN標準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 会費
 
 
 
寄付金
1,090,000円
209,200円
21,000円
民間助成金
 
 
 
公的補助金
47,688,836円
21,320,000円
21,220,000円
自主事業収入
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
その他収入
4,124,619,068円
4,470,577,496円
4,339,555,000円
当期収入合計
4,173,397,904円
4,492,106,696円
4,360,796,000円
前期繰越金
2,082,852,293円
2,303,741,967円
2,126,248,000円
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
当期支出合計
3,952,508,230円
4,316,214,013円
4,202,064,000円
内人件費
2,700,062,084円
2,722,742,420円
2,882,977,000円
次期繰越金
2,303,741,967円
2,479,634,650円
2,284,980,000円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産
2,504,837,863円
2,694,029,521円
固定資産
6,014,916,565円
5,581,098,498円
資産の部合計
8,519,754,428円
8,275,128,019円
<負債の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債
432,425,945円
417,586,591円
固定負債
1,475,305,008円
1,087,693,360円
負債の部合計
1,907,730,953円
1,505,279,951円
<正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 前期正味財産
6,311,663,542円
6,519,461,169円
当期正味財産増減額
300,359,933円
250,386,899円
当期正味財産合計
6,612,023,475円
6,769,848,068円

会計情報 NPO法人会計基準書式で表示しています。

収支報告

<収入の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 受取会費
 
 
 
受取寄附金
1,090,000円
209,200円
21,000円
受取民間助成金
 
 
 
受取公的補助金
47,688,836円
21,320,000円
21,220,000円
自主事業収入
 
 
 
(うち介護事業収益)
 
 
 
委託事業収入
 
 
 
(うち公益受託収益)
 
 
 
その他収益
4,124,619,068円
4,470,577,496円
4,339,555,000円
経常収益計
4,173,397,904円
4,492,106,696円
4,360,796,000円
<支出の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算 2022年度(当年度)予算
内訳 事業費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
管理費
 
 
 
(うち人件費)
 
 
 
経常費用計
3,952,508,230円
4,316,214,013円
4,202,064,000円
当期経常増減額
 
 
 
経常外収益計
 
 
 
経常外費用計
 
 
 
経理区分振替額
 
 
 
当期正味財産増減額
 
 
 
前期繰越正味財産額
2,082,852,293円
2,303,741,967円
2,126,248,000円
次期繰越正味財産額
2,303,741,967円
2,479,634,650円
2,284,980,000円
備考
 
 
 

貸借対照表

<資産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動資産合計
2,504,837,863円
2,694,029,521円
固定資産合計
6,014,916,565円
5,581,098,498円
資産合計
8,519,754,428円
8,275,128,019円
<負債及び正味財産の部> 2020年度(前々年度)決算 2021年度(前年度)決算
内訳 流動負債合計
432,425,945円
417,586,591円
固定負債合計
1,475,305,008円
1,087,693,360円
負債合計
1,907,730,953円
1,505,279,951円
正味財産合計
6,612,023,475円
6,769,848,068円
負債及び正味財産合計
 
 
このページの先頭へ

組織運営

意志決定機構

会員種別/会費/数

加盟団体

役員・職員内訳

役員数 事務局スタッフ数
有給 常勤
 
 
非常勤
 
 
無給 常勤
 
非常勤
 
 
常勤職員数
 
役員数・職員数合計
806名
イベント時などの臨時ボランティア数

行政提出情報

報告者氏名

報告者役職

法人番号(法人マイナンバー)

認定有無

認定なし

認定年月日

 

認定満了日

 

認定要件

 

準拠している会計基準

 

準拠している会計基準がその他の場合の会計基準名

監査の実施

実施済み

監視・監督情報

令和4年6月2・3日実施
このページの先頭へ

添付資料

定款・会則

最新役員名簿

パンフレット

 

入会申込書

 

退会申込書

 

会員情報変更届

 

研究費・助成金申請書

 

その他事業に関する資料

 

年度別添付資料

決算・事業報告

決算報告書
(活動計算書/収支計算書)
決算報告書(貸借対照表) 決算報告書(財産目録) 事業報告書
2021年度(前年度)
2020年度(前々年度)
2019年度(前々々年度)
2018年度
2017年度

予算・事業計画

予算書類 事業計画書
2022年度(当年度)
2021年度(前年度)
2020年度(前々年度)
2019年度(前々々年度)
2018年度
 
 

PDFをご覧になるには、Adobe社の Adobe Reader が必要です。Adobe社のサイトより無償でダウンロードできます。
Adobe Reader のダウンロードはこちら